何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2007年08月
Point of view
 ドイツのメルケル首相が29日から来日するようだ.建設部門だけでなく総監部門の受験者も,口頭試験に向けて地球温暖化に関する情報を仕入れておきましょう(それぞれの部門が要求する視点は異なりますが).もちろん,情報を仕入れるだけでなく,自分の考え方をしっかりとさせておく必要があります.

 筆記試験が終わって机上の勉強はコリゴリという人は,「An Inconvenient Truth:不都合な真実」をDVDでレンタルしてくるのも手でしょう.アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領が熱演というか,延々と喋り倒しています.CIMG09464.jpg

 その一方で,ジュラシック・パークやETで有名なマイケル・クライトンの「State of Fears:恐怖の存在」も読んでおけばよい.アンチ温暖化危惧論を展開している問題作ですが,つい先日文庫になったので手軽に読めるかなと.あくまでフィクションですから,正しいとか間違っているとかじゃなく,筆者の主張を読み取ってほしい.
 
 「地球温暖化=温室効果ガスの排出」という式ですべての事象を説明しきれるのか,ほかに考えられる等式はないのか,「恐怖の存在」でも提唱されてたけど,Point of view(事象の見方)を偏ったもので固定させない,このへんの感覚が大切だと思います.
 
―事務連絡―

8/28から9/1まではメールへの返事ができないと思います.
提出論文の作成が遅れている受講者さんは,各自進めておいてください.
ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2007-08-27(Mon) 13:01:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
来年の建設一般は観光か?
 本気で「観光立国」を目指すつもりなんだろうか.大きな勘違いだと思うんだけどなぁ.
 日本国内にも名所はたくさんあるが,京都や奈良(社寺仏閣)を除けば「国際競争力がある観光地」なんて皆無だろう.世界遺産も希少価値が薄れつつあるし,東京は観光というより,中国人の買い物客で賑わっているだけのような気がする.

 冷静に考えてみればわかることだが,わざわざ東洋のちっぽけな島国に外国人が遊びに来るだろうか.欧州なら陸続きでいろんなところに行けるわけだし,リゾート目的ならもっと安くて済む場所が世界には五万とある.

 上海を訪れている冬柴国交相は22日、記者団に対し、来年度にも観光政策を専門に担当する「観光庁」を新設する方針を固めたと述べた。
 冬柴国交相によると、観光庁は、国土交通省の観光政策課、国際観光課など6課を再編し、海上保安庁や気象庁と同じような外局として設置する。約100人規模で、観光立国推進基本法に基づき、国際競争力がある観光地の育成や、国内の離島の観光振興策などを手がけるという。トップの長官は同省職員から選ぶ意向。
……以下,省略……「asahi.com 2007年8月22日」

CIMG09463

 自分が欧州や米国に住んでいる外国人だと仮定した場合,日本に行くということは「秘境ツアー」に参加するようなもんだと思う.こうした希少なツアーだと参加者(経済効果)は少ないのに,国交省が気合を入れて取組む必要があるんだろうか.つまり,今の観光に関する議論は,観光立国宣言で引くに引けなくなったというか,冷静さを欠いているというか,夢物語を語っているだけのような気がする.

 なんか文句ばっかりになったが,結局のところ,観光振興は国内旅行者がターゲットになるわけだ.もちろん,内需がさっぱりな経済状況や年金の不安などから考えると,若年・中年層は観光する余裕なんて無いだろう.そんな遊ぶお金があったら,将来への貯蓄に回すのが普通の感覚だと思う.
 
 こんな状況下にある観光より,本気で内需を回復させる手を打たないと,美しい国じゃなく貧しい国になってしまう.国際競争に注視する気持ちはわかるけど,内需が弱いから日経平均株価だけ極端に下げてるって現実も受止めないと,ほんとに政権交代だろうな.
 
―今日のことわざ―
船は水より火を恐る


建設一般 | 【2007-08-23(Thu) 13:30:51】
Trackback:(0) | Comments:(2)
いつか後悔する公共事業費3%削減
 筆記試験前だったので,縁起を担いでコメントは避けていたのだが,米ミネソタ州ミネアポリス市の橋(I-35W Mississippi River bridge)崩落事故には衝撃を受けた.
 事故原因としては,ガセットプレートに設計上の欠陥があったらしい.築造して何年も経っているんだから,その間のメンテナンスにも欠陥があったのだろう……【お金をケチった】ってことに尽きるんじゃないかな.同一構造の橋が約700もあるらしいから,【お金をかけて】補強や改修を進めるべきだろう. 
CIMG09461

 何事も無いかのごとく,公共事業費の3%削減を盛り込んだ概算要求基準(シーリング)が閣議で了解された……アベではなくアホかと…….I-35Wが落橋した一因は,【お金をケチった】ことにある.3%削減という数字ありきで予算を決めているようでは,遅かれ早かれ,アメリカと似たような事態が起こるだろう.
 今回の参院選で大敗した「地方部」は,今後も税収は減る一方だろうし,外需頼みの景気回復では,地方経済だけでなくインフラまでもが疲弊する.
 地方部への配慮として,地域活性化,生活の安全・安心などの重点施策について,6,000億円の特別要望枠を設けたようだが,訳のわからんところにバラ撒くぐらいなら,すべて公共事業費に回したほうがよい.

 話は変わるが,ここ最近(特に昨日は酷かった)不穏な動きを見せていた日経平均株価が崩壊した.日本銀行,欧州中央銀行(ECB),連邦準備制度理事会(FRB),これら中央銀行が揃って資金供給したことが,逆に不安心理を煽っているようだ.
 要するに,過剰流動性への対応が遅すぎたのだろうが,数字合わせの公共事業費3%削減も,間違いなく後悔するときが来るだろう.

―事務連絡―
8/11から8/16まではメールへの返事ができないと思います.
ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

建設一般 | 【2007-08-10(Fri) 22:54:01】
Trackback:(0) | Comments:(2)
必須問題の簡単なまとめ
 必須問題で戸惑った人が多いようですね.問題文を読んでみたけど,問題文には2通りの解釈があるんじゃないかな.
 『見直しに至った背景と考えられる事例』を2例以上挙げるのか,それとも,『見直しに至った背景』と『考えられる事例を2例』挙げるのか,誤解を招く駄文である.『見直しに至った背景と考えられる事例』を2例以上挙げるのなら,『見直しを促すことになった事例を2例』でよいと思うのだが.
 
 愚痴はこのへんにしておいて,問題文の読点に沿った解釈(見直しを促すことになった事例を2例以上)で,簡単にまとめてみよう.

「道路特定財源」の見直しに至った背景と考えられる事例
 ざっと書いたけど,背景と考えられる事例は,こんなもんじゃないかな(背景⇒⇒事例,と表記).背景なんて固定概念があるものじゃないから,あえて広範囲に取上げてみた.事例は,これら以外にもたくさんあるだろうが,代表的なものを書いてみた.
 ちなみに,ここでは固有名称を使っていないけど,事例だから,路線名や事件名などを書くべきだろう.もちろん,平成18年12月閣議決定とわざわざ書かれているんだから,それ以前の事例を書かなきゃいけない.
 ・道路は十分整備されたという世論⇒⇒工事費や交通需要を無視した道路
 ・道路特定財源の無駄遣い(談合の温床)という世論⇒⇒林道や農道と並行している道路
 ・受益者負担の是非(一般財源化)を問う論議⇒⇒公団民営化による負債負担の縮小
 ・公共投資財源の縮小⇒⇒脆弱な道路構造,代替路線の未整備,環境対策の遅れ
 ・国際競争力の低下⇒⇒都市部における交通渋滞の蔓延化,物流基盤の脆さ
 ・地域間格差の是正⇒⇒地方部の寂れた中心市街地や隘路,観光産業の衰退
 ・生活者重視の視点(国民ニーズとの乖離)⇒⇒歩道が無い道路,開かずの踏切など

事例を踏まえて「真に必要な道路とは何か?」について意見を述べよ.
 「真に必要な道路」に対する自分の考えを述べたうえで,以下の基本的なキーワードを使い,具体策を書けばよい.具体策は,勉強していれば簡単なはずだ.
 なお,事例として挙げたものとリンクした「真に必要な道路」,この流れのほうが論理的に考えて評価は高い.設問でも「事例を踏まえて」と書かれているし.
 たとえば,脆弱な道路構造……という事例を挙げたのなら,「真に必要な道路」とは,利用者の生命を守る道路と私は考える,その具体策として,防災,減災,リダンダンシー,……単純化して書いたが,こんな感じでよいと思う.
 ちなみに,「真に必要な道路とは何か?」という問いに,満場一致の答えはない.だからこそ,『あなたの意見』を述べる設問になっているわけです.  
 ・費用便益分析,コスト縮減,交通需要予測,ICT,ITS
 ・事業評価,効率化,民間委託,役割分担
 ・高速道路,有効利用,直轄,整備手法,料金体系
 ・防災,減災,リダンダンシー,アセットマネジメント,沿道環境対策
 ・環状道路,バイパス,アクセス道路,ボトルネック,TDM,物流対策
 ・ローカルルール,シビルミニマム,地域資源,景観
 ・合意形成,官民協働,住民参加スキーム,ユニバーサルデザイン,立体化

 ざっと書いてみたが,論理的な流れさえできていれば,何を書いてもよいということだ.ただし,あなたの意見を述べよ,という問題文だから,自分の意見(独自性のある内容)をどこまで主張できたか,この点が大きな評価ポイントになるだろう.ありきたりな方策を並べて「おしまい」では,あなたの意見は述べられていない,と判断される可能性が高い.

 いろんな人の出来を聞いた状況から判断すると,事例として挙げたものとリンクした「真に必要な道路」,この流れになっていない人が非常に多い.そのため,必須問題の出来は似たり寄ったりだから,勝負の分かれ目は選択問題になるんじゃないか,と感じています.
 個人的には,一般財源化の議論や中期計画の策定が完結しない状況で,出題したのが間違いだと思う.来年出題すればよかったのに…….

道路科目 | 【2007-08-06(Mon) 21:10:51】
Trackback:(0) | Comments:(3)
お疲れさまでした.
 お疲れさまです.試験どうでしたか?
 
 ―総監―
 私の判断ミスでした.BCPそのものが出題されるとは思っていませんでした.青本に書かれていない内容を記述式のメインにすることはないだろう,その代わりに,危機管理マニュアルを出題するのではないか,という考えが裏目に出たようです.
 サプライズ的な出題はいいんだけど,メイン部分は青本から出題するのがルールじゃないかな……来年からは青本以外からも準備する必要性を痛感しました……どこまで手を広げるかという難題もありますが.

 言い訳になってしまうけど,BCPは,金融機関や医療機関,電力会社など,事業がストップしたらまずい業種が策定するものです.極端に言うと,建設会社やコンサルタントは【大規模事故や大規模自然災害時に,業務を継続する必要性がない】という考え方もあるわけです.常識的に考えて,こんな状況下で工事を続行(業務継続)するなんておかしいでしょ.逆に,銀行や病院はストップできないわけで……そうした解釈もあるBCPを出題するとは予想外でした……負惜しみだが.

 総監の問題文を提供していただいたバルさん,あれだけ大量な問題文のワープロ打ち,本当にありがとうございました.

 ―建設一般―
 地域活性化と技術継承が出題されたようです.技術継承は完全に予想外でした.地域活性化といっても,人口減少を踏まえた出題だったようですね.この内容なら,受講者さんは書けたと思います.何度も繰返し指摘した「独自性のあるもの」を書いてくれたはず.
 
 ―専門―
 共通がはずれ.というか【今年も】設問が大雑把なもの(真に必要な道路)だったようですね.このような大雑把な出題なら,流用すれば受講者さんは書けたはず.
 この問題は悩んでいる人が多いようなので,別記事にコメントします.

 選択では,維持管理を書いた受講者さんが多いのかな?この設問はほぼ想定問題どおりだったので,問題ないでしょう.切った貼ったは必要ですが,土工と景観も選択できたと思います.
 舗装は基本的な設問でしたね,受講者さんで選択するとすればSさんだけだろうな.
 渋滞メカニズムはお手上げだったと思う.無理してこれを選択する必要もないし.もし,私が受験していたら,これを選択したかな.

 建設部門の問題文を提供していただいたSさん,迅速な対応,本当にありがとうございました.Sさんでわかってくれるはず.

 とりあえずビールでも飲んで,筆記試験の疲れを癒してください.

―今日のことわざ―
寝る間が極楽
(去年と同じだが……)

出題予想 | 【2007-08-06(Mon) 18:45:28】
Trackback:(0) | Comments:(4)
いよいよ祭りだ!
 明日,受験地に出発する人もいるだろう.特に,総監を受験する人は,台風の動向に注意して,移動を早めにしておいたほうがよい.
 
 土曜日の総監部門,日曜日の建設部門,いよいよ切羽詰った状態となった.こうしてみると,案外1年間なんて早いもんだなと感じる.受講者の皆さんは,今まで苦労したこと?を思い出しながら,ラストスパートをかけてほしい.

 試験は,ある意味「祭り」だと思う.試験当日,なにが起こるかわからないし,ドキドキする感覚も似たようなもんである.とにかく,何事もポジティブに考えるのがよい.ネガティブ思考に,よい結果をもたらす効力はない.
CIMG09458
 祭りのあとは寂しくなるというが,今年度の技術士試験に,そんな余裕はないと覚悟しておこう.お盆休みには,提出論文の叩き台ぐらいは練っておきたい.お盆はゆっくり休みたいのなら,休み前に考えておきたい.酷なようだが,受講者の皆さんは,そのつもりで.

 泣いても笑っても,ここまで来たら「出たとこ勝負」という割切りも必要だ.今さら,あれもこれも出題されるんじゃないか,と手を広げすぎて体調不良になるよりも,「試験は祭り」ぐらいの楽観的な気構えで,今までの復習だけこなしておくのが吉だと思う.

 くれぐれも,受験票や筆記具なんかを忘れた,なんて無様なことは避けよう.祭りに行くぞと「はっぴ」を着て「はちまき」を忘れるようなもんである.受験という大事の前だからこそ,どんな小事にも油断をしてはいけない.

―今日のことわざ―
大事の前の小事


日々寸感 | 【2007-08-02(Thu) 17:31:47】
Trackback:(0) | Comments:(6)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター