何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2009年11月
どっちが非科学的?
 ノーベル賞受賞者を「非科学的」と切って捨てるとは……これまたすごいなぁ.土木の「ど」の字も知らないような仕切り人による「事業仕分け」は科学的と言えるのか.国を担う政権として無責任すぎないか?
 今日も日経平均株価は下がったようだが,明らかに市場は日本政府の無策を笑っている.いくらユニクロで日経平均株価を押し上げても,メガバンクの株価を見れば今の実態がわかる.民主党には期待していなかったが,正直ここまでひどいとは思わなかった.

 雇用創出策や経済成長戦略も見えないし,デフレ対策や円高対策も打たない.その一方で,事業仕分けで科学技術予算を削減,税調で研究開発促進税制を認めないって……これらは日本の生命線じゃないのか?民主党アホかと……やはり友愛では国を運営できない.
 そろそろマスコミも堪忍袋の緒が切れて,民主党バッシングに走るんじゃないかな.首相の偽装献金問題など突っ込むネタは尽きないと思うのだが.

 野依良治・理化学研究所理事長ら6人のノーベル賞受賞者が26日、首相官邸で鳩山首相と会談し、行政刷新会議の「事業仕分け」で相次ぐ科学技術予算の削減判定の見直しを求めた。野依氏らは「次の世代の豊かな未来への投資である科学技術に格別な配慮をされることを要望する」などとした要望書を提出した。
 首相は会談後、記者団に「優れた方々の意見を参考にさせていただき、事業仕分けも重視しながら、科学技術という大変重要な知的財産を活用する方向を考えたい」と述べた。
 これに関連し、行政刷新会議の加藤秀樹事務局長は26日、東京都内で開かれたフォーラムで、野依氏が事業仕分けを批判したことに対し、「(仕分け人は)誰一人科学技術を否定していない。見も聞きもせず『非見識』と言うのは非科学的だ」と反論した。
 「YOMIURI ONLINE 2009年11月27日」

 補正予算の執行停止や事業仕分け,さらには税調の結果,引き起こされる(であろう)不況に伴う歳入不足は,それらで削った金額以上になるだろう.そうやってかき集めたお金で,子供手当てや高速道路の無料化,農家個別所得補償って……本末転倒も度が過ぎている.親の働く場所を無くすような施策ばかり打って,子供手当してどうすんの?国をマッチポンプで運営されたのではたまらない.
 ドバイショックで大手ゼネコン各社は数百億円程度の影響が出るって噂もあるんだから,逆に国内の公共事業を増やす事態じゃないのか?悠長な友愛感覚で,観光立国とか大手ゼネコンは海外に,なんて言ってる場合じゃないと思うのだが.

 デフレ下の円高で内需拡大という夢話,そろそろ藤井財務相は自らの落ち度を認めたほうがよいのではないか.内需に対する公共投資削減,外需に対する円高ダメージ,こんな状況で内需拡大なんて不可能だ……非科学的な一発逆転のマジックでも起きるのか.
 誰も,少子高齢化の日本がドンドン経済成長できるような戦略を描け!なんて無茶は言っていない.今の友愛ぶりを見ていると,政権与党として国を運営するのは自民党,それに民主党が「いちゃもん」を付けて,少し軌道修正する形態が望ましいのではないか?

―今日のことわざ―
自縄自縛


建設一般 | 【2009-11-27(Fri) 20:56:24】
Trackback:(0) | Comments:(2)
あうんの呼吸
 自分としては当然のことと思っていても,相手がそれを理解できていないことは多い.あうんの呼吸が整っていない状態とも言える.昨日まで模擬面接で北海道にいたのだが,普段温暖な気候に慣れていると,寒冷地での常識はなかなかイメージできない.普段の生活で圧倒的な雪の量を体感していないんだから,当たり前の話なんだけど…….
 何が言いたいのかというと,自分と違う地域に住んでいる面接官に対し,そこでの状況をイメージさせることは大変だということ.

 防雪対策や塩害対策など,その地域に住んでいなければ理解できない現象や解決策は案外多い.試験官のレベルがどうのこうのではなく,机上の理論での理解と実体験を通じた理解では雲泥の差がある.その地域に住んでいないと理解できないような技術的体験論文を提出されている方は,受け答えの回答レベルを二段階で準備しておくのが無難だと思う.

 試験官が同じ地域に住んでいるかどうかは,面接中に交わされる話の節々からある程度理解できると思う.そうしたヒントをキャッチするアンテナを全開で張っておいてほしい.試験官が同郷もしくは同じ現象を経験している方と判断できれば,回答する技術レベルを上げればよいし,そうでない場合,素人に説明するような感覚で臨むほうが「会話のやり取り」は上手くいくはずだ.
 それぐらい寒冷地の道路事情(計画や技術なども含めて)は余所と異なると肝に銘じておいたほうがよい.
CIMG09550
 あと,普段の業務で使っているローカル的な語句の呼び名も再確認しておきたい.その地域では,その呼び名であっても,全国共通なのかどうか,一般的な定義を書かれている書物(道路なら道路用語辞典など)で確認しておくべきです.
 総監部門の場合は住んでいる地域によって特段の配慮はいらない.しかし,建設部門の場合,受験者の常識が実はローカルだけで通用することなのかもしれない,と今回の模擬面接では痛感した.北海道のような寒冷地に住んでいる方は,そこでの常識を試験官にどう伝えるか,これが重要なポイントだと思う.
 口頭試験対策ばかりを書いているようだけど,こうした点は筆記試験での事例などオリジナリティの記述にも共通して言えることですよ.

 そう言えば,金曜日は雪が降っていたんだけど,道民にとってこの程度の雪は雨らしいし,焼酎の甲・乙類という感覚も,芋・蕎麦・麦とは違った感覚だったし,寒さ対策は万全にして行ったけど,乾燥していて唇は荒れ放題になったし……などなど,いろいろと北海道との違いを体感させていただきました.
 模擬面接に無償で協力していただいた4名の技術士には,本当に感謝しております.試験官役が入替り立替りで,一日に模擬面接を4回も受けた受験者の方はへとへとだったと思います.私も,楽しい夜を過ごしたおかげで?チェックアウト時間ぎりぎりの起床になりました(話がそれたか……).正直なところ,北海道は寒かったですが,皆さんの温かい気持ちに触れることができ感謝しております.

―今日のことわざ―
神様にも祝詞


道路科目 | 【2009-11-23(Mon) 20:03:26】
Trackback:(0) | Comments:(5)
事務連絡
 11月20日(金曜日)から11月22日(日曜日)まで,模擬面接なので,添削はお休みさせてください.ネットノートを持ち歩いているから,道中?添削してメールも送受信できるんですが,バタバタやり取りしてもいいことにならないかなと…….
 11月19日(木曜日)に送られたメールは,基本的に11月23日(月曜日)以降の返信になります.移動先で時間が取れれば,なるべく早く返信しますが,確約はできません.こう書いてしまうと,水曜日に大量のメールが来る予感がしないでもない……ご無理を言いますが,配慮のほどよろしくお願いします.
 思い立ったのが遅く,土曜日の飛行機は埋まっていたので,金曜日は有休を取りました.こんなときじゃないと有休消化できないから,結果オーライとしよう.コンサルの場合,有休どころか代休消化もままならない会社が多いんじゃないかな.

―受講者さんへの確認依頼―
 現時点で,建設部門は専門想定問題その4(建設一般は着手していません)まで,総監部門は想定問題その3まで「配信済み」です.また,「制覇する道標」は両部門ともに8月6日付が最新版です(更新は今しばらくお待ちを……).
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれているかもしれないので.

日々寸感 | 【2009-11-17(Tue) 22:04:28】
Trackback:(0) | Comments:(2)
国民の生活が第一?
 行政刷新会議のワーキンググループが実施している「事業仕分け」では,財務省の思惑通り?公共事業が削減されているようだ.情報公開という側面は評価できるが,なにせ検討する時間が短すぎ.これでは中央官庁をいじめて楽しんでいるだけになってしまう.
 「国民の生活が第一」の民主党が,それを身近に支える道路や河川ばかり槍玉に挙げてどうすんの……その前に整備新幹線の予算を削減すればよかったのでは?道路や河川と違って,新幹線が通らない地方も多いのになぁ?. 

 公益法人の中間搾取みたいな事業は,誰もがやめるべきと思っている.だけど,全国で建設中の直轄国道約550箇所の2割(100箇所以上)を凍結するって……もうメチャクチャ.公共事業が地場産業となっている地方は多いのに,これで「国民の生活が第一」か?
 民主党は雇用の受け皿として,介護,グリーン(農林・環境・観光),地域社会の3つを柱にしているが,せいぜい地方では介護ぐらいではないか……冷静に考えればわかりそうなもんだが.
 おまけに地球温暖化対策なんて,費用対効果(B/C)が伴っていないんじゃないか.道路やダムなどインフラ整備はB/Cでバッサリ切っておいて,地球温暖化対策ならB/Cは関係なし,という考え方はおかしい.そもそも地球温暖化対策を国民が望んでいるのかな?
CIMG09549
 マニフェストで掲げた政策を優先して実行するための財源確保を目指しているのはわかるんだが,子供手当てや農家への個別所得補償制度こそ「事業仕分け」されるべきだと思う.マニフェストに掲げている政策すべてに対して,国民の理解が得られているわけではない.
 これまた「そもそも論」になるが,民主党が唱えるような手厚い福祉社会を目指すのなら,現行の税負担で済むわけがない.増税を横に置いて本来残すべき予算まで削減していたら,内需拡大なんて夢話もいいところ.スウェーデンをモデルに据えているのかもしれないが,それが少子高齢化の日本で通用するのか.

 「コンクリートから人へ」の理念は立派だ.しかし,暫定税率の撤廃や高速道路の無料化は時代に逆行していないか.新規路線をドンドン造る時代じゃないのは確かだが,「国民の生活が第一」なら維持管理費は増やすべきじゃないのか.メンテナンスを怠れば基盤インフラは荒廃し,ひいては将来世代に「負の遺産」を手渡すことになってしまう.
 国民の生活が第一,コンクリートから人へ……などなど,耳触りのよい言葉を強調して国民を味方につけようとするパフォーマンスは,「郵政民営化」のときと同じ匂いがぷんぷん漂う.このままでは,また失敗するだろう.

―今日のことわざ―
薪を抱きて火を救う


建設一般 | 【2009-11-15(Sun) 12:34:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
最近の出来事
 行政刷新会議の「事業仕分け」も気になるところですが,今日のところは雑談でも.
 技術的体験論文の添削から解放?されて,やっと日常のペースに戻ってきた感じです.今年度は随分多くの突貫工事をさせていただきました…….やはり,筆記試験終了後ボチボチと体験論文は準備しておくべきだと思います.来年度受験される方は,最悪でも,大筋を決めて図表だけは作成しておきましょう.案外,図表で時間を取られるようなので.

 しばらく更新が滞っていましたが,先週末は模擬面接に行ってきました.まだ論文提出前ということもあって,面接と言うより大相談会の感じでした.無償で協力していただいた2名の技術士には,本当に感謝しております(また近くのときにはよろしく頼みます).技術士3名に対して受験者2名だったので,十分な対応ができたのではないか,と思っています.
CIMG09548
 バタバタしていたんだけど,どさくさにまぎれて「沈まぬ太陽」を観ました.原作は読んでいたから,どこに焦点を当てるんだろうと思っていたが,無理して全体を流していたので,これでは恩地の心境がわからないのでは?と感じた.
 フラッシュバックにするより,年代を追ったほうがわかりやすかったかもしれない.もっとアフリカ編を丁寧に描いてほしかったなぁ……(思いっきり個人的な感想ですが).
 映像化されると固定された視点へと自分が導かれてしまうが,小説の場合は自分のイメージで読んでいくので,それこそ読む人によって感じ方は異なる.恩地の心境を自分なりに考えてみるのなら,やはり原作を読まれるのがよいと思います.

 口頭試験を控えている受験者の方は,「沈まぬ太陽」同様,最初のプレゼンで全体を流すことばかりに気を取られないようにしてほしい.それでは単なる棒読みであって,焦点がぼやけてメリハリがつかない.
 提出論文に書き切れなかったことをしゃべってもよいし,逆に端折ってもよい箇所は飛ばしてもよいと思う.ちなみに,自分がやったことと他人がしたことは明確に分けてしゃべってください.どこまでも理想を追い求めても仕方ないのだが,声にもメリハリがあればバッチリだと思う.

―今日のことわざ―
始めが大事


日々寸感 | 【2009-11-12(Thu) 22:21:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
(事務連絡)論文添削について
―平成21年(今年)度筆記合格された受講者さんへ―
 今週末11月7日(土曜日)は模擬面接なので,その日は添削できません.それは横に置いたとしても,11月6日(金曜日)までには技術的体験論文を仕上げてしまいましょう.なかには突貫工事の方もいますが,ここは火事場の馬鹿力の見せどころです……よろしく頼みます.

―平成22年(来年)度の添削受講について―
 論文添削の受講申込みは,建設部門(道路)と総監部門,どちらも11月5日(木曜日)で締切します.年々締切は早くなっています(結果発表日から10日間?)が,私の処理能力から考えると,無尽蔵に受講者さんを増やせないので,ご了承願います.
 すでに受入れ枠は限界に近づいていますから,今後の申込みについてはお断りする可能性もあります(先着順です).申込みについては,建設部門(道路)の論文添削についてあるいは総合技術監理部門(建設)の論文添削についてを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

 なお,私としては,これまでの受講者さんを優先的に引き受けるつもりです.これまでの受講者さんが再チャレンジを希望される場合などは,締切後でも結構ですから,私宛に直接メールしてほしいと思います.

日々寸感 | 【2009-11-03(Tue) 13:05:27】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コンスタントに一定水準を
 毎年書いていますが,筆記試験の結果(ABC評価)を受け取って,その結果に納得できない受験者も多いと思います.しかし,論文形式の技術士試験では,試験官の当たりハズレは受け入れざるを得ない前提条件です.建設部門の択一式や経験論文など,筆記試験での採点材料が少なくなった現行制度以降,試験官によって評価が大きくブレているような印象は受けますが…….

 例えは悪いかもしれないが,文学賞と同じなのかもしれない.東野圭吾なんて直木賞候補に5回(秘密,白夜行,片思い,手紙,幻夜)も推薦されていながら,ことごとく落選……どれも一定水準はクリアしているわけだが,最終的に選考委員との相性?で涙している.6回目(容疑者Xの献身)でやっと受賞したんだけど,他の候補作品と比べて,これがベストか?

 「落ちるたんびにやけ酒飲んで,みんなで選考委員の悪口言って,普通の人はできない面白いゲームやったな.今日は勝ててよかった」という受賞直後のコメントは有名になったが,選考委員を試験官と読替えれば,技術士試験と同じではないか.

 自分の実力を維持(実力不足なら努力)していけば,巡りのよい年度には必ず合格できる.東野圭吾じゃないが,コンスタントに一定水準をクリアする論文が書けなければ,そのチャンスをつかみ損ねてしまう.いつまでも「納得できない」と愚痴をこぼしていたのでは,一定水準はキープできない.
 やけ酒を飲んだ後?は気持ちを切替えて勉強を再開してほしいと願う.

―平成22年(来年)度の添削受講について―
 平成22年度の受験に向けた添削指導は,すでに44名(建設部門36名,総監部門8名)の受講者さんを抱える状況になりました.
 先日もお伝えしましたが,私の処理能力から考えると,今年も早い時期の受講締切は確実のようです.申込みを考えている人は早めに決断?してください.
 なお,申込みについては,建設部門(道路)の論文添削についてあるいは総合技術監理部門(建設)の論文添削についてを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

日々寸感 | 【2009-11-01(Sun) 13:12:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター