何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2008年08月
リンクのブルース
 ひさしぶりに,リンクを張っているブログの紹介をしておきます.筆記試験が終って,ぼちぼちと更新を始めたブログが増えてきたので,息抜きがてら覗いてみてください.
 リンク箇所のSUKIYAKI塾から下のブログを紹介しておきます.専門とする分野は違えど,全員,優秀な技術士だと思っています.ちなみに,皆さんこれまでの添削受講者さんですが,ブログを見て分かるように十人十色です……それが面白いのだが.

橋梁技術者バルのブログ
 総合技術監理部門,建設部門(鋼構造及びコンクリート)の技術士で,プレストレストコンクリートが専門の「バルさん」のブログです.記事の中には,総監の口頭再現なんかもあったと思うので,今年準備される人は目を通しておきましょう……さりげなく参考になるポイントがあるんだよなぁ.

P.E.Jp Noah's Blog
 建設部門(鋼構造及びコンクリート)の技術士で,鋼構造が専門の「Noahさん」のブログです.最近,急速に記事が更新されはじめています.このブログは視点が面白いというか,頭を柔軟にする記事が書かれています.掲載画像が綺麗なブログなので,特に写真好きの人は覗いてみてください.

技術士(建設@道路)の日記
 建設部門(道路)の技術士で,道路計画が専門の「よっしー1号さん」のブログです.旧態的なコンサルという社内環境に苦労されているようですが,それにもめげず何とか頑張っているようです.愚痴ばっかりと本人は書いていますが,参考になる記事もあるので探してみてください.

こうへいのちちの日記
 建設部門(鋼構造及びコンクリート)の技術士で,建築構造が専門の「こうへいのちちさん」のブログです.最近,総監択一対策の記事を掲載されはじめたので,来年度受験される方は目を通しておきましょう.自身が使われた書籍のコメントも書かれていて,択一で苦慮している受験者には実用的な内容になっています.

技術士(道路)を目指そう!
 建設部門(道路)の技術士で,道路設計が専門の「いなかものさん」のブログです.過去問の研究や自身の体験など,熱心な記事が受験者には参考になるはず.ときどき熱さ余って過激な発言もありますが,それがこのブログのよいアクセントだし,何かと苦境の今こそ熱意が必要なのではないかと思っています.

 添削受講者さんに限らず,私が運営しているこのブログはリンクフリーです(紹介したブログについては各自で問い合わせてみてください).もちろん,技術士であろうと受験者であろうと関係ありません.
 
 犬井ヒロシ風に言うと,「リンクのブルース」になるのかな?(かなり強引な話の展開だが)
 リンクのブルース,リンクのブルース,聞いてくれぇ.
 あきらかに自分のところより閲覧者が多いページから「このブログはリンクフリーですか?」と問合せがあったときの話やけど,……「あー,ええよ」って負けじと器の大きさを見せつける返事をするのか,……それとも,本心では受け入れたくてたまんないのに「あっ,ゴメン」と強がってワイルドな自分をアピールするのかは……自由だぁぁぁぁぁぁ!
 リンク is freedom……サンキュー!! でも,技術士と関係のないページはご勘弁やで.

 フィクション仕立ての「リンクのブルース」のおかげで話がややこしくなったようだ.繰返しておきますが,技術士に何らかの関係がある方なら,このブログはリンクフリーです.勘違いされそうなら「リンクのブルース」なんて入れるなよ,という突っ込みは勘弁してください.

日々寸感 | 【2008-08-28(Thu) 20:14:16】
Trackback:(0) | Comments:(7)
野球との相関(総監)関係
 筆記試験が終って日が浅いので,まだ堅苦しい話題は避けておこう.
 しばらく星野JAPANに対するブーイングが続くと思うが,「たまたまこの期間だけ調子が悪かったと思っている.日本の野球はこんなもんじゃない.」 という監督のコメントはまずい. 
 「結果がすべて」の厳しい社会時勢において,たまたまは通用しない.技術士試験でも「たまたま筆記試験日だけ調子が悪かったと思っている.(筆記試験の出来は悪かったが,)私の実力はこんなもんじゃない.」という言い訳は通らない.明らかに準備不足(自分の怠慢)の場合でも,この論理なら何とでも講釈を垂れることができるから.

 青本を読んで頭を抱え込んでいる受験者は,もっと身近な例えで総監部門の立場を把握したほうが楽だと思う.経営者の立場に立つという考え方もあるが,スポーツの監督という立場のほうがイメージしやすいのではないか,と感じる.かなり強引な例示かもしれないが,自分にとって分かりやすい形で認識すれば,それだけ総監技術が身近なものになる.

 総監部門と建設部門の違いを乱暴に言えば,一歩引いた立場で試合を見る星野監督が総監部門,個々の専門技術で試合する選手が建設部門になる.審判によるストライクゾーンの違いやアウェイでの短期決戦という制約条件下で,選手というリソースを上手く使いこなして結果を残せるか,これが監督の力量(総監部門の視点)だと思う.
 たとえば,攻撃力と守備力はトレードオフの関係になりやすい.好投を続けている投手への代打なんかは典型的なものになる.また,星野JAPANのように,内野手が多く外野手が少ないという偏った資源配分で勝負すればどうなるのか,結果は見ての通りである.資源配分の最適化は総監でも基本の技術である. 
CIMG09514 
 私は野球に詳しいわけではないし,(阪神ファンだから)星野監督は嫌いじゃないけど,今回の采配は「えーっ!この場面でその選手は無いだろ?」という場面が多かったように思う.
 選手のコンディションを考えずに,お気に入りの選手を優先的に出場させたような気が……人的資源管理の失敗か?GG佐○のポロリ連発には唖然としたし,出れば打たれる○瀬を連投させる采配もきつかった……総監技術に私情は不要という典型例である.

 来年3月にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)がある.個人的には,こんなオーダーを期待しているが,問題は監督か……短期決戦なら落合が無難かもしれんなぁ.
 1.イチロー(RF)
 2.西岡(2B・SS)
 3.福留(LF)
 4.松井秀:松中(DH)
 5.城島(C) 
 6.小笠原(1B)
 7.岩村(3B)
 8.川崎:松井稼(2B・SS)
 9.青木(CF)
 ピッチャーは数が多いからよくわからないけど,松坂,ダルビッシュ,和田,杉内,岩隈,黒田,大塚,岡島,斉藤隆,なんかメジャーばっかりになったなぁ.抑えが少ないか? 
 結局,野球の話が中心になってしまったようだ……これも愛嬌ということで.来月あたりから徐々に堅苦しい話題も取上げるようにしよう.

―今日のことわざ―
口では大阪の城も建つ


総合技術監理 | 【2008-08-24(Sun) 13:10:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
柔軟な見方を
 先週末から平成21年(来年)度の受験に向けた添削の申込みを開始しました.正直なところ,申込みはほとんど無いだろうと思っていたんだけど,予想に反した状況になっています.こんな早い時期から需要があるなんて完全に想定外でした.固定観念を持ってはいかんなぁ?と反省しております.

 固定観念と言えば,以前ブログで紹介した酷道をゆくの続編が出版されるのも考えていなかった.酷道走行映像DVDも観たんだけど,音声の無いDVDはきつかった……マニアにはたまらんのかもしれんが.せめてナレーションを所ジョージあたりがすれば,それなりに面白くなるかもしれない.所ジョージなら世田谷ベースのノリでやってくれるかも……ギャラが合わないからダメか.
CIMG09512
 Amazon:酷道をゆく2 (イカロスMOOK)
 いくらお盆明け早々とはいえ,さすがに酷道の紹介だけで道路科目としての記事を終わらせてはまずい.そこで,もうひとつ頭を柔らかくする話題でも.

 英ロータスエンジニアリングが,電気自動車やハイブリッドカー向けに車外騒音発生装置『セーフ&サウンド』を開発したらしい.これは何かと言うと,プリウスのような低騒音車だと危ないから,リアルなエンジンサウンドで(!)低騒音車が走行中であることを周囲に認知させるものらしい.
 道路行政は騒音低下が至上命題だし,せっかく自動車メーカーも静かな車を造ったのに……リアルなエンジンサウンドとは……本末転倒じゃないか?

 これまでは「エンジン音」がしているから車が近づいている,という固定観念があった.しかし,プリウスのような低騒音車が低速で電気走行するとき,車外に音はほとんど発生しない.そのため,障害者や耳が遠くなった高齢者が歩行しているとき,低騒音車の接近に気づかない可能性がある.
 こうした問題はかなり前から指摘されていたのだが,まさか車外騒音発生装置を本気で開発するとは思わなかった.結局,低騒音車の『最低』騒音レベルを法律で決めて,自動車メーカーに義務付けするしかないのか……なんのためのエコカーなんだろう.

 言うまでも無く,温室効果ガスの削減にはエコカーが有効,と頭ごなしに決め付けている人は多いと思う.また,ユニバーサルデザインがどうのこうのと言いながら,(障害者や高齢者に対して危険かもしれない)エコカーの普及促進は万能薬,という考えの人もいるだろう.こうした考えの落とし穴は,ひとつの側面では正論であっても,ほかの側面では過ちかもしれないことです.
 まー,どんな技術にも良い面と悪い面があるわけで,こんな矛盾を抱えているのが現実社会なんだし,矛盾を解消していくのが技術の進歩だと思う.

―今日のことわざ―
石が流れて木の葉が沈む


道路科目 | 【2008-08-19(Tue) 21:21:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
有意義な休みを
 先日も連絡しましたが,明日8/13から8/16まで帰省するので,メールへの返事や添削はできないと思います.ご迷惑をおかけしますが,よろしくお願いします.
 受講者の皆さんは,技術的体験論文のネタを見直すとか,お盆ぐらいは思いっきり息抜きをするとか,家族サービスに徹するとか,なんでもいいので,休み明けに振り返ったとき有意義だったなぁ?という過ごし方をしてください.

 私自身,いまどきドコにいてもネットができる環境なんだけど,あえて日常から離れてみるのもいいかなと思っています.できれば携帯電話も切っておきたい……あんな小さな画面でテレビ(ワンセグ)を見る感覚がいまだに分からん……そこまでして見たい番組があるか?
 たまには,自然のなかで自由気ままに過ごして英気を養うことも必要かなと.仙人みたいな考えだが,パソコンから離れることによって,初めて新たな視点が見つかることもある(かもしれない).

 それにしても北京オリンピックの北島はすごかった.決勝でのペース配分は絶妙だったらしい.だが,解説者の意見を聞いただけで,オーッと納得してはいけない.なんでもそうだけど,自分が納得するためには,自分で体感することが大切じゃないかな?
 私は泳ぎに行くつもりだ……お盆だからプールしかないか……海がいいんだけどな.なんか気持ち的には張切っているけど,ペース配分なんて無理な注文だから,ぼけ?っと浮かんでいるだけの時間が大半だと思う.それでも水が体感できればいいか.

 休み前でテンションが高く,まったく収拾の付かない記事となったが,お盆休みの間にブログにエッチなコメントが付かないことを祈っている……こればっかりはどうにもならん.

―今日のことわざ―
机上の空論


日々寸感 | 【2008-08-12(Tue) 21:53:11】
Trackback:(0) | Comments:(2)
添削申込みに対するお願い
 今日は記事ではなく,お願いになります.筆記試験日の翌日以降,平成21年(来年)度の受験に向けた添削申込みが何通か届いています.平成20年(今年)度の添削締切が11月と早かったので,その反動が出ているようです……昨年受講したかったけど,すでに締切だったから今年は早めに申込みしたいとのこと. 
 正直なところ,先日筆記試験が終ったばかりで,まだ平成21年(来年)度の受験に向けた準備はできていません……申し訳ない.
 
 「暇な時期に少しでも勉強を進めておきたい」,あるいは「やる気になっている今こそスタートを切りたい」という受験者の気持ちは理解できるし,こうした前向きな心構えは素晴らしいことだと思います……「鉄は熱いうちに打て」ということでしょうね.もちろん,この気持ちを持続させるのが大事です.
 ほんと1年間なんて案外あっという間に過ぎてしまうんだよなぁ……毎年感じることだけど,みんながボーっとしている時期こそ差をつけるチャンスなのでしょう.
 
 すでにメールを頂いている方には個別で返信していますが,平成21年(来年)度の受験に向けた添削の申込みは,お盆休み明けの8月16日(土曜日)から正式に開始します.ですから,それまで受講申込みは今しばらくお待ちください(何卒よろしくお願いします).昨年は添削締切が11月と早かった(あまりにも早すぎた?)ので,そのへんの対応をどうするか,についてはボチボチ考えさせてください.
 
 なお,平成20年(今年)度の受講者さんへの対応(提出論文の添削や口頭試験の準備)がありますから,それらとのバランスを考え,想定問題の配布は9月中旬?下旬頃からスタートしたいと思います.
 想定問題の配布時期までは,建設部門の場合,「制覇する道標」という技術士論文の基本的な書き方をまとめたファイルを送るので,これを熟読することになると思います.総監部門の場合は,青本や技術士ハンドブックを読んで大まかな流れをつかむのが有効だと思います.
 
―受講者の皆さんへ―
 先日も連絡しましたが,来週8/13?8/16は帰省するので,メールへの返事や添削はできないと思います.ご迷惑をおかけしますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2008-08-09(Sat) 09:32:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
「祭り」の仕舞い
 受講者さんからの報告が続いているので,なかなか休む暇がない……試験前に「祭り」と銘打ったので,一応仕舞いとして,現時点で把握している添削講座の状況を書いておこう.受講者さんの多くが,ほかの人の出来を気にしているようだし.
 
 総監部門の受講者さんの多くは,想定問題として用意したプロジェクトマネジメントとリスクマネジメント,これらを組み合わせて(あるいは単独で)記述されていました.マジメに取組まれた受講者さんなら,及第点に達していると思います.ちなみに,択一は指導していないんだけど,60点以上キープした人もいれば,サッパリだった人もおられました……明暗が分かれちゃったようです.

 添削講座としては,今年の問題文のような組合せも考えながら,想定問題を練る必要があるなぁ?,と感じています.総監部門の添削では,総監の頭へ切替える指導を優先しているけど,想定問題が当たるに越したことはないので.
CIMG09510
 建設部門では,午前中のアセットマネジメントで,想定問題として用意した社会資本のリニューアルと道路橋の維持管理,これらを使っちゃった受講者さんが多かった.選択肢としては間違っていないので,あとは,いかに設問趣旨に沿った流用ができたか,が評価の分かれ目だろうなぁ.(相対的な評価だから)他の受験者がどの程度できたか,これも気になるところです.

 多くの受講者さんが専門必須に苦心したようです.その反面,想定問題として用意した技術者倫理(データ改ざん・耐震偽装)やプライオリティの明確化,これらのパーツをいとも簡単に流用した受講者さんもおられました.
 技術者倫理(データ改ざん・耐震偽装)という想定問題を捨ててしまった(準備しなかった)受講者さんが多かったのは痛手でした……これを用意しておけば,ずいぶん結果は変わったものになったかもしれない……明暗が分かれちゃったようです.
 専門選択は想定問題どおりだったので,困った受講者さんはいないようです.

 添削講座としては,今まで以上にイメージトレーニングの重要性を感じました.午前と午後の設問が類似した場合,柔軟に考えることができないと手詰まりになっちゃうので…….もっと早い段階で想定問題の作成は完了させて,イメージトレーニングの指導をしなきゃいけないなぁ,と考えているところです.

―受講者の皆さんへ―
 今後のスケジュールとしては,今週末ぐらいに,技術的体験論文に関する案内をメールする予定です……お盆休みにでも構想を練ってもらおうかなと.
 当たり前ですが,全員に送信するので,筆記試験がサッパリだったなぁ?と自覚している受講者さんにも届きます.私としては,技術的体験論文を準備するか,今年はキッパリあきらめて来年に向けてボチボチ始動するか,このへんの判断は各自に任せたいと思います.
 まだ頭がヒートアップしている状態だと思うので,とりあえず一息してください.

日々寸感 | 【2008-08-05(Tue) 21:53:35】
Trackback:(0) | Comments:(3)
必須問題の簡単なまとめ
 今年も必須問題で戸惑った人が多いようですね.昨年に続いて,問題文の解釈がきわどいなぁ?.
 『コスト抑制が強く求められる一方,社会資本として本来備えるべき品質も確保される必要がある.道路分野における品質確保を取り巻く現状と課題を述べるとともに,品質を確保する上で重要と考える方策を2つ挙げ,それぞれについてその具体的内容と今後のあり方について,あなたの考えを述べよ.』

 まず,問題文を読んで最初に感じたことは,社会資本として本来備えるべき品質とは何か?この品質の捉え方によって,解答が大きく変わるということです.この品質を,新たに造る道路の品質と解釈するのか,いやいや,既存ストックの品質と考えるのか,どっちにも取れる設問ですね.
 ちなみに,躯体となるコンクリートや鋼材製品の良し悪しはもちろん,道路としての耐久性や安全性も「社会資本として本来備えるべき品質」に含まれると解釈してよいと思う.このへんは感覚的なものになるけど,快適性や円滑性なんかは微妙なところだし,景観や環境的な側面を品質と解釈するのはアウトだと思う.
 つまり,品質の定義というか,自分は何を品質と考えて記述するのか,この点を採点者に対して明確に示す必要がある.そうしないと,この受験者は何の品質のことを書いてるんだ?と採点者は感じてしまいます.
 
 つぎに,(自分が定義した)品質を確保する上で,なぜその方策を重要と考えたのか,その理由が論理(現状や課題との整合性)立てて記述されているかどうか,が最大のヤマ場になります.ちなみに,ひとつ目の方策を新たに造る道路の品質,ふたつ目の方策を既存ストックの品質,こういった書き方は好ましくないと思う.
 あと,ここで注意しなきゃいけないのは,問題文中の『コスト抑制が強く求められる』という文言を無視しないことです.簡単に言うと,お金をかけずに品質確保できる方策,それが重要な方策です.

 ざっと書いてみたけど,社会資本として本来備えるべき品質の捉え方によって,こんなふうに重要と考える方策(キーワードだけ羅列)は変わってきます.
 ●新たに造る道路の品質と考えた場合⇒品確法,入札制度改革(総合評価やCM・VEなど),性能設計,企業倫理,検査体制(評価や試験方法など),審査制度(クロスチェックや法整備など),こんな感じの方策になると思います.
 ●既存ストックの品質と考えた場合⇒点検技術の高度化,予防保全的な維持管理,アセットマネジメント……,このへんは当たり前として,プライオリティの明確化(選択と集中),リダンダンシーの確保(局所的な防災対策),施設のスリム化(地域住民との合意形成),民間委託なんかもいけるかな.
 ここで挙げたものだけじゃなく,もっと多様なものがあります.ただし,建設一般の出題文から考えると,アセットマネジメントをここで書くのはマイナス評価でしょうね.

 いろんな人の出来を聞いた状況から判断すると,午前中にアセットマネジメントで手玉を使い切ったせいか,専門必須ではかなり苦しい記述になったようです…….もしかしたら,昨年同様,勝負の分かれ目は選択問題になるかもしれないですね.

道路科目 | 【2008-08-04(Mon) 18:49:36】
Trackback:(0) | Comments:(2)
お疲れさまでした.
お疲れさまです.試験どうでしたか?
 
 ―総監―
 単純なリスクマネジメントと言うより,プロジェクトマネジメントのなかに含まれるリスクマネジメント計画として出題された感じですね.昨年のようなサプライズ的な出題ではなく,総監部門らしい出題だったと思います.
 受講者の皆さんは,想定問題として用意したプロジェクトマネジメントとリスクマネジメント,これらを組み合わせて(あるいは単独で)記述したのではないか,と考えております.出題文で「経済性管理」の記述を要求されていたので,想定問題として用意したクリティカルチェーンプロジェクト管理を書いた受講者さんもいるのかな. 
 出題文と想定問題が,この程度似通っていれば正直十分だと思うし,ドンピッシャリは不可能です.あとは,受講者さんたちの択一の出来次第なんだけど,難しくなったのだろうか?気になるところだ.

 ―建設一般―
 アセットマネジメントと建設技術の維持向上が出題されたようです.建設技術の維持向上は完全に予想外でした.アセットマネジメントも直球で来るとは……社会資本の更新・維持管理みたいな出題だと思っていたのだが……結局似たような内容にはなるけど.
 受講者さんは,想定問題として用意した内容をベースに,設問趣旨に沿った記述をしてくれたと思います.ここで,想定問題として用意した社会資本のリニューアルと道路橋の維持管理,これらを使っちゃった受講者さんが多いんだろうなぁ……午後の必須問題を見てビックリしたと思う…….
 
 ―専門―
 共通では,コスト抑制が求められるなかでの品質確保,こんな感じの出題だったようです.
 道路科目を受験した全員が戸惑ったんじゃないかな?午前の建設一般でアセットマネジメントが出題された後,午後の必須が品質確保では正直きついよなぁ……同じような内容は書けないし…….

 さっき出題文が手元に届きました(山形県のSさん,迅速な対応ありがとうございます).
 この出題文だと,品質を確保する上で,なぜその方策を重要と考えたのか,その理由が論理(現状や課題との整合性)立てて記述されているかどうか,が焦点になると思います.設問趣旨から考えると,想定問題として用意したプライオリティの明確化(選択と集中)が使えそうというか,出題意図はこのへんじゃないかな.
 もちろん,アセットマネジメントも間違いではないけど,建設一般の出題文から考えると,ここで書くのはいかがなものかと思う.
 
 選択では,受講者さんの大半(もしかすると全員)が自転車道を書いたと思います.想定問題として自転車が絡む交通事故を踏まえた自転車道を準備していたので,これは問題ないでしょう.
 それ以外で書けそうなものは,土工ぐらいか?土工は補強土オンリーで準備したから,軽量盛土が追記できたかな?舗装のリサイクル材や道路工事の工程管理,信号交差点なんかはお手上げだったと思う.

 とりあえずビールでも飲んで,筆記試験の疲れを癒してください.

―今日のことわざ―
寝る間が極楽
(去年と同じだが……)

出題予想 | 【2008-08-03(Sun) 21:27:55】
Trackback:(0) | Comments:(3)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター