何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2006年01月
郵便ポストへの配慮
 この記事を読んで,ドキッとしました…….さすがに郵便ポストへの経路まで考えた設計はしてないぞ,と.
 これだけネット環境が普及し,メールでのやり取りは当たり前となってきています.でも,郵便というものは当分無くならないでしょうから,ポストの配置についても頭の片隅に入れておく必要がありますね.

 車道に出ないと郵便物を入れられないなど、不適切な郵便ポストが多いとの指摘を受けて、日本郵政公社は、全国18万8458本すべてを点検する。

 道路拡幅や都市開発などに対応できなかったのが原因とみられ、全国の郵便局ごとに実態調査を始めた。2007年10月の民営化を前にユニバーサルサービス(全国均質サービス)を向上させるのが目的。……
 
 ……具体的には、〈1〉車道に出なければ投函(とうかん)できない〈2〉歩行者の通行の邪魔になる〈3〉道路の段差のため、投函口が、子どもや車いすの利用者には高すぎる〈4〉表示されている郵便物の収集時刻などが見えにくい〈5〉点字がすり減っている――など。このため、公社側も全国の実態調査を決めた。「YOMIURI ONLINE 2006年1月29日」
 


 ユニバーサルデザインやバリアフリーなど,綺麗な言葉に惑わされて,身近なポストのことは蚊帳の外になっていました.
 バカの一つ覚えみたいに,歩道を広くしたり,横断勾配を緩くすることだけが方策ではないということですね……私もバカでした.
 みなさんも柔軟な発想ができるよう,日々精進しましょう……がはは.
 来週からはブログ更新できるかな.
 
―今日のことわざ―
痒いところに手が届く


道路科目 | 【2006-01-29(Sun) 10:51:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
束の間の休息
本業も添削も忙しすぎて,ここんとこ落着く暇がないですね.

本格的な更新といっても,国会や国交省は耐震偽装問題でてんてこ舞いですし,マスコミもホリエモン騒動ばかりですから,時事的な話題がないといったところです……単なる言い訳です…….

おかげさまで添削のほうは,なんとか順調に進んでおります.近頃連絡がない受講者は,そろそろ檄が飛びますよ……がはは!

そういえば,「シーニックバイウェイ」という仮称が「日本(にっぽん)風景(ふうけい)街道(かいどう)(英語名:Scenic Byway Japan)」に正式決定したようです……,一気に古臭いイメージになりましたね…….

まー,ボチボチ更新するようにします.

―今日のことわざ―
手品するにも種がいる


日々寸感 | 【2006-01-23(Mon) 19:13:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
道州制どうなるの?どうしたいの?
 やっぱり道州制に移行するのでしょうか.私にはメリットが感じられないのですが…….
 最近の記録的な積雪から考えても,8ブロックの案は排除すべきでしょうね.とにかく日本海側と太平洋側では,気候の違い,それに伴う風土の相違がありますから.

 道州制の在り方を審議している政府の地方制度調査会(諸井虔会長)の専門小委員会は13日、2月にまとめる答申に道州の区域割り案を盛り込むことで一致した。区域割り案は、全国を8、9、11のブロックに分ける3パターンを提示したが、結論は出ず、同委員会はこれらを基にさらに検討する。
 また、道州に直接選挙で選ばれた首長と議会を置くことなど、昨年12月に小泉純一郎首相に中間報告した道州制の制度設計も答申に盛り込むことを了承した。
 この日提示した区域割り案は総務省が昨年示した7パターンを絞り込んだもの。8ブロック案は北海道、東北、関東甲信越、中部、近畿、中国・四国、九州、沖縄に分割した内容。これを基に(1)関東甲信越を北関東と南関東に分ける9ブロック案(2)さらに中部などを北陸と東海に分け、中国と四国も分ける11ブロック案が提示された。
 「KYODONEWS 2005年1月13日」


 「2月に道州の区域割り案を盛込んだ答申をまとめる」というのが厄介です.社会資本整備のあり方として「道州制」を視野に入れる必要があるかもしれませんね.
 
 話は変わりますが,このところブログの更新間隔が開きつつあります.添削が本格化してきたので,更新が後回しになっているのが実情です.当たり前のことですが,添削受講者を優先していますので,そのあたりご了承ください.
 実務のほうも,年度末という魔物が目前に迫ってきました……あはは……はぁ?.

―今日のことわざ―
紺屋の白袴


建設一般 | 【2006-01-13(Fri) 21:33:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ETCが過剰請求?
 さすが朝日,取上げる記事が違いますね…….朝日のことはともかく,一般市民をだますのはよくないですよ.マスコミがおもしろがってドンドン公になってきたら,おばちゃんは黙っていませんよ.
 

 首都高などでETC車の新料金割引制度が始まって3カ月余。日曜・祝日にタクシーに乗ると、乗客が正しい料金よりも最大120円余分に支払う状況が一部で生まれている。システムが不完全なために、ETC搭載のタクシーの料金表示が割引分を反映しないためだ。割引分を差し引くタクシー会社もあれば、そのまま取っている会社もある。システムの正常化は年度末になるといい、当面は客の「自衛」が必要だ。
 
 首都高東京線では、普通車の通行料700円に対し、ETC搭載車は680円に。さらに平日の午前11時?午後3時などは630円、午後10時?午前6時の夜間と日曜・祝日は終日560円に値引きされる。
 しかし、これが日曜・祝日の料金表示に反映されない。本来は560円なのに、タクシーの領収書には平日料金の680円や630円が表示される。料金所を通る際、車載器に間違った情報が飛んでいるためだ。
 
 今のところ支払時のトラブルの報告はほとんどないというが、同協会の関係者は「乗客が仕組みに気付いていないからに過ぎない」と指摘する。
「asahi.com 一部抜粋  2006年1月11日」

 
 それにしても,普及率ばかりが公表され,こういったマイナス面に対する見解は公表されないという姿勢はまずいですね.
 もちろん,こういったことを専門論文で書く必要はありません.頭の片隅にでも入れておいてください.やはり機械は万能ではなかったか…….

―今日のことわざ―
針とる者は車とる


道路科目 | 【2006-01-11(Wed) 18:51:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
道路のバリアフリー化,新法案提出らしい
 この新法は,記事に書かれているように,社会のバリアフリー化を「点」から「面」に広げるということがポイントのようですね. 
 

 国土交通省は、高齢者や障害者の利用が多い道路や公園の段差を解消したり、点字ブロックを整備したりするなどのバリアフリー化を地方自治体に義務付けるため、新法案を今月始まる通常国会に提出する方針を固めた。

 現在は、公共交通機関の駅・ターミナル周辺、多数が利用する百貨店やホテル、病院、学校などでバリアフリー化が義務付けられているが、高齢化や障害者の進出に対応するため、社会のバリアフリー化を「点」から「面」に広げるのが狙いだ。

 新法案は、交通バリアフリー法とハートビル法の現行2法を統合した「高齢者・障害者の移動円滑化促進法案(仮称)」で、国交省は年内の施行を目指している。
 新法で新たにバリアフリー化の対象となるのは道路、公園、駐車場だ。高齢者や障害者の利用が多い施設をつなぐ道路の段差を解消したり、歩道の幅を広げたりすることなどを求める。……「ヨミウリ・オンライン 2006年1月8日」

 

 私が怖いのは,こうした規定を決めると,数字がすべての世界に入ってしまうことです.
 たとえば,歩道の横断勾配は1%以下でないとダメだ,なんて典型的な例でしょう.たとえそれが2%になったからといってそんなに障害があるのでしょうか…….常に沿線取合というものが道路には存在します.1%以下を死守するために沿線住民を泣かせてもよいのでしょうか……,柔軟な対応を望みたいものですね.
 がんじがらめの基準にするのなら,なんのために道路構造令を改正したのかわかんなくなってしまいますよ.
 
―今日のことわざ―
重箱の隅をつつく


道路科目 | 【2006-01-08(Sun) 12:57:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます.

さて,本年は現行試験最後の年ですから,例年以上に受験者が殺到するものと推察されます.ですから,なるべく早い時期から準備して,合格率が低くても確実に合格できるよう頑張っていきましょう.

新年早々バタバタしております.
ブログの更新はもう少し時間をください…….

―今日のことわざ―
物には時節


日々寸感 | 【2006-01-05(Thu) 15:20:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター