何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2007年12月
デカップリングとリカップリング
 今日で仕事納めの人が多いんじゃないかな.この記事で年内のブログ収め?です. 
 最近,散々報道されたサブプライムローンによって米国経済が減速しても,欧州や新興国がそれを補い世界経済は好景気を持続できるというデカップリング(分離)論が浮上している.その反面,「米国がくしゃみをすれば,世界は風邪をひく」というリカップリング(連動)論を支持する人も多い.
 しばらく世界経済ニュースの主役は,デカップリングが可能かどうか,この話題になるだろう.なんでもかんでもアチャラ語で表現するのはどうかと思うが…….
 
 ちなみに,技術士筆記試験の勉強と実務は,デカップリングして考えるべきだと思う.当たり前だが,提出論文と実務についてはリカップリングして考えなければならない.
 筆記試験の出題内容は,はっきり言って実務と直結していない.つまり,実務さえ人一倍こなせば,試験で高得点が取れるわけではないのである.まず筆記試験に合格しないと提出論文を出せないんだから,実務と切り離して勉強対策を練るべきだと思う.

 これから二次試験の勉強を始めようとする人,あるいは,なかなか勉強が捗らない人は,試験勉強に対する心理的な障壁を取り払ってほしい.「自分には論文なんて書けないんじゃないか」とか「努力しても無駄に終わるのではないか」など,変な思い込みを持っている人が多いように感じる.
 もちろん,多忙な実務に没頭した自分に酔いしれて,それを言い訳にしてはいけない.みんな残業しているんだし,限られた時間のなかで勉強している.上述したように,筆記試験の勉強と実務はデカップリングして考えるべきだと思う.
 
 また,計画マニアになることも避けたい.何はともあれ,勉強を始めることが大切なはずなのに,「じっくり計画を立てないと勉強できない」とか「まだこの内容は自分には難しすぎる」など,これではいつまでたっても勉強は進まないだろう.すべてが自己責任の時代なんだから,保身のために技術士を取るんだ,という動機で十分だと思う.誰しも勉強する動機には事欠かないはずなんだけどなぁ.
 
 とにかく受験を決めたなら,『強制的に』勉強を始めよう.まず自分が始めなければ誰も助けてはくれない.勉強癖をつけるのは案外しんどいことだから,年末年始の休暇からスタートすることが肝心だ.
 
 リンクを新たに追加しました.
 平成19年度の受講者さんで,現在,口頭試験の結果待ち状態である「いなかものさん」の「技術士(道路)を目指そう!」です.合格に向けて有益な情報を発信するブログと銘打ってあるので,役に立つことを書いてくれるはず.ここにもプレッシャーをかけておこう.
 紹介ブログ:技術士(道路)を目指そう!
 
―受講者さんへの事務連絡―
 昨日の記事にも書きましたが,12月31日から1月4日までは休みを取る予定です.ですから,年内は12月28日までにメールを送っていただけると,年内の返信が可能かと思います.年明けは1月5日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2007-12-28(Fri) 14:57:03】
Trackback:(0) | Comments:(2)
飲酒事故と高齢者事故
 改正道交法の施行後3ヶ月間に発生した飲酒事故件数は,昨年の同時期に比べ約28%減少したらしい.やはり罰則強化は威力があるなぁ,と感じる.明け方に検問して微量のアルコール分でもキップを切るなど,飲酒検問のやり方には不満な点もあるが…….
 この好結果に便乗して,自転車のマナーが悪いんだったら,これも罰則強化すればよい.何かと若者を悪者に仕立て上げるマスコミだが,はっきり言って高齢者の交通マナーが一番悪い.

 ヨボヨボとハンドルを握っている姿を目にすると,このクルマからはなんとしても離れなければ,という危機意識が働くのは私だけではないはずだ.信号無視や急ブレーキ,方向器を点滅させずに右左折なんかは朝飯前だし,高速道路の逆走やブレーキとアクセルの踏み違えといった荒技もお茶の子さいさいだ.

 極端に言うと,65歳以上の高齢者の免許は強制的に取上げてもいいんじゃないか,と感じる.自主返納される良識的な高齢者があまりにも少ないからだ.わしらから免許をいきなり取上げるなんて,今の若年層だけがいい思いをするんじゃないか,という反論もあるだろう.でも,年金受給では,損得,逆の関係にあるんだし,誰でもいずれ高齢になる. 
CIMG09488
 身分証明として使うために免許を持ち続ける高齢者が多いけど,「運転経歴証明書」があれば代用できるはずだ.この証明書の存在を知らない高齢者が多いんだろうなぁ.
 もちろん,免許の強制返納は移動制約を伴うから,公共交通への依存度は高まるだろう.つまり,免許制度と交通網の両面から,高齢者が日常生活に不自由しない基盤づくりを進めることが重要なのである.
 縦割り行政だから仕方ないんだけど,国交省の施策は交通網の整備だけを取上げているから,民意が得られないんだと思う.免許制度とセットで白書に記述してはいかがか.
 
 綺麗ごとをタラタラ述べているだけでは,コンパクトシティやTDMなどの施策は,いつまでたっても進まないことは火を見るより明らかである.
 免許の強制的な返納に対して経済界は猛反発するだろうが,自動車の販売を重視するのなら,そもそも公共交通への転換なんてできないのである.そこんとこの整合性が取れていない綺麗ごとの論議が多すぎる.免許の強制的な返納という法整備をすれば,マイカー依存社会からの脱却ができるだろう.
 
―受講者さんへの事務連絡―
 先日も想定問題の配布時に案内しましたが,12月31日から1月4日までは休みを取る予定です.ですから,年内は12月28日までにメールを送っていただけると,年内の返信が可能かと思います.年明けは1月5日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

道路科目 | 【2007-12-27(Thu) 18:12:55】
Trackback:(0) | Comments:(2)
データを同期したいのだが……
 相変わらず実務に追われている.もう世間ではクリスマスムード一色だというのに,この仕事量,なんとかならんのか…….筆記合格された受講者さんの12月分の面接は終わったことだし,今日は息抜きとして,パソコン環境について愚痴ってみる.
  
 今までブラウザは「Internet Explorer」を我慢して使ってきたが,これはアカン……もう限界と思って「Mozilla Firefox」に変更した.IE7はすぐクラッシュするからIE6を使っていたけど,うちのパソコンだとFirefoxのほうが快適なようだ.

 メールソフトは「Office Outlook」と「Outlook Express」を使っていたんだけど,「Office Outlook」は動作がノロ過ぎるし,「Outlook Express」だと添付ファイルを保存しないまま添削してしまい,そのデータが消えてしまうということが度々あった.実際ハードディスクにはデータが残っていないのに,ワードで上書き保存できてしまうところが恐ろしい…….
 こんな不具合があったので,メールソフトも「Mozilla Thunderbird」に移行している最中だ.
CIMG09487
 一番頭を悩ましているのは,メールやワードなど,データファイルの『同期』をどうするか,という問題だ.パソコンを数台使っていると,どこに最新ファイルがあるのか,わからなくなる.

 それは君がサボっているだけじゃないか!新しくデータ更新する度にバックアップを取って,それをどのパソコンにも上書きすれば『同期』できるじゃないか,それが総合技術監理でいうところの情報管理じゃないのかね?という反論はごもっともだ.
 でも,こうした旧石器時代の方法だと時間や手間がアホみたいにかかるんだ……その時間がもったいないんだよなぁ……めんどくさいという側面も否定しないけど.
 
 当たり前の話だが,受講者さんは早い返信を望んでいる.それに応えるべく添削時間を確保するために,『同期』という単純作業は減らしたいのだ…….万能という言葉に期待して「万能Sync」という同期ソフトをUSBメモリに入れてたんだが,「Office Outlook」の『同期』はかなり無理があった.これは使えん……お金をドブに捨ててしまった,というのが正直な感想だ.
 
 受講者さんから着たメールと返信したメールは,その添付ファイルも含めて,どのパソコンからもGmailに転送しているんだけど,これは『同期』目的ではなく,あくまで二重的なバックアップだしなぁ……なんかよい方法はないんだろうか?
 クリスマスまでには『同期』をどうするか,方向付けしたいと思っているんだけど,多分年越しになるだろう.

―今日のことわざ―
猫の手も借りたい


日々寸感 | 【2007-12-20(Thu) 20:27:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
道路科目の面接に向けて
 12月16日は受講者さんたちの口頭面接日になっている.年内はこの日だけで,残りは1月だ.明日は東京に向けて出発すると思うので,道路特定財源について現時点の状況を簡単に書いておこう.ちなみに,地球温暖化(バリ会議)については記事を載せておくから,簡単でもいいので目を通しておきましょう.

 ・中期計画の総事業費は65兆円(道路整備費が60兆円,道路関連施策費5兆円以上)
 ・道路特定財源の暫定税率は現状のままで10年延長(2008年度与党税制改正大綱)

 くれぐれも与党内だけの話が出回っている段階なので【これらは最終決定されたものではない】.民主党がどういう姿勢で対応してくるか,このへんは時間がかかる話だから,今日明日で変化することはないと思う.CIMG09486

 国連の「気候変動枠組み条約第13回締約国会議(温暖化防止バリ会議)」は14日、京都議定書後の温室効果ガスの新たな削減枠組みを話し合う行程表(バリ・ロードマップ)について、議長のウィトゥラル・インドネシア国務相(環境担当)が新提案を出した。先進国の削減目標(20年に90年比25?40%減)の方向性を記した記述を削除した一方、先進国の役割について「気候変動との戦いを主導する」と明記した。数値目標の扱いを巡って対立してきた欧州連合(EU)と米国の妥協を目指す提案で、会議はロードマップ合意へ向け大きな転換点を迎えた。

 新提案は、すべての先進国が排出削減にかかわり、「その努力が比較できるようにする」と表記。途上国についても「資金や技術支援を元に持続可能な成長を維持しつつ、計測・報告可能な削減行動を行う」と規定した。「50年に00年比で半減以下にする」との表現は残し、世界の排出削減の方向を示した。

 米国は、これを歓迎する姿勢を示しているという。鴨下一郎環境相は「EUもギリギリ妥協ができる提案だ。私たちはこれをサポートしていく」と話す。
 会議は米国が13日深夜、各国の自主的な削減努力に任せるとの極端な逆提案をし、議論が混乱。合意へ向けて徹夜で新たな議長提案を模索していた。
「毎日jp(毎日新聞) 2007年12月14日」

 道路科目の口頭面接では「真に必要な道路」を聞かれる可能性が高い.筆記試験を受けたときは安倍政権(景観や観光重視:美しい国)だったが,今は福田政権(地方重視:暮らしに安心)である.このへん国民のニーズが変化していることも頭に入れておいたほうがよい.

 口頭面接を受ける受講者さんは,とにかく全力を尽くしてほしいと願う.
 
―受講者さんへの事務連絡―
明日(12/15)と明後日(12/16)は私用で添削時間が取れません.したがって,添削結果の送信は,週明け12月17日以降になると思います.ご迷惑をかけますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2007-12-14(Fri) 18:00:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本版SOX法からの逃避行
 とうとうIHIが監理ポストに入ったらしい.
 監理ポストとは「その銘柄が上場廃止となるおそれがある場合,その事実を投資者に周知させるために割当てるポスト」のことで,簡単に言うと,監理ポスト入りした銘柄には手を出すな,ということです.
 
 「業績は絶好調ですよ」と偽ってお金を集めたのは,さすがにまずい.これでは,老人をいい気持ちにさせておいて,ふとんを売りつける業者と変わらないような気がする.
 粉飾決算された可能性が高い決算書を「正しいもの」と信じたから,公募増資に応じて被害を被った投資家が存在するわけだ.いくら軍需企業だといっても,財務諸表の虚偽記載は上場廃止も視野に入るだろうな.

 ちなみに,既に上場廃止となったカネボウや西武鉄道も,財務諸表の虚偽記載で監理ポストに入った銘柄だった.日興コーディアルグループの件は,賛否両論あるだろうからコメントを控えておこう…….CIMG09485
 日本版SOX法が来年4月から施行される.このなかには,内部統制,リスクマネジメント,コンプライアンスが含まれる.こうして見ると,青本(技術士ハンドブック)の記述は,世間一般の認識と噛み合っていないかもしれない.極端に言えば,金融経済を無視したものが青本である.
 
 上場企業がSOX法に違反した場合,改善報告書の提出が求められる.これは,巷でよくある形だけの報告書ではなく,5年間で3度提出することになったら上場廃止という厳しいお仕置きが待っている.
 IHIの場合,海外プラント事業における原価算定の甘さが,SOX法の要求事項である「財務諸表の信頼性」に反する可能性がある.うがった見方をすれば,新法違反になるよりは,駆込み的な損失計上をしたんじゃなかろうか…….ほかの上場企業からも駆込み損失計上が出てくるかもしれない.
 
 そういえば,来年1月の大阪府知事選に橋下弁護士が出馬するらしい.大阪はタレントに対して厳しい評価を下すところだから,実際どうなるんだろうか?大阪府民は横山ノックで痛い目も見ているしなぁ……対立候補が共産党だけなら楽勝だろうけど.
 
―今日のことわざ―
藪に馬鍬


総合技術監理 | 【2007-12-12(Wed) 15:52:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
右往左往する道路事業費
 ここんとこ実務が忙しすぎる.添削のほうもボチボチ忙しくなってきた.それにしても忘年会はもっと暇な時期にならんのか……これで無駄な時間を費やしている……どげんかせんといかん.どんだけぇ?が大賞だと予想していたのに外してしまった.やっぱりオカマが使っているイメージが強すぎたか.
 
 予想を外したといえば,先日の記事で『5兆円は一般財源として社会福祉に役立ててください,ぐらい大見得を切ってもよかったのではないか.』と書いたが,削減は3兆円になりそうだ……なかなか予想は当たらないもんだ. 
 
 それにしても,建設部門の道路科目で面接を受ける人はたまらないだろうなぁ?.
 口頭試験の直前にバタバタするな!と言いたいところだろう.今年度の専門必須問題で出題されただけに,「中期計画」は何らかの形で質問される可能性が高い.面接日直前まで動向はチェックするように. 

 国交省が68兆円とした道路事業費を3兆円程度減らすことになりそうだ.
 つい先日の記事で書いたものを訂正しておくと,次のようになるらしい(変動する可能性あり).削減された後の総事業費は68-3=65兆円以上の内訳は,道路整備費65-5=60兆円,高速道路の料金値下げなど道路関連施策費3+2=5兆円以上になる.CIMG09484
 話はガラッと変わるけど,住宅ローンの変動金利タイプは返済額が5年ごとに見直されるが,その時に変動できる上限額は1.25倍までのルールを設けている場合が多い.たとえば,月々100,000円返済していたら,見直しされる返済額の上限は月々125,000円ということだ.
 私の友人もそうだったけど,これを勘違いしている人が多い……上限幅を持っているのは月々の返済額であって,金利の変動幅に制限はない.つまり,金利の変動幅の上限が1.25倍ではないのである.極端に言うと,借りたとき2.0%だった金利が5.0%になることもありうる.

 借入後半年で金利が0.5%上がれば,その日から返済額に占める利息の割合が増えることになる.この利息の割合が月々の返済額を超えたとき,未払利息が発生する. 未払利息の返済は元金より優先されるから,返済額は計算どおり1.25倍が限度だとしても,いつまで経っても元金が減らない可能性がある. 
   
 簡単に言えば,いくら払っても元金が減らないのである……どげんかせんといかん.金利が上昇すれば破綻する,ある意味,日本版サブプライムローンだ.
 
―事務連絡―
 論文添削の受講申込みは,建設部門(道路)と総監部門,どちらも11月末日で締切させていただきました.先着順だったので,お断りした人もいます.本当に申し訳ありませんでした.

道路科目 | 【2007-12-09(Sun) 18:43:48】
Trackback:(0) | Comments:(3)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター