何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験
(事務連絡)論文添削について
 ようやく8月の災害対応から解放され,(工期の迫った)通常業務を再開されている方もおられるようです.深夜残業や休日出勤など,働き方改革はどこ吹く風というか,ブログを見る余裕すらない方もおられるので,あまりにも早い時期に添削受講を締切するのは避けようと思います.
 とは言え,現時点で,すでに52名(建設部門36名,総監部門16名)の受講者さんを抱えている状況なので,申込みを考えている人は早めに決断してください.私の処理能力から考えると60名の受入れは難しいと思います.ちなみに,今年も道路科目は新規の申込みが多い状況です.

―平成31年(来年)度の添削受講について―
 論文添削の受講申込みは,建設部門(道路)と総監部門,どちらも11月19日の月曜日には締切します.聞かれることが多いので事前にお伝えしておきますが,申込みと同時に入金ではないので,月末払いやボーナス払いなど支払い時期は相談に乗ります.
 上述した理由で締切を延ばしていますが,この日まで受付できる可能性は低いと思います.私の処理能力から考えると,無尽蔵に受講者さんを増やせないので,ご了承願います.
 すでに受入れ枠は限界に近づいていますから,今後の申込みについてはお断りする可能性もあります(先着順です).申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門(建設)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

 なお,私としては,これまでの受講者さんを優先的に引き受けるつもりです.これまで一度でも受講された受講者さんが再チャレンジを希望される場合などは,締切後でも結構ですから,私宛に直接メールしてほしいと思います.

日々寸感 | 【2018-11-02(Fri) 07:37:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
添削指導の筆記試験結果
 受講者さん全員から連絡が来ていないのですが,現時点(11月2日午前7時)の更新で,今年の添削指導結果は確定とします.なお,残念な結果だった受講者さんから「講座の合格率を下げてしまって申し訳ありません」というメールをいただくのですが,あくまで参考データですから気にしないでほしいと思います.
 受講者さんの総数は56名,内訳は,建設部門(道路科目)37名,総監部門19名でした.

 まず,建設部門(道路科目)37名の結果を書きます.
 11名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,大阪,名古屋,仙台,高松,横浜です.単純な合格率を算出すると,11/37=29.7%です.この分母の中には「添削料を払ったけどまったく勉強しなかった人」や「仕事の都合で勉強できなかった人」,「択一で及第点が確保できていない人」も含まれます.なお,受験を見送った人や失格者はいないと仮定しています.当たり前ですが,そのへんを考慮すると実質的な合格率は上がります.

 つぎに,総監部門19名の結果を書きます.
 5名が筆記合格されました.受験地は,東京,大阪,名古屋,高松です.単純な合格率を算出すると,5/19=26.3%です.建設部門と同様に,この分母の中には「添削の途中でリタイアした人」も含まれます.総監部門の場合,択一の出来も合否を左右するので,あんまり参考にならないかも.

 以下,今年の筆記試験結果を踏まえた私見です.
 建設部門(道路)については,例年受講者さんの筆記合格率が40%前後なので,10ポイントほど下がった感じです.とはいえ,受験者全体の筆記合格率は7%程度だと思うので,それから考えると善戦したんじゃないでしょうか.おそらく口頭試験の合格率は昨年並みでしょう.
 総監部門については,すでに技術士の方が受験者層という実情を考えると,相変わらず狭き門です.択一で足を引っ張られた受講者さんが多かった印象です.口頭試験対策は,何より総監の頭になっているかどうか,これを確認しながら準備を進めましょう.

添削指導結果 | 【2018-11-01(Thu) 07:51:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
道路科目の筆記合格率
 昨年に引き続き,道路科目の筆記合格率を計算しておきます.ちなみに,受験率や受験地ごとの最終番号は仮定なので,この合格率はどこまで当てになるかわかりません.昨年の受験率は77.1%だから,今年も同様の受験率(77%)と仮定して考えてみます.
 申込者数(最終番号の合計)2,944*受験率0.77=受験者数2,267,
 合格者数166/受験者数2,267=筆記合格率7.3%(併願はノーカウント).
 昨年度の道路科目の筆記合格率は18.7%だったので,今年度は激減のようです.口頭試験の難易度は,昨年の合格率(92.6%)並みでしょう.受験地別では,今年度は受験地によって差異は無く,全体的に厳しかった(択一の出来が悪かった?)と言えるような結果です.

 A:北海道… 5.4%(240*0.77=185, 10/185= 5.4%)
 B:東京…… 9.0%(752*0.77=579, 52/579= 9.0%)
 C:大阪…… 7.8%(434*0.77=334, 26/334= 7.8%)
 D:福岡…… 7.0%(369*0.77=284, 20/284= 7.0%)
 E:名古屋… 8.2%(252*0.77=194, 16/194= 8.2%)
 F:仙台…… 7.1%(257*0.77=198, 14/198= 7.1%)
 G:沖縄…… 4.8%( 27*0.77= 21, 1/ 21= 4.8%)
 H:新潟…… 5.9%( 88*0.77=68, 4/ 68= 5.9%)
 J:金沢…… 9.5%( 55*0.77= 42, 4/ 42= 9.5%)
 K:広島…… 4.0%(161*0.77=124, 5/124= 4.0%)
 L:高松…… 6.6%(159*0.77=122, 8/122= 6.6%)
 M:横浜…… 5.2%(150*0.77=116, 6/116= 5.2%)

 総監部門は建設-道路科目だけ計算してみます.昨年の受験率は81.5%だから,今年も同様の受験率(82%)と仮定して考えてみます.
 総監部門申込者数(最終番号の合計)444*受験率0.82=受験者数364,
 合格者数28/受験者数364=筆記合格率7.7%(併願はノーカウント).
 昨年の筆記合格率と同じく,今年も狭き門のようです.口頭試験の合格率は例年通り(昨年は93.8%)だと思います.受験地別では,合格者ゼロの地域が増えた印象です.

 A:北海道…10.5%( 23*0.82= 19, 2/19=10.5%)
 B:東京……10.7%(137*0.82=112, 12/112=10.7%)
 C:大阪…… 9.7%( 75*0.82= 62, 6/62= 9.7%)
 D:福岡…… 2.6%( 46*0.82= 38, 1/38= 2.6%)
 E:名古屋… 6.7%( 37*0.82= 30, 2/30= 6.7%)
 F:仙台…… 2.9%( 41*0.82= 34, 1/34= 2.9%)
 G:沖縄…… 0.0%( 2*0.82= 2, 0/ 2= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 H:新潟…… 0.0%( 13*0.82= 11, 0/11= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 J:金沢…… 6.3%( 19*0.82= 16, 1/16= 6.3%)
 K:広島…… 0.0%( 14*0.82= 11, 0/11= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 L:高松…… 9.1%( 13*0.82= 11, 1/11= 9.1%)
 M:横浜……10.0%( 24*0.82= 20, 2/20=10.0%)

 まだまだ結果の連絡は少ないのですが,私の添削指導のほうは,現時点(10月31日午後7時)で建設部門8名,総監部門4名の受講者さんが合格しているようです(添削指導の筆記試験結果は,後日別の記事として報告します).
 残念な結果だった方は,気持ちを入替えて頑張っていきましょう.厳しい言い方になるかもしれませんが,いつまで引きずっても結果は変わりません.今日の不合格と同時に添削受講を申込まれている人もおられるので,一日も早く再スタートしたほうがよいと思います.

―平成30年(今年)度の受講者さんへのお願い―
 受験番号しか掲載されないので,私のほうでは受講者さんの合否がつかめません.したがって,結果はメールで知らせていただきたいと思います.

日々寸感 | 【2018-10-30(Tue) 07:31:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
懇親会
 災害対応に加えて通常業務もドタバタなので,ブログ更新が滞っていますが……早くも懇親会の記事を書く季節になりました.
 今年の懇親会は神奈川(江の島・横浜)開催でした.久しぶりに横浜へ帰ってきた印象です.今回参加できなかった方は,次回の参加を心待ちにしております.

 当日「江の島」は花火大会で,まさしく芋洗い状態でした……幹事の段取りの良さに敬服です.
 エスカーで登りは楽だったけど,さすがに岩屋からの帰り道はきつかった.誰とは言いませんが,あれだけ階段が続くなか,キャリーバッグを転がす修行僧もおられました.予定されていた帰り道は船に乗って楽々だったはずだが……日ごろの運動不足を解消させようとする幹事の粋な計らい,ありがたや?と思ったのは私だけじゃないはず……このへんはご愛敬ということで.

 何はともあれ代表幹事のりえ蔵さん,幹事のミレイパパさん,ハードミント8iさん,りゅうさん,懇親会の段取りありがとうございました.

 夜の部は,ワシントンホテル桜木町の「東天紅」でスタート.参加者が増えて大箱を確保するのは大変だったと思います.
 大学の非常勤講師をしている方,設計基準の改定委員をしている方など,女性陣は強者揃いだなぁ……その一方で,公務員の定年を見据えた転職活動!?をしたり,70歳までは現役で頑張るという元気な男性陣もおられ,毎度のことながら何でも“あり”の状態でした.毎回こんな感じですから,自分の都合に合わせて参加していただければと思います.
 職場や年齢,居住地もバラエティ豊かで,初めて参加された方も緊張することは無かったんじゃないでしょうか?この懇親会が続いているのは,初参加の方に声をかけてあげたり,話しやすい雰囲気を作ったり,と参加者一人ひとりの心遣いのおかげだと思っています.

 その後二次会は「シーメンズクラブ」へ……落ち着いた雰囲気の店なのに,ここだけガヤガヤしていたような気が……私は二次会で締めましたが,三次会は桜木町界隈に繰り出したのかな?ちなみに,懇親会で明かされた私の個人情報や添削の裏話は非公開ですから,皆さんには“大人の対応”を頼みます.
 (昨年からの決定事項ですが)今年も宴会部長のいなかものさんが来年の開催地を公表してくれました.はじめての東北開催「仙台」になります.昨年から指名されていた代表幹事の石昆さん,本当にお疲れさまです……ちなみに再来年の開催地は「北海道」を狙っているようです.

 皆さんから元気をいただいたので,また仕事と添削を頑張るつもりです.10月30日の筆記試験結果発表後,模擬面接の実施会場によって,皆さんに模擬面接の試験官役をお願いするかもしれないので,そのときには快く引受けてほしいと思っています.

―参加メンバーの皆さんへ―
 写真を取られた方は,参加者全員にメールしてあげてください.次回の再会を楽しみにしております.

日々寸感 | 【2018-10-23(Tue) 12:32:05】
Trackback:(0) | Comments:(2)
(事務連絡)論文添削について
―平成31年(来年)度の受講を考えられている皆さんへ―
 すでに来年度の受験に向けた添削指導の申込みが届いている状況なので,本日7月16日から平成31年(来年)度受験に向けた論文添削の申込みを開始します.  
 最近は年度末だけでなく,年中通して忙しい!?せいか,建設部門・総監部門ともに申込みが早いようです.暇なときに少しでも勉強を進めようとしている方が多いのかもしれません.西日本豪雨のような災害は「いつどこで発生するか」予測できないので,こうした考え方は正しいと思います.
 申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

―平成30年(今年)度の受講者の皆さんへ―
 口頭試験に向けた準備を進められる方は,筆記試験の答案(建設部門の場合は選択科目Ⅲだけ)を再現しておいてください.再現さえ済ませておけば,しばらく休息を取ってもよいと思います.
 毎年お伝えしていることですが,筆記試験がサッパリだったなぁ~と自覚している受講者さんは,口頭試験に向けた準備を進めるか,今年はキッパリあきらめて来年に向けてボチボチ始動するか,このへんの判断は各自に任せたいと思います.

日々寸感 | 【2018-07-16(Mon) 19:18:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
お疲れさまでした
 昨日,今日と受験された皆さん,お疲れさまでした.

 ―総監―
 想定問題その6が「働き方改革」だったので,受講者さんは記述できたのではないでしょうか.これだけ想定問題と似通っていれば,満足できる内容が書けたはず……さすがに設問の細かな点まで的中させるのは無理です.記述式はオーソドックスな設問だったので,今年度も択一式の出来が合否を大きく左右するかもしれません.
 ざっとした感想は「働き方改革」に書いたので,目を通してみてください.

 ―道路【選択科目Ⅲ(課題解決能力)】―
 ひとつは高速道路,もう一つが異常降雪時の対応だったようです.設問に物流という文言はあるものの,高速道路は想定問題ズバリだったので,受講者さんはこちらを選択したと思います.安全性・信頼性・使いやすさから課題を提起すれば,設問要求されている多面的にも対応できたはず.異常降雪時の対応は予想外でした……都市部だけでなく地方部の受験者にも配慮した良問だと思います.
 ―道路【選択科目Ⅱ-1(専門知識),Ⅱ-2(応用能力)】―
 選択科目Ⅱ-1は,想定問題として準備した「道路土工構造物技術基準」と「自転車活用」を選択した受講者さんが多いと思います.これだけ想定問題と設問が似通っていれば,満足できる内容が書けたはず.「道路橋の被災メカニズム」と「路上路盤再生工法」は予想外でした.
 選択科目Ⅱ-2は,選択科目Ⅲの想定問題として準備した「無電柱化」を選択した受講者さんが多いと思います.「信号交差点」は予想外でした……コンサル勤務なら当日アドリブで書ける設問だけど,それ以外の方には難しいような気がする.

 選択科目Ⅱ(専門知識・応用能力)の出題傾向を考えると,筆記合格に要する勉強範囲は膨大な印象です.事前に頭へ入れておかないと答えられない出題が多い,とも言えます.来年度からは必須科目も記述式になるので,やはり小手先の準備で受験しても合格は難しいかもしれません.

 総監部門の問題を提供してくれた皆さん,建設部門の問題を提供してくれた“Kさん”,迅速な対応ありがとうございました.
 とりあえずビールでも飲んで,筆記試験の疲れを癒してください.

出題予想 | 【2018-07-16(Mon) 19:16:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
リンク
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター