何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2005年07月
残り一週間です,気張っていきましょう.
 論文暗記していますか?そろそろ指に蛸ができましたか?腱鞘炎も経験しましたか?とにかく,あと一週間で試験ですよ.

 ここまできたら,経験,建設一般,専門,それぞれ及第点を採ることを考えましょう.どれかが飛抜けているのがよいのではなく,とりあえず筆記合格すればよいのです.口頭試験のことは,後で考えましょう.

 特に,専門課題を重視しすぎる方が多いようです.でも,専門課題の出題はまったく読めないわけですから,その時間を経験論文や建設一般の択一問題などに充てましょう.専門課題は「出たとこ勝負」という割りきりが必要ですよ.

 あと少しの期間,悔いを残さぬよう,みなさん頑張ってください!

 私も総監頑張ります……ちょっと着手が遅すぎたような気がしていますが…….なお,本日以降,試験日までの更新はありません.

―今日のことわざ―
粉骨砕身


日々寸感 | 【2005-07-30(Sat) 11:55:26】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「撤去」も環境に対する建設部門のあり方
 私の建設一般出題予想は,5月に書いたとおり,本命が「環境」と「安全」,微妙なラインとして「防災」です.これらが当たるかどうかは,あくまで自己責任でお願いします.
 とは言っても,「安全」と「防災」で一つの論文にまとめることは十分可能でしょうから,実質二つですね.

知床:河川工作物の撤去も視野に検討 北海道知事
 高橋はるみ北海道知事は19日、世界自然遺産に登録された知床にあるダムなど河川工作物について、「作られた段階での必要性が今でもあるのかチェックし、弾力的に判断したい」と、撤去も視野入れて検討することを明らかにした。

 登録地域内の河川工作物を巡っては、審査を行った国際自然保護連合(IUCN)が日本政府に対し、サケ科魚類への影響についての調査と対策を明らかにした管理計画の策定を求めている。

 一方、環境省などと2年後からの適用を目指して策定を進めている“知床ルール”について「利用人数の制限の可能性を含め、地元と議論したい」と地元の自治体や関係団体と協議に入る意向を明らかにした。
「MSN毎日インタラクティブ 2005年7月20日」


 「環境」については,世界自然遺産に登録された知床のことを軽く触れても良いかもしれません,タイムリーな話題ですから.
 「環境」に対する建設部門のあり方を考えるときに,TDMなど交通流の改善施策,緑化によるCO2の吸収源対策,静脈物流システムの確立による循環型社会の構築,……といった白書の列記だけでなく,この記事のような動きもあるということを認識しておきましょう.
 長野県知事だけが「脱ダム」宣言ではないということですね.
 
 過去の事業を否定することになるので,白書では記述できないでしょうが,……「作られた段階での必要性が今でもあるのかチェックし、弾力的に判断したい」……これこそ,これからの建設部門のあり方なのかもしれません.必要性のチェックは誰にでもできる仕事ではありませんから.
 今からでも「あり方」の部分的な手直しはできるはず,あくまで部分的にですよ.

 ちょっとついでに,

…河川改修費用がダム建設より多額になろうとも,100年,200年先の我々の子孫に残す資産としての河川・湖沼の価値を重視したい.…「脱ダム」宣言抜粋

 うーん,この部分はクリスタルなのかも.でもヤッシーバッジは勘弁してください…….
 
―今日のことわざ―
握れば拳,開けば掌


建設一般 | 【2005-07-20(Wed) 19:45:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「技術士の取り方」特集を読んで.
 日経コンストラクション7月8日号に,「技術士の取り方」特集が組まれていたんですね.毎年思うのですが,もう少し早い時期に特集を組んだほうが,受験者にとってプラスになるのではないでしょうか.
 
 特集の内容としては,一次試験合格のための十カ条に加え,白書のまとめが掲載されています.手元にある方は,ざっと目を通しておきましょう.

 どうでもいいことですが,一次試験の試験監督をしたとき,問題を見て驚愕したのを思い出しました.はたして技術士のうち何人が合格点を取れるのか,と.
 改正前の一次試験であれば,技術士なら合格点は取れるでしょう.でも現行の一次試験になるといかがなものでしょう?それが一次試験でいいんでしょうか?

 明日から3連休なので,こつこつと論文暗記しましょう.地道に書いて覚えるしかありませんよ.

―今日のことわざ―
雨垂石を穿つ


日々寸感 | 【2005-07-15(Fri) 10:35:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
賽は投げられた!
 みなさん受験票が届いたはずですね,さぁいよいよ第四コーナーを抜けて最後の直線を残すのみとなりました!豪快な捲りを打ちましょう!たとえ鼻差であっても合格すればいいのです.

 「ユニバーサルデザイン政策大綱」が策定されたようですね.この大綱は7月公表ですから,本年度の建設一般論文で出題されることはないでしょう.ざっと読みましたが,今までの総括といったところでしょうか,目新しいものはありません.
 
 ただ,「スパイラルアップ」,「シームレス化」,「ユビキタス環境」といったキーワードだけは理解しておきましょう.もしかしたら,択一問題では出題されるかもしれませんよ.
 
 それにしても,近頃の政策はすべて,「住民やNPOを主体的に」という考え方で進んでいますね.意図する方向を理解できないわけではありませんが,いろいろな意見を,誰が,どういった手法でまとめていくつもりなのでしょうか.
 私は,誰かが方向づけをしていくことも大切だと考えています.そうしないと「ユニバーサルデザイン」が「地域住民のワガママデザイン」になってしまうかもしれませんよ.
 
 あと,「ユニバーサルデザイン政策大綱」に,防災対策を掲げる必要はなかったのではないでしょうか.「味噌糞一緒」にしてはいけません.
 ロナルド・メイスが提唱したユニバーサルデザインの概念は,「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」ですから,住宅の耐震化の推進とは関係ないと思うのですが……,いかがでしょう?
 
―今日のことわざ―
賽は投げられた


参考ホームページ:「ユニバーサルデザイン政策大綱」について

建設一般 | 【2005-07-13(Wed) 17:25:14】
Trackback:(0) | Comments:(2)
温暖化を進めるには「パラダイム」が必要ですよ.
 このところ更新が滞っていました……,もう少し暇がほしいものです.
 
 そろそろ準備した論文を暗記する期間になってきましたね.この時期になって,新たな情報を論文に盛込む必要はないと思いますが,現在の動向ぐらいは把握しておきましょう.

 G8特別宣言、「温暖化」大幅後退へ 米国の抵抗大きく
 6日から英国で開かれる主要国首脳会議(G8サミット)で採択される気候変動(地球温暖化)問題の特別宣言の最終案が4日明らかになった。温室効果ガスの排出抑制目標や京都議定書による取り組み後の道筋などは盛り込まれず、当初案より大幅に後退した内容となっている。京都議定書から離脱した米国の抵抗が大きく、サミットのあとも「京都後」をめぐる議論は難航しそうだ。

 サミット議長国の英国が準備した草案では、現状認識として「世界は温暖化している」という表現が入っていたが、米国の反対で削除された。「温暖化の原因は大部分が人間活動によるものだ」という文言にも米国は反論し、最終的に「気候変動が起きている」との表現にとどめることで調整しているという。……

 ……米国は、クリーンエネルギーや省エネルギーの技術開発については取り組みを強化している。このため、G8は国際エネルギー機関(IEA)と共同で、産業別に省エネの進み具合を調査し、それを毎年検証することでCO2削減に努めることを確認する。

 G8サミットでは、CO2排出量の多い中国やインドなどの新興国との対話も予定されており、京都議定書で削減義務を負わない途上国との協調態勢をどこまで築けるかが焦点となる。

 今年2月に発効した京都議定書は08?12年の枠組みで、13年以降の新たな国際的枠組みについては、今年11月末からカナダで開かれる京都議定書第1回締約国会議で議論が始まる。G8宣言案では途上国も責任を持って温暖化対策に取り組むよう求めているが、「京都後」の具体的な記述はない。
 「asahi.com 2005年07月05日」


 朝日新聞の記事ということを加味しても,米国の対応には問題がありますね.やはり経済活動が最優先なのでしょう.
 こういった記事を見ると,米国を含めた各国において「パラダイム」が構築されていないような気がします.こうした共通認識がないと物事は前進しません.要するに未熟な技術分野なのでしょうね.
 削減目標を掲げることが悪いとは言いませんが,まずは誰もが賛同できる「温暖化のメカニズム」を明確にすることが急務でしょう.

 昨日の読売新聞社説でも取上げられていましたが,「何が課題で,何を目指すのか.総合科学技術会議は,科学技術立国への道筋を明確に提示すべきだ.」これに尽きるでしょう.
 技術士試験でどんな問題が出題されても「何が課題で,何を目指すのか.」この視点を大切にしてください.

 「パラダイム」については,トーマス・クーンの「科学革命の構造」を読んでみましょう.もちろん技術士試験の後で. 

―今日のことわざ―
急がば回れ


建設一般 | 【2005-07-05(Tue) 11:20:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター