何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2007年07月
不安のコントロール
 試験直前なので情報記事に対するコメントは控えたい……筆記試験終了後,本格的に?ブログ再開の予定です.くどいようだけど,今さら新たな情報を取込む必要はない.ということで,今日はちょっと息抜き的なものを掲載しよう.
 
 週末27日のニューヨーク株式相場も大幅続落したようだ.26日のヨーロッパ大幅安,アメリカ大幅安の流れを,きちんと27日の日本市場も引き継いだ.サブプライムや参院選,円キャリーの巻戻しなど,懸念材料はたくさんあるけど,要するに『不安』が加速した格好だ.
 誰でも,自分が持っている株を少しでも安く買って,なるべく高く売り抜けたい.冷静に考えれば,自分が持っている株は安いと思ったから買ったはずである.それを安く売る必要はない.ところが,世界同時株安なんて文字が躍りだすと『不安』は連鎖する.

 『不安』が連鎖すると,パニック的な売りが売りを呼ぶ展開になる.多くの人は,暴落の初動ではガマンするくせに,暴落の終局局面になって,これ以上下がったらダメだぁ,と思って売ってしまう.だいたい,その翌日から大幅な反発が始まるんだよなぁ.
 バブル状態なら早く売り抜けた者が勝ちだが,現在の日本株式はボックス状態だろう.ドル建て日経平均でいうと143下値?149上値を行ったり来たりのジグザグ走行である.

 長々と書いてしまったようだ…….何を言いたいかというと,『不安』を自分でコントロールできないと損をする,ということである.
s-1280_heilman_nyse_bull
 筆記試験まで泣いても笑っても残り1週間となった.添削受講者の皆さんには,何はともあれ強気のブルで試験に臨んでほしいと思う(壁紙を拝借してきた).
 今年度は改正された出題になるが,株式市場のようなパニックに陥る必要はない.受験者は誰しも『不安』なのだ.『不安』を自分でコントロールして,じっくり構えようではないか.
 
 今日はサッカーのアジアカップがあるなぁ.解説はセルジオ越後と松木安太郎のコンビのようだけど,この二人って息が合ってないんじゃないかな.今日は何回「集中,集中」を言うだろうか?そんなに「集中」できないだろ……息を抜く時間も必要だ.このへんのバランス感覚は,技術士試験においても同様だと思う.
 それにしても,ピッチレポーターの堀池巧は,あれで飯が食えるんかな……素朴な謎だ.

―今日のことわざ―
慌てる乞食は貰いが少ない


日々寸感 | 【2007-07-28(Sat) 10:51:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カンバンはバンゼンではない.
 またしても久しぶりの更新だが,いよいよ試験が間近に迫ってきた.これまでの繰返しになるが,ここまで来たら新たな知識を取込むより,復習を主体とした勉強にしたほうがよい.

 すでに試験問題は作成されていたと思うが,新潟県中越沖地震は甚大な影響をもたらした.これだけ地震が多発する状況を考えると,建設部門の受験者は,過去に何回も出題されていようが,常に防災関連は勉強しておくべきだろう.くどいようだが,新潟県中越沖地震は今年の試験問題が作成された後の災害だと思う. 

 総監部門の受験者としては,原発における東京電力の対応を注視しておいたほうがよい(原子力に想定外は許されないと思うのだが).筆記試験で原発の危機管理が問われることはないだろうが,口頭試験で問われる可能性は十分ある.

 トヨタ自動車は新潟県中越沖地震で被災した自動車部品大手リケンに300人規模の社員を派遣、生産再開に向けて全面協力する。リケンの操業停止で自動車産業は事実上の週内休業状態に陥った。在庫を極限まで持たないことで自動車メーカーは収益を拡大する半面、部品調達網が切れると弱点を露呈する。効率とリスクが背中合わせの生産・物流体制の課題が改めて浮き彫りになっている。
 トヨタは18日までに情報収集のために約20人をリケンに送り込んだが、復旧を急ぐため数日中に購買部門や生産管理担当者など約300人に増やす。
「NIKKEI NET 2007年7月19日」

 CIMG09454

 トヨタのカンバン方式は,以前にも同様の事態に陥ったことがあるはず.その時は,同じパーツを他の下請会社に生産させようとしたが,技術的に困難だったので,結局工場停止だったと思う……うろ覚えだが.
 偉そうに言える立場ではないが,以前と同じく,今回の操業停止もリスクマネジメントができていなかったということだ.この問題も,総監の口頭試験で問われる可能性は十分あるから,自分なりの解決策を考えておきたい(もちろん筆記試験の後で).

 青本の欠点は,優れた側面のみを強調しすぎていることである.どんな方式やシステムでも必ず欠点はあるわけで,パーフェクトはありえないし,それを信じるのは愚の骨頂である.
 
―事務連絡―
明日から出張なので,添削やメールの返事は週明け23日になると思います.受講者の皆さんは,週末を有意義に使ってラストスパートをかけてください.

総合技術監理 | 【2007-07-19(Thu) 22:01:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
さぁ気合を入れていこう!
 受験者にとっては,今が一番しんどい時期なんだろうなと思う.覚える作業はそれなりに時間もかかるし,暑いなかシャーペンを握り締めたり,脳を酷使したりするから疲れも並大抵ではないだろう.
 しかし,ここを乗越えなきゃ前(面接)に進めない.試験は所詮水物だから,結果は「時の運」もある.だけど,自分が努力をしないで「時の運」と言うのは都合が良すぎるし,そうやって自分をごまかすのは虚しいことだと思う.楽して合格はできないんだから,正々堂々と努力すればよい.あきらめたら負けである.あと1ヶ月なんだから気合を入れていこう!
 
 さて激励が済んだところで……,ブログの更新をサボっているつもりはないんだけど,間隔が空きすぎているようです.安倍内閣はネタをいろいろ提供してくれているんですが,マスコミが喜びそうなネタばかりで技術士試験には関係ないものばっかりだし.
 受験に関係ない情報を取り入れる時期ではないと思うので,受験者の皆さんは,各自できちんと情報の取捨選択をしてください.討論番組の司会者を務めるわけじゃないんだから,なんでもかんでも情報通になればいいってもんじゃない.
CIMG09452

 国交省道路局のホームページでは「道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会」の提言や,「新たな自転車利用環境のあり方を考える懇談会」のレポートなどがアップされています.
 軽く目を通しておけばいいんじゃないかな.ほとんどの内容がこれまで耳にしてきたことだったので,得られるものは少ないかもしれませんが……バスレーンを自転車道に,という案は面白いかも.
 それにしても片山右京はどんな発言をしたんだろうか?彼の意見らしいものが読み取れなかった.もしかして,マシン(自転車)の性能の話ばっかりだったのかもしれんな.
 
 総監を受験される方は,ここまで来たら四方八方に手を広げるよりも,青本(余裕があれば技術士ハンドブックの該当箇所も)に絞ったほうがよいと思う.択一にしても記述にしても青本さえできていればなんとかなる,という割切りも必要な時期かなと.
 
―今日のことわざ―
時は金なり


日々寸感 | 【2007-07-06(Fri) 20:01:02】
Trackback:(0) | Comments:(1)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター