何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2006年04月
平成18年度出題予想(建設一般)
 連休で建設一般を書き上げられる方が多いと思うので,昨年に引続き私の予想を書いておきます……今年は予想しにくいですが.
 これらは,あくまで私の予想なので,最終的な判断は自己責任でお願いします.
 なお,問題文まで想定してほしいとの要望が多かったので,大胆にも予想してみました……あはは.

 ―凡例―
★★★・・・本命
★★☆・・・微妙
★☆☆・・・大穴


1.「安全・品質」★★★
 今年の「大本命」です.問題文として「安全・安心社会を確立するための社会資本整備のあり方について,あなたの意見を述べよ.」あたりを想定して論文構成しておくのが無難でしょう.品確法を忘れずに.

2.「人口構造・コスト縮減」★★★
 人口減少など人口構造に関する出題を想定しています.平成15年度に類題が出題されているので,過去の回答例なども参考にしてもよいのでは?
 「人口減少や少子高齢化といった社会構造の大きな変化に対する社会資本整備のあり方について,あなたの意見を述べよ.」
 談合問題や天下りなど「透明性」に関するニュースが多いですけど,技術士の試験で談合問題を直に取上げる可能性は低いと考えております.コスト縮減と絡めた感じでオブラートに包んだような問題になるのではないかと.
 「効率的,効果的かつ透明性の高い社会資本整備のあり方について,あなたの意見を述べよ.」

3.「維持管理」★★☆
 コスト縮減方策と重なる点が多いかもしれませんが,あえて別項目であげてみました.このテーマもそろそろかな……白書ではコラムまで載せてありましたし.ちなみに,平成13年度に類題が出題されています.
 なお,論文添削を受講されている方は,専門想定問題その11を流用して書けばよいと考えております.
 「社会資本の老朽化が進む中で,計画的かつ効率的な社会資本の維持管理・更新のあり方について,あなたの意見を述べよ.」
 
4.「国際化」★☆☆
 そろそろ出題されてもいいと思うのですが…….現行試験最終の年ですから,総括という意味でも要注意テーマです.よい問題文はあるんだけど,いつまでたっても大穴扱いから脱出できん…….
 「近年の海外における自然災害を踏まえ,建設分野がとるべき国際協力対策について,あなたの意見を述べよ.」
 「経済活動がグローバル化する中で,建設分野がとるべき海外での自然災害対策について,あなたの意見を述べよ.」


―今日のことわざ―
備えあれば憂いなし
(去年と同じだが……)

出題予想 | 【2006-04-29(Sat) 21:06:44】
Trackback:(0) | Comments:(2)
白書?部を読んで
 たまには役に立ちそうな内容でも…….
 そろそろ白書を手に入れた頃だと思います.私もざっと目を通しました.
 ?部の内容から出題されそうなものとしたら,次のようなものかな.なお,いくらなんでも防災関連は出ないだろ,と考えております(孤立集落を解消する社会資本整備など).
 
 「安全・安心社会を確立するための社会資本整備のあり方について,あなたの意見を述べよ.」 
 建設部門での受験ですから,「安全・安心=社会資本の品質確保」という視点から論文を構成するのが無難かな.もちろん,「安全・安心=社会資本ストックの維持修繕」といった見方もできます.
 白書では,ヒューマンエラーへの対策など「運輸」の視点からも方策が述べられていますが,これを社会資本整備のあり方に書いても……実際は大切なことですが試験は別です.
 国土交通白書は,旧建設省と旧運輸省,両面の方策があると考えておいてください.つまり,旧運輸省の方策を書いても建設部門としては点数をつけづらいということです.

 「人口減少や少子高齢化といった社会構造の大きな変化に対する社会資本整備のあり方について,あなたの意見を述べよ.」 
 少子高齢化など人口構造に関わる出題は「効率的かつ効果的な社会資本整備のあり方」を問うているのと同じことですから,「コスト縮減方策」を書くのが建設部門のセオリーでしょうね.平成15年度に類題が出題されているので,今年あたりあるのかな?
 ちなみに,
 「人口減少や少子高齢化は財源不足になる.だから,効率的かつ効果的な社会資本整備を推進すべきである.そのため,トータルコストの縮減が不可欠であり,社会資本の品質確保によって維持修繕費を低減させる方策こそ,社会資本整備のあり方として重要だ,と私は考える.」
 無理やりっぽいですが,こんな考え方もありです.
 まー,今年は「社会資本の品質確保」については準備しておけということです.

 要するに,建設一般論文は「○○に対する社会資本整備のあり方についてあなたの意見を述べよ.」という形の出題でしょうから,受験者それぞれの柔軟な考え方でよいわけです.
 
 そのほか,白書?部では「地域コミュニティーの衰退」,「人口や交通の集中」などがありましたが,これらを出題文として提起するのは難しいのではないかと思います.これらの問題に,社会資本整備のあり方を絡めるのは無理があるかなと.
 
―今日のことわざ―
木の実は本へ落つ


建設一般 | 【2006-04-22(Sat) 17:50:47】
Trackback:(0) | Comments:(3)
「超(チョー)」で事故防止?
 いくらなんでも路面標示に「超」急カーブって……そのうち「超止まれ」なんか出てくるのかな.これを経験論文のネタにしてもA評価は期待できん……. 
 

若者言葉「超(チョー)」で事故防止――。東京都西部の街道に白文字で書かれた「超急カーブ」の路面表示が17日、お目見えした。この場所で起きた高校生のオートバイ事故をきっかけに、警察が若者に訴える言葉の路面表示を提案、実現した。道路に浮かぶ全国初の「超」表示、その効果のほどは・・・・・・。「NIKKEI NET 2006年4月17日」


 どうのこうの言っても,交通安全対策というものが手詰まりになってきているんでしょうね…….
 今以上に交通事故を削減しようとすれば,車に乗る人を減らすという根源に戻らない限り,どうにもならんでしょう.
 
 今の道路整備は堂々巡りになっているような感じですから.
 渋滞緩和策として「車道」を整備すると,車が増える.車が増えることによって交通事故も増える.
 そこで,交通事故削減策として「車道」をいじめて「歩道」を整備する(「車から人重視の整備」ですね).すると,「車道」の交通容量が不足,渋滞が発生する(元の木阿弥).
 
 もちろん,こんなイランことは試験で記述する必要はありません.ただ,「超(チョー)」で事故防止はあまりにも情けないだろ,と.
 
―今日のことわざ―
後の祭り


道路科目 | 【2006-04-17(Mon) 17:20:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
建設公済会までもが標的に
 建設コンサルタントに勤めている人なら百も承知の話題が表舞台に出てまいりました.要は,建設弘済会の問題です.
 そういえば,「みのもんた」もこの件では熱くなっていましたね……天下りの温床にもなっているし.

 国土交通省所管の八つの公益法人が随意契約で受注した業務の多くを民間企業からの出向者に任せていた問題で、2004年度に複数の公益法人に従業員を出向させていた企業が少なくとも7社あり、うち2社は全従業員の8割以上を出向させていたことが14日、わかった。
 ……国交省によると、「関東建設弘済会」(東京都千代田区)など8法人が04年度、非常勤職員として雇用した民間コンサルタント会社などからの出向者は計3498人。

 ……こうした実態について、現在もほぼ全従業員を複数の公益法人に出向させているという会社経営者は、「出向の形だが、実際は公益法人の仕事をもらうのが目的。この仕事がなくなると会社が立ち行かなくなる」と明かす。
 また、ほぼ全員を出向させているというコンサルタント会社も、「天下りを受け入れることもできない小さな会社は、国の仕事を自前で受注することは無理。役所の仕事をとるために、弘済会への出向という形をとるしかない」と話す。

 この問題を追及している民主党の渡辺周衆院議員は、「社員の大半を出向させている会社にとっては、出向者の仕事がなくなれば、経営が立ち行かないのだから、公益法人の専属的な下請け企業になっているようなもので、契約実態が非常に不透明だ」と指摘している。
 「YOMIURI ONLINE 2005年4月14日」


 この仕事がなくなると会社が立ち行かなくなるって……あんたの会社って,人材派遣業じゃなく建設コンサルタントじゃないんかい?お金のためなら綺麗ごと言えないのはわかりますが,経営者失格では?
 さらに,ほぼ全員を出向させているというコンサルタント会社って……いくらなんでもこりゃひどい.

 私も仕事上,建設弘済会の知り合いがいますが,非常に勤勉な技術者です.こういう人もいるんですが,上層部といえば……みのもんたが正論でしょうね.
 これだけ暴露され始めると,建設コンサルタントのOB採用合戦も近いうち無くなるのかな.
 
―今日のことわざ―
憎まれっ子世に憚る


日々寸感 | 【2006-04-14(Fri) 21:22:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
指名競争入札が原則廃止です.
 談合問題から入札制度改革,今年台風の目となるかも?
 国交省が指名競争入札を原則廃止することに決めたようです.当然,川上から川下の市町村へとこの流れは続くでしょうね.談合は建設業に限った問題ではなく,他の業種も似たようなもんなのだが……あはは.
 

国土交通省は来年度にも公共工事の入札参加者をあらかじめ指名する指名競争入札制度を原則として廃止する方針を固めた。同省が発注する工事について入札参加者を限定しない一般競争入札に全面的に移管。談合排除とともに競争による工事コスト削減につなげることを狙う。ただ、不良業者を排除するための「予備入札」も新たに導入する。

 国交省が一般競争入札への全面移管を打ち出すのは、昨年の鋼鉄製橋梁(きょうりょう)建設工事に続き、防衛施設庁発注工事でも談合が発覚するなどの事態が相次いでいるため。公共事業について不当にコストがかかっているとの批判がこれ以上強まるのは見過ごせないと判断した。「2006年4月7日 日経新聞」

 

 しかし,「談合問題の解決に向けた建設部門のあり方」という出題は考えにくい……建設部門としてできることは限られますからね.
 「市民オンブズマンとの協力体制の構築」とか「公正取引委員会への通報体制の確立」なんかも方策でしょうが,正直これは書けん…….
 
 とにかく,昨年度の道路専門での必須問題,「効果的,効率的かつ透明性の高い社会資本整備」という品質や安全と絡めた形が一押しかな.

―今日のことわざ―
用心は臆病にせよ


建設一般 | 【2006-04-07(Fri) 19:21:34】
Trackback:(0) | Comments:(2)
受験申込受付期間
 日本航空,踏んだり蹴ったりですね.もうアホかと……途中で乗換えとかできなかったのかな.
 受験者の人も同じようなことにならないよう,早めに願書を提出しましょう.いくら勉強しても願書提出を忘れたら泣くに泣けないですよ.ちなみに,郵送の人は今日から受付です. 
 

日本航空は4日、機長が遅刻したため、午前8時神戸発鹿児島行きと折り返しの計2便が欠航したと発表した。
 機長は午前7時までに神戸空港に到着しなければならなかったが、大阪府箕面市の社宅からタクシーで同空港に向かう途中、阪神高速道路で交通事故による渋滞に巻き込まれ、約1時間半遅刻した。……「2006年4月4日 共同」


 受験申込受付期間
 受付期間:4月4日(火)から4月19日(水)
 (4月19日(水)までの消印のあるものは有効)


―今日のことわざ―
火事後の火の用心


日々寸感 | 【2006-04-04(Tue) 12:46:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター