何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2008年07月
いよいよ「祭り」だ!
 土曜日の総監部門,日曜日の建設部門,いよいよ切羽詰った状態となった.毎年感じることだけど,ほんと1年間は早い.今さら不安になっても仕方ないし,誰だって似たようなプレッシャーはあるんだから,「やるだけやったんだから,あとは出たとこ勝負でいくぜ!」という思い切りの良さも必要だと思う.
 筆記試験直前の記事は,今年も昨年と同じ画像を使ってみた.やっぱり技術士試験は「祭り」がふさわしいなぁ?,と勝手に考えている.当日何が起こるかわからないし,夏場に試験があるという要素も見逃せない.

 今日,イチローが日米通算3000安打を達成した.「プロフェッショナル 仕事の流儀」でプロフェッショナルとは?と聞かれて,「ファンを圧倒し,選手を圧倒し,圧倒的な結果を残す」とイチローは答えている.添削の受講者さんは,「採点者を圧倒し,他の受験者を圧倒し,圧倒的な結果を残す」,これぐらいの気持ちで試験に望んでほしい.
 おいおい,えらく大きく出たなぁ?と言われるかもしれないが,これぐらいの意気込みでちょうどよいと思う.筆記試験は,みんなで仲良く語らう場ではなく,他人に勝つか負けるか,受かるか落ちるか,の真剣勝負になるんだから,自分なりのプロ意識を燃やせ!
CIMG09458
 ついでになるが,「自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか.それを実践してきた自分がいること,継続できたこと,そこに誇りを持つべきだ」,これもイチロー語録らしい.これって,家庭を顧みず?苦労して進めてきた技術士試験の勉強にも当てはまるんじゃないかな.
 それにしても,イチローは同年代(かなり無理があるか?)なのに,すでに言ってることは神の領域やなぁ?.
 
 まー,何かと考えることが多い試験なので,試験当日の心得としては「自分が冷静な状態でいられるかどうか」を重視しておけばよいと思う.人それぞれ性格や境遇は異なるので,落着くための対策に万人共通の手段なんてない.自分のやり方がベストと感じれば,それで十分だし,験(げん)を担ぐのもひとつの手段だと思う.

 気がつけばイチローの話ばっかりになったようだ…….とにかく,このブログを見ている皆さんの健闘を期待しております(当たり前だが受講者さんは特に).
 自分がやってきたことに自信を持って,最後まであきらめずに頑張ってください.最後まであきらめずに頑張ってください.大事なことだから2回言いましたよ.

―今日のことわざ―
精神一到何事か成らざらん


日々寸感 | 【2008-07-30(Wed) 18:26:50】
Trackback:(0) | Comments:(8)
ワークスタディバランス?
 岩手で震度6強の地震があったようだけど,試験直前なので情報記事に対するコメントは控えておこう.くどいようだけど,今さら新たな情報を取込む必要はない.ということで,今日はちょっと息抜き的なものを掲載しよう.
 災害復旧に携わる人は無理をしないよう,体調管理に気をつけてください.
 
 このブログを見ている人は,建設業界の勤務が大半だと思う.私も仕事柄いろんな人と付き合いがあるけど,この業界で,仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実践できている人は皆無じゃないかなぁ?.
 長時間勤務(サービス残業と言ったほうがいいかな?)による力仕事が蔓延しているとは言っても,悲しいかな,仕事が安定しないと生活は成り立たないわけです.記事では「仕事を優先したい」という回答が5.3%と少ないようだけど,この数字は単なる現実逃避のような気がする.

 内閣府は24日、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)に関する世論調査の結果を発表した。「ワークライフバランス」という言葉について「名前も内容も知らない」との回答が60.1%、「名前は聞いたことがあるが内容までは知らない」が26.6%に上った。「名前も内容も知っている」は9.8%で、政府や企業の運動が浸透していない現状が浮き彫りになった。
 調査は6月12日から22日にかけて全国の成人男女3000人を対象に面接方式で実施。有効回収率は61.3%。

 仕事、家庭生活、地域・個人生活の選択肢のうち「仕事を優先したい」との回答は5.3%。昨年8月調査の11.2%から半減した。
 「NIKKEI NET(BIZ PLUS) 2008年7月25日」

 技術士を受験する人の多くが,技術士を取らないと仕事が安定しないと考えているわけです(官民問わず,その傾向が強い).だったら,ワークライフバランスの前に,仕事と勉強の調和(ワークスタディバランス?)を確立させることが優先課題だと思う. 
 しんどいのは百も承知だけど,誰もが同じ境遇なんだから,過酷な時代になったこと(現実)から自分だけ逃避してはいけない.この業界で生き残っていくつもりなら,自分自身に渇を入れるしかない.

 今年の試験は勉強不足になってしまったなぁ?,と感じている人は,反省すべきことが多々あるとは思う.だけど,今は反省を後回しにして,とにかく残りの日数だけでも精一杯頑張ってください.

―今日のことわざ―
人跡繁ければ山も窪む


日々寸感 | 【2008-07-25(Fri) 12:40:03】
Trackback:(0) | Comments:(2)
やめることを決める時期
 受講者さんから送られてくる追い込みの論文を添削したり,ここんとこ業務がバタバタしていたので,ブログの更新が滞ってしまいました.目新しい時事的な動きも無かったし……言い訳かもしれないが…….
 明日から3連休の人が多いと思うので,遊びはちょっとガマンして論文を暗記したり,想定外の設問に対するイメージトレーニングをしておきましょう.これが最後の大型?連休だと思うので.
 
 もう手元に受験票が届いたはずですね.受講者さんから聞いたんですが,受験番号から推測すると,建設部門の道路科目は受験者が大幅に増えている?らしいです.総監部門は例年通りかな? 
 技術士の筆記試験は,表向きすべてA評価になれば合格となっていますが,実際は筆記合格者の数を調整しているんだから,ライバルを蹴落とさないといけないわけです.みんなで仲良く合格!ってわけにはいかないところが悩ましい.
 単純に考えて,ライバルが増えるということは,それだけ筆記合格は狭き門になるということですから,褌を締め直してください(女性の方には失礼な表現ですが……).CIMG09509 
 毎年言ってることですが,ここまできたら,新しい情報を仕入れる必要はないと思います.それよりも,これまで自分の頭の中に溜めてきた情報(あるいは作成した論文)を整理したほうが『得』でしょう.損得勘定だけで物事を判断するのは好きじゃないんですが,試験直前ぐらいは許されるはず…….
 
 これが難しいんだけど,泣いても笑っても残り2週間ですから,「やめること」を決めるべき時期だと思います(踏ん切りが必要ですが).あれもこれもと「やること」ばっかり考えても,時間が足りないのは明らかです.この点は誰しも頭では理解しているはずですから,もっと自分の気持ちに素直になって「やめること」を決めてください.自分の決断を信じましょう.
  
 なーんか自己啓発の記事になっちゃったけど,この時期はややこしいことより,精神的なモチベーションを向上させるのが大事かなと感じています.

―今日のことわざ―
利は天より来たらず


日々寸感 | 【2008-07-18(Fri) 12:21:47】
Trackback:(0) | Comments:(2)
不確実性への対応
 サミットは拍子抜けだったので,すでに作っている(であろう)論文の方向転換は不要です.米国や英国のマスコミが茶化しているように,過剰な警備に使う税金を景気対策や年金に回すべきだったとか,高級食材をガツガツ食いながら食糧問題を議論しても笑い話だとか,今後しばらく野次も出てくるだろうなぁ?.
 
 G8首脳宣言では,2050年までに温室効果ガスを50%削減する長期目標(半減目標)について「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の全締約国と共有し,採択することを求める」ことで合意したらしい.昨年のサミットで半減目標を「真剣に検討」で合意したから,形式上は,今回「共有」に格上げさせたことになる……簡単に言うと「ややこしい話は先送りしましたよ」ということかな.

 結局,半減に積極的な欧州(やはりドイツが筆頭か?)と,中国やインドなどを巻き込まずに半減はできないと言い張る米国,両者の対立が浮彫りになっただけですね.
 各国それぞれ思惑があってG8(8カ国)でさえまとまらないのに,16カ国の主要経済国会合(MEM)で合意なんて夢話だよなぁ?.建設業界で例えるとわかりやすい.地元説明会のキーマン(いちゃもんを付ける人)が増えて,合意形成がスムーズになるわけないやろ…….

 米国や日本、欧州連合(EU)など先進国に、中国やインドなど温室効果ガス排出量が多い発展途上国などの招待国を加えた16カ国が参加する「主要経済国会合(MEM)」の首脳会合が9日、主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に合わせて開かれ、首脳宣言を発表して閉幕した。だが、最大の焦点だった排出削減の長期目標の数値は盛り込めなかった。

 「2050年に世界の排出量を半減させる」との長期目標を世界と共有するとの8日のサミットでの合意を受け、主要国はMEMで目標への合意を呼び掛けた。だが、先進国の率先行動を求める途上国との溝は埋まらず、宣言は「公平性を考慮し、長期目標を設定することが望ましいと確信する」「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の野心的な(複数の)シナリオを真剣に考慮することを求める」などの弱い表現にとどまった。

 MEM創設を提唱したブッシュ米大統領は、サミットよりも、新興国も参加するMEMでの長期目標設定を重視してきたが、その思惑は外れた形。
 「共同通信 2008年7月9日」

CIMG09508
 今回のサミットでも言及されていたけど,最近やたらと不確実性(uncertainty)が流行っている.あそこにもここにも不確実性がオンパレード…….大雑把に言うと,将来起こることが予測できるものをリスク,そうでないものを不確実性とする傾向にあるようだ.
 リスクと表現したら後々厄介だから,なんでもかんでも不確実性で済ませているような気がする…….まー,それは愛嬌として,不確実性が高い問題に対しては,柔軟性に優れた戦略で対応するのがセオリーになる. 
 
 (ちょっと強引かもしれないが)論文形式の技術士試験も不確実性が高い.こうした試験に対して,できるかぎり柔軟性を高めようとする戦略は基本的に正しい.
 つまり,棒読み状態の丸暗記で勉強をやりきった気分になるのではなく,暗記したパーツを柔軟に使いこなす訓練,こっちも並行して進めるのが得策ということ.もちろん,パーツを暗記せずに使えるわけがない……そんな虫のいい話,これこそ夢話です.

―今日のことわざ―
無い袖は振れない


建設一般 | 【2008-07-09(Wed) 18:37:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
出題されそうな話題
 いきなりタイトルに反することを言うようだが,建設部門と違って総監部門の出題予想は,あまり意味がないというか,今さらジタバタしても仕方ないと思う.そもそも総監部門の場合,予想が的中したとしても,総監の考え方ができていなければ評価点は伸びない.

 当たり前だが,総監部門の受験者は,すでに技術士なので,文章作法の「てにをは」はできている.そうした集合のなかで,記述式の合否を決する要素は何か?それは,総監の考え方が定着しているかどうか,これに尽きると思う.筆記試験としての合否判定は,択一式の出来が大きく左右することになるけど…….

 総監部門の場合,建設部門のように,他の受験者との差別化を意識した独自性(ある意味,水平思考とも言えるかな?)は重視しなくてよいと思う.それよりも,所属する組織や使える資源など,与えられた条件(制約条件)下での垂直思考(論理的思考や分析的思考)が的確かどうか,こっちに主眼を置くべきだと思う.CIMG09507
 まー,ややこしい話は抜きにして,出題されそうな時事的話題というかキーワードを,何個か羅列しておこう.論文添削の受講者さんには,すでに想定問題として配布してあるものばかりですし,キーワード程度で,受講者さんが不利益を被るようなことはないでしょう. 

 ・企業の社会的責任(CSR)……企業統治や内部統制も含むと解釈すればよい.
 ・リスクマネジメントや危機管理……毎度だから多くを語る必要はないでしょう.
 ・コンプライアンスや企業倫理……いろんな偽装問題がありましたねぇ.
 ・プロジェクトマネジメント(PMBOK)……BABOKは不要だと思います.
 ・クリティカルチェーンプロジェクト管理(CCPM)……TOCも忘れずに.

 くれぐれも総監部門の場合,出題予想が的中するかしないか,は大きな問題ではない.的中するに越したことはないが,設問内容まで当てることは不可能だと思う.当たった外れたよりも,受験者に総監の考え方が定着しているかどうか,がポイントになる.

 総監部門の論文添削では,多様な想定問題の数をこなして総監の考え方を定着させる,この点を重視してきた……つもりです.数多くの問題をこなせばわかることだけど,各々の受験者が抱えている制約条件は不変だから,5つの管理項目における課題や解決策は金太郎飴みたいになる.
 金太郎飴だなぁ?と感じる領域に達すれば,記述式はバッチリだ.あとは,択一式の取りこぼしが無いよう,過去問や青本のキーワードを念入りに復習すればよい.

―今日のことわざ―
言うは易く行うは難し


総合技術監理 | 【2008-07-05(Sat) 10:55:44】
Trackback:(0) | Comments:(2)
環境行動計画2008
 この業界にいるから景気のいい話はまったく聞かないが,いよいよ筆記試験まで1ヶ月を切りました……ケツに火がついた状態ですね.思うように覚えることができなくてイライラする時期でしょうが,あと少し気合を入れて頑張ってください.今時,精神論を持ち出すのは敬遠されるかもしれませんが,試験直前ぐらいは奮起することも大事だと思います.
 
 国土交通省が「環境行動計画2008」を公表しました.白書よりは読みやすいというか,施策がまとまっているので,復習として一読しておくべきだと思います.サブタイトルで書かれている「地球環境時代に対応したくらしづくり」に資する社会資本整備のあり方,なんて設問もイメージしておけばいいんじゃないかな.
 ちなみに,地球温暖化関連の設問に対する準備をせず,それで試験会場に向かう人は,素っ裸で街中を歩くようなもんですよ…….

 国土交通省は2日、地球温暖化対策などで今後5年間に取り組む政策の大綱となる「環境行動計画」を改定した。温室効果ガスの排出量を1990年度より6%減らす京都議定書の目標達成に向け、集約型のまちづくりや低公害車普及などを進めるのが柱だ。

 まちづくりでは「低炭素型の都市・地域づくり」を目指すとした。具体的には官公庁や病院、デパートなどの都市機能を集約して徒歩や公共交通機関だけで移動できるような都市づくりを進める。これによって中心市街地の活性化や高齢者の生活を便利にすることにも役立つとした。
 低公害車普及では、低公害車を購入するバスやトラック事業者への補助や税制優遇措置を続けるほか、燃料電池バスなど次世代低公害車の開発・実用化を促進するとしている。

 行動計画は2004年に初めて策定され、3月に閣議決定された京都議定書目標達成計画に沿って改定された。
 「NIKKEI NET(日経エコロミー)2008年7月2日」

 話は変わるけど,日経平均株価が43年ぶりに10日連続下落という「お寒い」状況にある.いくらなんでも,今日ぐらいは無理矢理プラス引けさせる気はするが…….単純に考えればわかることだけど,給料が伸びない日本で,こんなに幅広く物価が上がったら,景気がよくなるわけない.

 物価高の起因となっているWTI原油先物価格は,相変らず暴れまわっている.ゴールドマン・サックスが原油価格は向こう2年間で1バレル=200ドルまで上昇する可能性を指摘したようだし……いい加減にしてくれ.
 ここまで来たら1バレル=150ドルは確定だろうなぁ.そこで達成感から暴落してくれればいいんだが,アメリカが利上げに転じない限り,暴落を望むのは難しいかもしれない.ガソリン代も痛いんだけど,冬場の灯油代をどうしようか頭を悩ましている.

 参考ホームぺージ:「環境行動計画2008」の策定について

―今日のことわざ―
石に立つ矢


建設一般 | 【2008-07-03(Thu) 13:27:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター