何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2005年10月
自民党やりたい放題ですね.
 総選挙での大勝が裏目に出たかな?やはり票がほしいのでしょうね.
 増税路線といい,やりたい放題になってきました…….

まちづくり3法見直し、自民に一転慎重論
 自民党が27日まとめたまちづくり三法の見直し案は大型店の郊外への出店規制などの方向性は盛り込んだものの、当初想定された規制の対象や範囲は明確に示さなかった。規制強化に対する小売業界の猛反発を受けて、党内に慎重論が出てきたためだ。大幅な規制強化を検討してきた国土交通省は肩透かしを食った格好だ。

 自民党の議論は総選挙を挟んで雰囲気が変わった。従来は商店街擁護の立場から大型店の出店規制を求める声が噴出したが、この日の会合は出席者も少なく「便利な郊外店をいたずらに規制してもしょうがない」といった慎重論も出た。「NIKKEI NET 2005年10月28日」

 道路が専門の方は,まちづくりに関する動向は把握しておきましょう.なにも「都市計画および地方計画」だけが,まちづくりではありませんし,中心市街地の活性化は毎度の施策ですよ.
 
 それにしても,規制条例まで掲げた福島県の立場はどうなるのでしょうか.
 
―今日のことわざ―
背に腹はかえられぬ


建設一般 | 【2005-10-28(Fri) 11:23:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
またまた増税?環境税の具体案
 環境省が「環境税の具体案」を公表しています.こりゃまた単なる増税ですね.
 
 石油や石炭など化石燃料に含まれる炭素に対して1トン当たり2400円課税するようで,1世帯あたりの負担は月額約180円になる……,ただでさえ原油高なのに,やりたい放題ですね.

 簡単にその具体案をまとめてみると,

・環境税は,各種温暖化対策の実効性を確保することができる有力な手段である.

・環境税は,市場の力を活かしつつ,中長期的には,国民のライフスタイルや事業活動を環境に優しいものへと変え,優れた環境技術を生むなど,美しい環境を将来の世代に残しながら発展する社会経済を具体化する新しい政策手法でもある.
 
・環境税の税収は,森林の整備・保全や家庭・企業の省エネ促進など緊急性が高い対策に用いる.国民負担や産業の国際競争力維持への配慮,一定の削減努力をした企業に対しての軽減措置なども工夫する.

・全額を,地球温暖化対策として,?森林の整備・保全?自然エネルギー等普及促進?住宅・ビルの省エネ化などに用いる.税収は一般財源とし,地球温暖化対策を支援する税制優遇措置の財源にも充てる.


 地球温暖化防止のために新たな増税が必要なのか,その税収がどのように使われるのか,つまり費用対効果が見えないなど,問題は山積みですね.
 とにかく,こんなに増税路線を打出したら,温暖化どころか景気が底冷えしますよ.

参考ホームページ:環境税の具体案
 
―今日のことわざ―
富貴は浮雲の如し


建設一般 | 【2005-10-26(Wed) 09:29:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
東京モーターショー
 道路が専門の方は,東京モーターショーでどんな車が出展されているのか,チェックしておきましょう.将来の道路構成に関わることですし,道路が専門なら把握していて当然です.くれぐれも,マニアになる必要はありませんよ.
 私個人としては,トヨタのFine-Xが一押しですね.次点はトヨタのi-swingかな.雑誌で見ただけですが…….

 Fine-Xは,4輪各々に電気モーターを内蔵するインホイールモーターで4輪を独立駆動させて,その場での回転や駐車,Uターンが自在にできる.イメージがわきにくいかもしれませんが,要はタイヤがほぼ真横に向くということですから,縦列駐車なんか教習項目からなくなる日が来るかも.

 i-swingは,人が多い街中を走るときは2輪スタイルとなり,歩く人と並んで会話しながら走行できる.また,3輪スタイルにも変化し,スティック操作に加えペダル操作でもドライブが可能.つまり,体重移動を伴うスキーのような新鮮なコーナリング感覚が楽しめるらしい(バイクのような感覚かな?……ほしいです……).身障者も乗れるのなら大歓迎です.
 
 こうした自動車側の開発スピードに追いついていませんね,道路の横断構成は.やっと1.5車線などを改正したばかりですし…….ドンドン新しい技術を活かすインフラを構築していかないと,自動車メーカーの開発意欲がそがれてしまいますよ.

 話は変わりますが,ディープインパクト圧巻でしたね.武豊のように勝って当たり前というプレッシャーを跳ね返す精神力,見習いたいものですね.口答試験受験者は同じような立場になるでしょうから.

参考ホームページ:Yahoo! JAPAN 東京モーターショー特集
参考ホームページ:TOYOTA,東京モーターショーで燃料電池ハイブリッド車,パーソナルモビリティの新コンセプトを提示

―今日のことわざ―
走り馬にも鞭


道路科目 | 【2005-10-24(Mon) 09:36:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
これが建設一般の出題文になるかも?
 選挙が終わって,ボチボチ施策や審議会が進展しはじめたようです.建設部門に関連する情報だけ,要領よく吸収しましょう.いらない知識まで取込もうとすると,頭がパンクしちゃいますよ.
 
 【今後の社会資本整備のあり方について】
1.厳しい財政事情の中で,より効果的な社会資本整備を進めるためには,どのような分野に重点を置くべきか.
(主な指摘)
・人口減少・少子高齢化等の構造的な変化に対して,先取り的な対応が必要.
・近隣諸国との関係の緊密化等も踏まえ,まちや地域のつくり方を検討すべき.
・国際競争力の強化の観点から,産業構造の変化等を踏まえた重点化が必要.
・生活基盤の安全性に対する不安を払拭するため,ソフト・ハードの連携や従来の発想を転換した施策を進めるべき.
・環境の質を向上させる施策と環境への負荷を削減する施策を戦略的に進めていくべき.
・京都議定書を踏まえた,環境への十分な配慮が求められる.


 毎度のことですね……,特にコメントなし.

2.限られた財源を有効に活用し,効率的に事業を進めるためには,執行面でどのような対応が必要か.
―省略―


3.維持管理・更新投資が拡大していくと見込まれる中で,適切な維持管理・更新と新たなニーズに対応した新規投資は,どのようなバランスで行っていくべきか.
(主な指摘)
・維持管理し更新していく施設とそうでない施設に分けて対応すべき.
・地方に,施設の状態をチェックし,対応できる人材や体制を整える必要がある.
・地方が,維持管理に対し,適切に投資するよう誘導する仕組みを考える必要がある.
・資産台帳によるストック管理,企業会計における資産管理の仕組みの活用も検討すべき.


 更新していく施設とそうでない施設の区分は?これは揉める予感がしますね.

4.我が国の経済財政全体の中で,公共投資の規模をどのように考えるべきか.
(主な指摘)
・公共投資の必要性と財政制約下での実現可能性を混同しない議論が重要である.
・利用者の要望すべてに国が応えることは無理がある.国の財政制約や三位一体改革等に鑑み,国と地方の役割の整理やハードの施設での対応か規制誘導措置等によるソフトな対応か等を議論する必要がある.
・国内の有効なストック形成のため,民間投資の誘導を図ることが重要である.
・公共投資の水準は欧米諸国に比して高いと指摘されているが,国土の形成過程には各国独自の営みがあり自然条件も異なる.単純な比較考量は適当ではない.
・多様な価値観を持った社会においては,経済的効率性の観点のみならず公平性も踏まえた効果を勘案することがますます重要になっている.
・環境や安全に係るストックの効果は,可能な限り貨幣換算してみる努力が必要である.


 この議論での指摘は,すべて有益ですね.ですから,全文掲載しました.特に,「公共投資の必要性と,財政制約下での実現可能性を混同しない議論が重要」を指摘された方には拍手を送りたい.

【社会資本整備重点計画について】
1.新たな社会資本整備重点計画において,社会資本整備に係る課題の設定の仕方はいかにあるべきか.特に,国と地方の役割分担や地域との関係をどのようにとらえるべきか.
―省略―


 広域圏だけは勘弁してください.議論するだけ時間の無駄では?
 
2.社会資本整備の目標として,国民に対し,どのような指標を提示すべきか.
―省略―

参考ホームページ:社会資本整備審議会・交通政策審議会計画部会 第2回基本問題小委員会議事概要

―今日のことわざ―
砂の底から玉が出る


建設一般 | 【2005-10-21(Fri) 18:09:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
総合物流施策大綱について
 意見募集になっていますが,技術士試験の改正と違って,この概要で決まりでしょう.道路が専門の方だけでなく,建設一般の「国際化」にも関連することなので目を通しておきましょう.

―今後推進すべき物流施策の基本的方向性―

1.スピーディでシームレスかつ低廉な国際・国内一体となった物流の実現
1.1現状と課題
・サプライチェーンマネジメント(SCM)の徹底などがグローバル規模で進んでいる.
・一層スピーディでシームレスかつ低廉な物流が求められている.
1.2あり方
 国際・国内の輸送モードの有機的連携による円滑な物流ネットワークの構築,物流拠点施設におけるロジスティクス機能の高度化などを推進していく必要がある.
 
2.「グリーン物流」など効率的で環境にやさしい物流の実現
2.1現状と課題
・京都議定書が発効しCO2 の排出削減目標の確実な達成が求められている.
・環境配慮型経営など企業の社会的責任(CSR)を果たすための取組の拡大が求められている.
2.2あり方
・企業の物流活動によるCO2 排出の削減に向けては,個別事業者単独の取組に頼るのではなく,国民的な運動を展開していく必要がある.
・自動車による貨物輸送がもたらす環境負荷を低減し,家庭や企業への輸送に係る都市内物流の効率性を改善するため,貨物自動車をより望ましい経路,時間帯に誘導するハード・ソフト一体となった貨物交通のマネジメント策が必要である.
・物流業務施設等の集約的な立地誘導、ロジスティクス・ハブ(高度なロジスティクス機能を有する物流施設)と既存の交通インフラとの有機的連携等により、効率的で環境負荷の小さい物流システムの構築を目指す必要がある.
・循環型社会の形成に向けて,適正かつ効率的な静脈物流システムの構築を推進していく必要がある.

3.ディマンドサイドを重視した効率的物流システムの実現
3.1現状と課題
 ジャストインタイムに対応した物流管理や輸配送,多頻度少量輸送等の対応が求められている.
3.2あり方
 交通渋滞や環境問題の深刻化を招来しないような効率的物流システムを構築していく必要がある.

4. 国民生活の安全・安心を支える物流システムの実現
 省略

 簡単にまとめてみました,相変わらず毎度の施策が多いですが…….こうした施策については,「自分で」噛み砕いておきましょう.そうしないと,本当に目を通しただけ,つまり棒読みになってしまいますよ.

参考ホームページ:総合物流施策大綱(2005-2009)の策定に関する意見募集について

―今日のことわざ―
楽は苦の種 苦は楽の種


建設一般 | 【2005-10-19(Wed) 12:26:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
どうなるの?道路特定財源
 来年の専門問題は,道路特定財源がポイントになるかもしれませんよ.

 環境省は17日、道路特定財源の揮発油税などの暫定税率の上乗せ分を撤廃し半分にすると、ガソリンや軽油の価格が下がって需要が増え、自動車からの二酸化炭素(CO2)の排出量が1500万トン?2200万トン増加するとした試算結果をまとめた。
 試算は政府の京都議定書目標達成計画で2010年度までに想定している低燃費車普及によるCO2排出削減量(年間2100万トン)を上回るだけに、同省は「税率引き下げは自動車の低燃費化などの技術開発の努力を無にする可能性がある」と指摘している。
「共同通信 2005年10月17日」

 日本自動車工業会(自工会)の小枝至会長(日産自動車共同会長)は17日の記者会見で、……道路特定財源の見直し議論については「受益者負担の観点から道路整備に使われるべきで、一般財源化はおかしい。やるのであれば暫定税率を廃止すべきだ」と、自動車業界として反対する立場を改めて鮮明にした。
「NIKKEI NET 2005年10月17日」

 なんか混沌としていますね,環境省は暫定税率の上乗せ分の撤廃に反対,自動車業界は特定財源の一般財源化に反対…….
 このまま平行線を辿ると,ドサクサに紛れて増税したままになってしまいますね.
 
 それにしても環境省の言い分は一方的すぎるような気がします.「税率引き下げは自動車の低燃費化などの技術開発の努力を無にする可能性がある」と指摘されても……,あくまでパラメータが自由になる試算結果なのだから.
 環境省としては今後こうしたい,という方向性を示してほしいものです.いくらなんでも,税率を変えずに一般財源化はないでしょう.
 
 道路が専門の方は,道路特定財源について自分の考えをまとめておきましょう(環境問題と絡めて).口頭面接で聞かれるかもしれませんよ.
 
―今日のことわざ―
門前の小僧習わぬ経を読む


道路科目 | 【2005-10-18(Tue) 15:01:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
自動車OD調査も改革を
 各家庭を調査員が訪問して調査票を配布・回収するのは,もう時代遅れなのでしょうね.できればこの流れに乗って,自動車OD調査についても見直してほしいものです.オーナーインタビュー調査にかかる費用はバカになりませんし. 

 総務省は16日、プライバシー保護意識の高まりによる調査拒否や、調査票をだまし取る事件など国勢調査をめぐるトラブルが全国で相次いだことから、有識者らによる検討会を年内にも設置して、回収方法や調査項目の簡素化など制度を見直すことを決めた。新たにインターネットの活用や郵送による調査方法も検討する方針だ。
 人口や世帯構成、就業状況などを調べる国勢調査は、各家庭を調査員が訪問して調査票を配布、回収しており、回収方法見直しは1920年の開始以来となる。
 調査項目の就業状況などについて記入式から選択式に簡素化することも協議する。
 「KYODONEWS 2005年10月16日」

 PHSを用いた調査はどうしても歩行者が基準になりますし,PHS自体限られた場所での利用になっているので,ETCを活用したらよいのでは?
 たとえば,ETC車載器に位置情報を発信する装置をつけて,これを無料で配る代わりに,調査時期には位置情報を提供してもらうなど,どうでしょうか?これならETCの普及とあわせて一石二鳥かもしれません.
 乗車人数や駐車形態については,インターネットの活用や郵送による調査方法しかないかもしれませんが…….

 週明け月曜日なので,まだ頭がうまく回っていませんね.
 
―今日のことわざ―
昔は昔今は今


道路科目 | 【2005-10-17(Mon) 12:46:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
着地点が見えないぞ,試験改正.
 技術士第二次試験の改正について,パブリックコメントを募集しているようです.私は,基本的に平成12年度以前の試験に戻すべきだ,と考えていますので,その旨を提出する予定です.採点者の負担が大きいなら,建設全般でなく専門分野の択一問題を作成して足切りするなど,軽減することは可能でしょうから.
 受験者の方であっても,自分の考えをパブリックコメントとして提出しましょう.できれば,同じ考えを持つものが集まって連名で提出するほうがよいのですが……. 

 技術士第二次試験の改正点(一部抜粋加工)なお,総合技術監理部門は除いています.

1.筆記試験関係

―経験論文―
・筆記試験から廃止する.
・口頭試験前に技術的体験論文を口頭試験の一部として提出することとする.
・提出する論文は,図表などを含め,3,000字以内かつA4用紙2枚以内,白黒とする.


 A4用紙2枚以内(3,000字以内)ということは,一つの業務をレポートしろ,ということでしょうね.

―専門論文(選択科目)―
・専門知識だけではなく,応用能力を問うことも必要である.
・解答方法は現行どおり600字詰用紙6枚以内とし,解答時間を3時間30分とする.


 専門知識1題,応用能力1題の出題になるのでしょうね. 応用能力に関する問題とはいかなるものなのでしょうか.道路で考えてもイメージできませんね.ある意味,「応用能力=技術者の工夫=経験論文」だったのではないでしょうか.

―建設一般論文と択一問題(必須科目)―
・現行の五肢択一式については,筆記試験から廃止する.
・記述式については,問題の種類を『「技術部門」全般にわたる論理的考察力と課題解決能力』とする.
・記述式の解答方法は,現行通り600字詰用紙3枚以内とし,解答時間を2時間30分とする.


 「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が各部門の技術士に必要なのでしょうか?
 「技術部門全般=総合技術監理部門を除く20技術部門」なのか,あるいは「技術部門全般=建設部門全般」という意味なのか,これが明確にならないとコメントできないですね.
 基本的に,建設部門あるいは機械部門であっても,技術士として求められる論理的考察力や課題解決能力は同じはずでしょう?

―配点―
選択科目と必須科目それぞれ50点づつ,合計100点とする.



2.口頭試験関係
・口頭試験の試問は,提出した技術的体験論文と業務経歴により行う.
・口頭試験の試問時間は,現行どおり30分とする.


 30分という時間を,経験論文に対する質疑だけに使うわけではないので,回答に詰まるようなら不合格でしょうね.こんな少ない時間で,技術士としての資質を判断するとなると,模擬回答を用意させる口答試験対策講座が儲かるのでしょうね.
 
 
3.実施時期
・改正の実施については,平成19年度の試験からとする.

 とりあえず,来年が現行方式での最終年,ラストチャンスということですね.改正(改悪?)の波に飲まれないよう,受験者の方は来年合格してしまいましょう.

参考ホームページ:技術士試験の試験方法の改正に関する意見募集について

―今日のことわざ―
見かけばかりの空大名


日々寸感 | 【2005-10-15(Sat) 09:41:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
戦略コンサルは数字しか見えないのか?
 波頭亮氏といえばマッキンゼーにいた人かな?怪しげなヒゲが印象的ですが…….
 誰が言ったかわかりませんが,「国交省の説明では,道路を造りたいから道路が必要だといっていると思われる」との意見もあったようですね.
 なんかとんでもない方向に話がいっているような気が…….これじゃ「鶏が先か,卵が先か」と同じ論調でしょう.権威者によってステレオタイプ化するのが怖いですね. 

 国土交通省が13日開いた社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)道路分科会で、道路行政に対する同省の姿勢について審議会委員から注文が相次いだ。

 経営コンサルタントの波頭亮氏は「国交省は特定財源を守ろうとする守旧派のイメージだ」と指摘。北大教授の越沢明氏は最近の道路行政について「身内の議論が多く、国民から支持されない」と述べた。「国交省の説明では、道路を造りたいから道路が必要だといっていると思われる」との意見もあった。

 小泉純一郎首相が道路特定財源の見直しを年内に議論するよう指示したこともあり、同省に理解が深い識者からも「改革」促進論が飛び出した。

 これに対し、谷口博昭道路局長は「我々は抵抗勢力ではないし、(特定財源の議論の)前倒しは歓迎だ。長期的な視点で冷静に進める必要がある」と述べるにとどめた。「NIKKEI NET 2005年10月14日」

 
 道路特定財源制度については,以前も書きましたが,受益負担や原因者負担の考え方を基本理念としています.そのため,自動車利用者が道路整備費として負担しているものを一般財源化したら,当然話がややこしくなります.
 どうしても一般財源化したいのなら,基本理念の整合性を図ったうえで,まずは暫定税率を切下げるべきです.
 
 私の意見としては,まだまだ整備すべき道路は残されていると思います.特に,日頃利用する細街路の安全性や快適性を向上させたいものです.

 つまり,整備率で現れてくる数字は改善されていても,数値化できない満足度は改善されていないのではないか,と感じています.

―今日のことわざ―
握れば拳、開けば掌


道路科目 | 【2005-10-14(Fri) 15:39:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ETC利用率が50%を突破!
 道路が専門の方は,「使える」ハイウェイと合わせて,ETCの動向は把握しておきましょう. 

  国土交通省は12日、高速道路での自動料金収受システム(ETC)の利用率が9月30日―10月6日までの週平均で50.2%となったと発表した。国交省が「今春の目標」に掲げた水準を半年遅れで達成した。国交省は料金収受コスト削減や渋滞解消につながるとしてETC普及を進める方針。さらに利用率を高めるには、高速道路をたまにしか利用しない「サンデードライバー」への普及が課題となる。

 旧日本道路公団などは1日の民営化に先駆けてETC利用者に限った料金割引を実施してきた。民営化の成果を利用者に還元する狙いだが、現状ではETC利用率の高い大口利用者に恩恵が大きい。「NIKKEI NET 2005年10月13日」


 この記事に指摘されているとおり,私のような「サンデードライバー」への普及策が急務でしょう.はじめっから,yahoo!BBみたいに機材を無料で配布したほうがよかったのかもしれませんね.これぐらいの予算は確保できたでしょうから.

 これからの普及率の向上は,高齢ドライバーに対するアプローチの成否にかかっているでしょう.とかくメカ嫌いな傾向にある高齢者に対して,どんな施策を展開していくのか,明確な方向づけが重要です.

 ちょっと危惧される点として,今みたいにETC装着車ばかり優遇していると,そのうちマスコミから問題視されるでしょうね.
  
参考ホームページ:ETC利用率が50%を突破!?最近のETCの利用状況について?

―今日のことわざ―
後の祭り


道路科目 | 【2005-10-13(Thu) 11:23:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
狼少年がやってきた.
 国の方向は規制緩和じゃなかったのですか?これじゃ後戻りですね.郊外店よりも,コンビニやガソリンスタンドの残骸に対する方策を考えてほしいものです.

 大型店舗の出店規制につながる全国初の県条例案が、13日の福島県議会で可決される見通しになった。地方都市では郊外で大型店の出店が相次いだため、中心市街地の空洞化が深刻な問題になっており、国も大規模小売店舗立地法(大店立地法)などの見直しを検討している。国を先取りした形の条例案に、小売業界は神経をとがらせており、業界最大手の「イオン」(千葉市)は県に対し「憲法違反の可能性がある」などとする通知書を提出した。……

 大型店の出店は74年、中小小売業の保護を目的に施行された大規模小売店舗法(大店法)で規制されたが、米国などの圧力で90年代に入ると条件が緩くなり、形骸(けいがい)化した。00年までに成立、施行された「まちづくり三法」(大店立地法、改正都市計画法、中心市街地活性化法)は、大型店の出店を届け出だけで可能にする一方、用途地域などを定めて出店を規制する手法を取り入れたが、結果的に、郊外ばかりで大型店の立地が進んだ。

 福島県は、(1)郊外型の店舗ではお年寄りら交通弱者の利用が制限される(2)店周辺の道路網整備など、限られた予算を効率的に使うには中心市街地を核にした街づくりが必要、などの観点から、大型店の無秩序な出店に歯止めをかける手法を検討していた。

 同県内では90年代に入り、福島市や郡山市などで中心市街地の大型店が相次いで撤退。一方、郊外には大型店が出店し、空洞化に拍車がかかった。同様の状況は、地方都市を中心に全国に広がっている。……
「asahi.com 2005年10月12日」


 福島県の言い分である2点について,若干疑問があります.あくまで,私は郊外店の乱立には反対ですし,イオンから何もいただいていませんが,ちょっと一方的な論調になっているので.
 
 (1)郊外型の店舗ではお年寄りら交通弱者の利用が制限される.
 
 逆説的になりますが,中心市街地の店舗は,交通弱者にとって利用しやすいのでしょうか.たとえば,車道のお飾り程度の歩道なんて,誰も歩きたくないですよ.自転車も紛れていますし危険なだけでしょう.まだ郊外の自歩道のほうがましです.
 今の年金制度では,少しでもよいサービス(金額的な面だけでなく)を求める傾向が続くでしょう.中心市街地の店舗は,それに見合うサービスが提供されているのでしょうか.
 つまり,イオンなどと同じ金額にしなくても,それと同等の満足感を与えることができているのか,ということです.郊外店のような営業努力をせずに,「なんとかしろ」ではお客さんは来てくれませんよ.
 
 (2)店周辺の道路網整備など,限られた予算を効率的に使うには中心市街地を核にした街づくりが必要,などの観点から、大型店の無秩序な出店に歯止めをかける手法を検討していた。

 こりゃ毎度の論点ですね.はたして中心市街地に的を絞って予算をつけることが可能なのでしょうか.用地費用もかかりますし,商店街における合意形成も簡単ではありませんよ.
 郊外店ばかりを矢面に立たしても仕方ないでしょう,時代は変化しているのですから.それに郊外店からの税収も馬鹿になりません.
 まず,世論の矛先を変えずに,自分たちの行ってきた都市計画が間違っていたことに対する反省が必要です.その反省を公にしてから,パッケージ施策を展開していかないと,いつまでたっても狼少年ですよ.
 
―今日のことわざ―
狼に衣


建設一般 | 【2005-10-12(Wed) 12:12:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
平積みの怖さ
 三連休明けですので,今日はちょっと他愛無い話でも……
 
 本屋で平積みされていたので,ついつい大前研一「ザ・プロフェッショナル」を買ってしまった(タイトルに弱い私です).
 「企業参謀」や「続・企業参謀」以来,氏の著書は久しぶりだが,ここまで従来の考え方(ビジネススクール的な考え方)を否定しているとは予想できなかった.
 
 確かに,現在の変化スピードや方向性は未知であるから,ビジネススクール的な考え方にあてはめることは無理なのかもしれない.
 そうすると,こうした過去の理論を振りかざす総合技術監理という考え方も時代遅れということか……(深読みしすぎかな).
 
 他方,「顧客第一主義」については同調できるし,私も常にそう考えている(つもりです).あとクリティカルなロジックを展開すれば,すべてがうまくいくという点については毎度のことかな(私は,いわゆる「大前マニア」ではないが).
 
 氏が定義するプロフェッショナル,まだまだ私には程遠いです…….
 
 残念ながら,この本よりも,中田へのインタビュー記事を掲載した幻冬舎の雑誌「papyrus」のほうがプロフェッショナルを意識させられましたね.
 
―今日のことわざ―
せっかちのしくじり


日々寸感 | 【2005-10-11(Tue) 12:27:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
試験制度の改正について
 おひさしぶりです.抱えていた業務が,やっとひと段落しました.来週からは本格的に更新していくつもりです.

 ところで,「技術士受験を応援するページ」の掲示板で試験の改正が話題になっていますね.私は,掲示板に書いたとおり平成12年度以前の試験形式に戻すのがベターだと思っています.記述量は現行試験の量でよいので.当然ABCの判定もなしです.

 特にABC判定については問題があると思っています.
 それなりの数のA判定の論文を読んできましたが,同じA判定でもピンキリなのが現状です.こんなあいまいな判定なら受験者に通知しないほうがよいと思います.
 つまり,昨年度A判定がでた論文を,翌年まったく同じ内容で書いてもA判定になるかどうかわからないということです.これっておかしなことでしょう.

 既に技術士になっている人は,これからの受験者にとって厳しい試験改正を望む傾向にあります.誰だって自分が苦労して合格した試験を簡単なものにしたくはないでしょう.
 たとえば,自分が百万円出して買ったのに,十万円で同じものを買った人がいたときのような気持ちかな.
 ですから,暗記がどうのこうのという気持ちはわかります.
 だからといって,コロコロ試験方法を変えられたら受験者はたまりません.それに,技術士に新旧という区別をつけるなどは,本来御法度のはずです.

 かなり愚痴っぽくなりましたが,今の改正案は,既に技術士になっている人や採点者たちのご都合主義であって,受験者の気持ちをおざなりにしているような気がします.

 もう一度,平成12年度以前,すなわち原点に戻るのが得策だと思うのですがいかがでしょうか.

―今日のことわざ―
兎を見て犬を放つ



日々寸感 | 【2005-10-08(Sat) 14:45:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター