何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2007年06月
本当の理解とは?
 それにしても暑いなぁ……久しぶりの更新になってしまった.
 最近は,ミンチ偽装や年金問題,参院選ばかりがニュースになっているので,技術士試験対策としてふさわしい話題が少ない.受験者の立場から考えると,余分な情報をシャットダウンすることは重要なことだ.

 ミンチ偽装は倫理的な側面が大きいのだが,これは氷山の一角に過ぎないだろう.ミートホープ社の社長が漏らしていたように,安価なものを求めすぎている社会構造も否めない.過度の価格競争による歪みは,消費者の不利益となって跳ね返ってしまう.安いものには何らかの理由がある.何かが安いから安価なのである.
 逆も然りである.ビリーブートキャンプの原価なんて販売価格の10分の1にも満たないだろう.しかし,ビリーだから高くても売れる(マスコミによる買い煽りの側面が強いが).
CIMG09451

 豚肉や鶏肉などが入った偽の牛ミンチを,本物と見比べる能力を一般消費者は備えていない.つまり,肉を本当に理解しておらず,牛肉や豚肉という名称だけを知っているのである.
 「本当の理解」とはどういうことだろうか?牛肉や豚肉みたいに,白書や総監の青本に書かれている名称だけを覚えて理解したつもりになっていないかな?

 自分自身が本当に理解していることなら簡易な言葉で説明できるが,そうでない場合,名称だけを答えてごまかすことになる.そのような「ごまかし」は口頭試験では通用しない.
 何気なく使っている水素燃料やコンプライアンスなどの語句を,本当に理解できているかどうか,問い直す必要もあるだろう.

 とは言っても,今は,筆記試験に全力投球すればよい.本当の理解ではなく,筆記合格という結果を最優先すべき段階である.筆記試験【終了後】の課題として,「本当の理解」を心に留めておきたいものだ.

―今日のことわざ―
木に縁りて魚を求む


日々寸感 | 【2007-06-30(Sat) 09:52:07】
Trackback:(0) | Comments:(2)
平成19年度出題予想(専門)
 今年度は試験制度が変わるので,必須と選択,こうした出題形式になるかどうかは不明ですが,この形に添って,今年も主要項目だけを列記してみます.
 これらはあくまで私の予想なので,最終的な判断は自己責任でお願いします. 
 なお,添削を受講されている方には,すでに想定問題として配布してあるものばかりです.
 
 ―凡例―
★★★・・・本命
★★☆・・・微妙
★☆☆・・・大穴


―必須問題(選択余地なしの予定)―
 必須問題としては,建設一般とかぶってしまいました.とは言っても,専門科目ですから道路に論点を絞って記述する必要があります.

1.地域活性化★★★

 景観だけじゃない多様な地域資源を活用するために,道路に何が求められているか,都市部と地方部のあり方まで追求できる興味深いテーマです.

2.地球温暖化★★☆

 これについては,とやかく言わなくても参考にする文献はたくさんあると思います.

―選択問題(5題中1題選択の予定)―

1.事業評価(費用便益分析)★★☆

 道路整備の手法として,そろそろ出題されてもいいんじゃないかな.

2.ICT関連★☆☆

 情報技術も捨て難いんだよなぁ.(I)いつまで(T)たっても(S)出題されないITS……今年度の大穴か?

3.環境負荷を軽減する舗装★★★

 ヒートアイランド対策だけじゃなく,幅広く用意しておいたほうがよいかも.

4.盛土(斜面)崩壊対策★★☆

 軟弱地盤は昨年出題されてしまったので,これぐらいかなと.

5.既存ストックの延命化★★★

 昨年も予想していたんですが,建設一般で出題されてしまいました.
 今年もこれはゆずれない.もしかしたら必須問題かも?

―今日のことわざ―
当て事と越中褌は向こうから外れる(これも例年と同じだが)


出題予想 | 【2007-06-15(Fri) 17:56:22】
Trackback:(0) | Comments:(2)
平成19年度出題予想(建設一般)
 今年は出題予想は出さない予定だったのですが,結構な数の要望?メールがあったので,昨年に引続き私の予想を書いておきます.なお,今年は試験制度の変更があるので,キーワード的なものに留めておきます. キーワード程度の公開ぐらいなら,受講者さんも納得してくれるでしょう.
 これらは,あくまで私の予想なので,最終的な判断は自己責任でお願いします.

 ―凡例―
★★★・・・本命
★★☆・・・微妙
★☆☆・・・大穴


1.「地域の自立的発展」★★★
 今年の「大本命」です.なお,白書で書いてあるように,地域といっても地方部という括りではありません(かなり強引な気はするが).地域間格差の是正,国土形成計画法などがキーワードになるのかな……白書の第?部をよーく見ておいてください.

2.「地球温暖化」★★★
 これも今年の「大本命」です.あえて指摘する必要はないでしょうが,最新情報を取込みながら,事前準備を進めておいてください.過去に類題が出題されているので,過去の回答例なども参考にしてもよいのでは?

3.「談合問題・入札制度改革」★★☆
 今年は談合問題に関するニュースがあまりにも多い.白書では大きく取上げられていませんでしたが,談合を抑制する入札制度は準備しておくべきテーマです.
 
4.「ユビキタス社会」★☆☆
 ユニバーサルデザインの趣旨に基づくユビキタス社会,こんなものもありかなと.白書では,やたらICTという語句が目に付いたし.IT新改革戦略重点計画やバリアフリー新法も忘れずに.

―今日のことわざ―
備えあれば憂いなし(毎年同じになってきた……)


出題予想 | 【2007-06-11(Mon) 19:20:49】
Trackback:(0) | Comments:(3)
これは名案だ
 これは名案だと思った.電力会社の営業力は見事なものだなぁ.ほんと,車内を冷房するためだけに,エンジンをかけっぱなしにしていることってよくある.今日の暑さなんかだと,特にその傾向が顕著だろう.
 風さえ吹いていれば,冷房をつけなくても,日陰なら過ごせる暑さって結構あると思う.理想としては,サービスエリアにトラックを覆い隠すような木陰があればいいんじゃないかな.
 
 技術士試験の道路科目で求められる応用力って,普通の人が感じていることを敏感に反応して,それを改善する独自の策を打ち出せることなんだろう.もちろん,設問内容が計画系の場合に限るが.

 高速道路のサービスエリア(SA)でエンジンをかけたまま休憩するトラックを減らそうと、中日本高速道路会社と東京電力が共同で対策に乗り出す。二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげるのが狙い。駐車場に設置した電源装置を使ってトラックに電力を供給し、エンジンを止めても車内を冷暖房できるサービスを今秋にも試験導入する方針だ。
 高速道を使う長距離トラックは、仮眠や休憩の目的でSAやパーキングエリア(PA)に立ち寄る際、車内の冷暖房のためにエンジンをかけたまま長時間、停車することが多い。新サービスは、駐車場に設置するパーキングメーターのような「給電スタンド」とトラックをケーブルでつなぎ、電力を有料で供給する仕組み。利用するトラックは外部電源式の冷暖房装置を装着する。
 「NIKKEI NET 2006年6月7日」


CIMG08451

 長期金利の代表的な指標とされる10年物国債利回りが1.875%と,今年最高の水準に上昇した.それにしても,デフレ下で利上げを強行している日銀は,市場との対話という説明責任を果たしていないような気がするんだが.まだまだ利上げしておきたいんだろう.
 電力会社が抱えている負債は莫大だし,今後も減ることは無いだろうから,金利上昇はマイナス効果だろう.

 建設業界はもちろんだが,電力会社も新たなビジネスを模索しないと飯が食えなくなる時代なのかもしれない.

―今日のことわざ―
天馬空を行く


道路科目 | 【2007-06-07(Thu) 20:34:35】
Trackback:(0) | Comments:(6)
脱談合は時間をかけて
 日曜日のNHKスペシャル「脱談合?きしむ"最後の日本型システム"?」を見た人は感じただろうけど, 研修会と銘打った「談合」の実体は,どこも似たような状況じゃないかな.できれば,設計変更に対する工事代金の見直し(もちろん増額の場合)の実体なんかも紹介してほしかったと思う.そのへんも明らかにしないと,工事業者だけが悪者だという偏見を持たれる可能性がある.
 
 NHKスペシャルでも談合の解決策は提示されなかったが,一足飛びに解決できる策なんて便利な代物は無い.番組中で検事さん?も言っていたと思うが,低価格入札で体力消耗戦を続けていくと地域が疲弊してしまうから,徐々に時間をかけて正しい方向へ改善していくのがベストの選択だろう.とにかく,現在の発注形態(一般競争入札や指名競争入札)なら,談合(ミーティング)しかないだろうというのが私なりの見解だ.
 それにしても「叩き」が,あそこまでひどい状態だとは思わなかった.最低価格に9社(うろ覚えだが)も札を入れてくるなんて…….最低価格を公開しないほうがいいんだろうな.

 日本土木工業協会(土工協)の会長さんが発言された内容は,いくらなんでも極端すぎたと思う.あんな発言をするとは正直ビックリした.趣旨としては,競争で淘汰していけばよい,地方の地元業者なんか必要ない,災害復旧も我々大手ゼネコンが引き受ける,こんな感じだったと思うが,いくらなんでもこりゃひどいだろ.
 大手ゼネコンが引き受けた実績を強調されていたが,それは大規模な災害復旧だけだと思うし,地元業者を叩いて下請けさせているのが実体じゃないのかな?災害復旧工事なんて何百万程度の請負金額のものが大半なのに,それを大手ゼネコンが張切って受注するとは思えない.そんな利益が取れない仕事を本気で始めたら,株主から袋叩きに遭うだろう.

 たとえは悪いが,テレビのキー局や大手の新聞社だけあればよい,地方のテレビ局や地元の新聞社は必要ない,と言っているのと似たようなもんじゃないかな.
 とりあえず,談合の話はこの程度にしておこう.
CIMG0841

 主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)が7日未明(現地時間6日夜)から始まる.サミットの主要議題は地球温暖化問題となるようだ.支持率は下がり続けている安倍首相だが,ここでは「欧州連合と米国との仲裁役」としてイニシアティブを取りたいらしい.
 ポスト議定書への道筋も含めて,明日からの『温暖化対策』動向には注意してください.

―今日のことわざ―
一寸の虫にも五分の魂


建設一般 | 【2007-06-05(Tue) 19:13:01】
Trackback:(0) | Comments:(2)
愉快なアメリカ人
 昨日は電車に乗った.その席でアメリカ人と一緒になったのだが,彼らはほんと愉快そうに喋っていた.もちろん,なにを喋っているのか,サッパリ意味はわからんかったが…….
 かたや日本人といえば携帯電話をいじくり回していた.それも,若者だけじゃなく,お年寄りまでみんなだから,冷静に観察すると異常な状況だ.携帯電話もICT技術の一環だと思うんだけど,これを普及させればさせるほど,人間として幸せに暮らせるとは到底思えない.

 携帯電話を使えば使うほど,面と向かって人と話をする機会が減るだろう.そんな状況で,地域の活性化?住民参加?冗談はよしてくれ……コミュニケーションもへったくれもない.
CIMG0840
 外国人観光客を取込もうっていうキャンペーンも実施されているようだが,彼らから見ると日本人の携帯電話中毒はあきらかに異常と感じるはずである.たとえは悪いが,鉄道マニアで満員となった電車のなかに,ひとりで飛び込んで行くようなもんである.誰でも引いてしまうだろう.

 携帯電話を肌身離さず生活することが便利だと感じているのなら,その感覚をちょっと修正したほうがよいと思う.ポケベル時代に回帰することは無いだろうが,今の日常を改善せずに,いろんな施策をしても無駄なような気がしてならない.
 観光地へ行く道のりでも携帯電話マニアの日本人,観光地へ着いても見物するより携帯電話で写真を撮るのに勤しむ日本人,どこへ行ってもこんな感じだろう.
 これで外国人が「ワーォ!ビューティフル!」って言うと思うか?景観を綺麗に飾ることだけが『美しい国づくり』ではない.
 
 くだらん話になってしまったが,それだけアメリカ人は愉快そうに喋っているな,と痛感させられた.
 
―今日のことわざ―
旅は道連れ世は情


日々寸感 | 【2007-06-03(Sun) 11:18:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター