何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2010年09月
権限と責任範囲
 レアアース(希土類)の輸出禁止や日本観光への自制,遺棄化学兵器処理事業に関するマネーの流れやフジタ社員の拘束など,いろんな要因はあると思うが,結果的に中国の強硬策に白旗を揚げてしまった.
 今日の報道では,中国外務省は日本政府に対し謝罪と賠償を要求したらしい……こうした中国政府の対応から考えると,やっぱり「東アジア共同体」なんて夢物語だと思う.

 視聴者誰しも感じたと思うが,那覇地検の次席検事による釈放会見は苦し紛れの説明だった.日中関係を考慮するのは政治的な判断だから,本来政治家が責任を持って言わなきゃいけないことを,代役の検事(検察機関)に押しつけた構図がバレバレ…….うがった見方をすれば,大阪地検のフロッピーディスク改竄事件に伴う(上層部の引責辞任)問題に絡めたバーター取引があったのかもしれない……あれこれ推測すると切が無いんだが.

 菅直人首相は24日午後(日本時間25日朝)、ニューヨーク市内で記者会見し、沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐり、容疑者の中国人船長を釈放したことについて「検察当局が事件の性質を総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と述べ、政治介入はなかったとの立場を強調した。
 その上で首相は、事件をきっかけに険悪化した日中関係について「日本と中国は国際社会に責任を持つ重要な隣国であり、戦略的互恵関係を深めるため冷静に双方が努力していくことが必要だ」と、修復に努める姿勢を示した。……以下省略……
 「時事通信 2010年9月25日」

 尖閣諸島の与太話で終わってはまずいので,旬を迎える技術的体験論文の話でも.
 「あなたの立場と役割」で書かれている内容と,「あなたが行った提案」で後述される内容,これらがミスマッチになっているケースが結構あります.自分の立場で持ちうる権限と責任範囲から,明らかに逸脱している論文が見受けられるということです.
 簡単な言い方をすると,何から何まで自分一人でやりきったことになっているわけです(そんな権限も無ければ,ましてや責任も取れないのに……).特に,俯瞰的な視点から記述しなきゃいけない総監部門の場合,この傾向が顕著だと思います.

 権限と責任は“常に”表裏一体です.試験官も含めた普通の社会人であれば,“この立場に就く人なら「この程度」の権限と責任を有している”という「この程度」に関する一般常識を持っています.こうした一般常識からみて,「あなたが行った提案」で書かれている内容は,自分の立場で持ちうる権限と責任範囲から逸脱していませんか?
 釈放会見した次席検事に対する違和感を教訓?として,再度チェックしてみてください.

 気候が秋らしくなってきたので,日頃の業務から少し離れて読書をするのもよいと思います.そうだったのか!池上本シリーズが気軽でいいのかもしれませんが,中国の文化大革命から現代までの雰囲気をつかむには,「兄弟」余華著をお勧めしたいところです.
 Amazon:兄弟 上《文革篇》 余 華 (著), 泉 京鹿 (翻訳)
 Amazon:兄弟 下《開放経済篇》 余 華 (著), 泉 京鹿 (翻訳)

―今日のことわざ―
手加減の独り舌打ち


日々寸感 | 【2010-09-25(Sat) 11:06:05】
Trackback:(0) | Comments:(4)
環境自動車税
 八ッ場ダムの建設中止や建設弘済会の解散など,何かと物議を醸した前原国交相だが,管改造内閣では外相に就任することが決まった.いくら後任に馬淵国土交通副大臣を昇格させるとはいえ,あれだけ好き放題言っておいて,外相のほうが重要ポストだから後は任せた……でいいんだろうか?

 一昨日,CO2排出量と自動車排気量を基準に課税する「環境自動車税」に対する報告書が公表された.車検時に支払う自動車重量税(国税)と毎年支払う自動車税(地方税)という現行の課税方式から,環境自動車税(地方税に一本化)という新税に切替えて課税するようだ.この素案を政府税調で議論して,年末までに結論を出す予定らしい……相当な反発があると思うが,果たしてどうなることか.
 税負担面で軽自動車(いわゆる軽四)の処遇がどうなるのか,それに世論というかマスコミは注視しそう.環境自動車税に限った話じゃないが,エコカー減税やエコポイント制度など,特定の企業が仕組んだ“壮大なる地球温暖化詐欺”なのかもしれない.どうのこうの言っても,これらを上手に利用した人が勝ちなんだけど.
CIMG09566
 上図で描かれているように,軽四(軽自動車税)の標準税率は一律7,200円だが,トヨタのヴィッツやパッソなど1,000ccクラスの小型自動車(自動車税)は29,500円,4倍強の開きがある.一方,軽四と小型自動車(いわゆるコンパクトカー)を安全面や環境面で比較しても特段差異はない,と報告書は指摘しており,こうした車両性能の実態と税負担の格差が問題視されているようだ.
 とは言え,安易に軽自動車税を引上げられると,軽四の保有率が高い地方部は死活問題になる……公共交通への転換という方向性は重々承知しているが,あくまでそれは理想論であって,今後も地方部は一人1台のマイカーというスタンスは避けられないと思う.
 一家に何台も普通自動車はいらないという理由で,維持管理費の安い軽四を買っていたユーザーの志向が,環境自動車税でどのように変化するかによって,自動車メーカー各社に与える影響も変わってくるだろう.

 そもそも論になるが,軽自動車税を引上げる増税が先にありきではなく,コンパクトカーの自動車税を1/4(軽四並み)に減税するという発想はないんだろうか.
 最初に大幅な増税(今回のケースなら4倍)を打出すことによって,マスコミを通じて世論の反発を形成し,業界や政治家が“すったもんだ”して妥協点(今回のケースなら2倍程度?)を決める毎度のパターンには閉口してしまう.最初から妥協点に着地させたいというスタンスが見え隠れしているんだよなぁ?.
 個人的には,軽四の軽自動車税は微増,コンパクトカーの自動車税は微減,という両面から税負担のバランスを微調整する“さじ加減”で決めるべきだと思う.

参考ホームページ:総務省「自動車関係税制に関する研究会」報告書の公表

―平成22年(今年)度の受講者さんへ―
 筆記試験終了後,十分な休息をされたと思います.そろそろ技術的体験論文を煮詰めて,自分なりに完成したと思ったら,論文を送ってきてください.
―平成23年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は想定問題2問(専門その2まで),総監部門は想定問題その1を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

道路科目 | 【2010-09-17(Fri) 17:41:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
思想の違い
 今年の4月から6月まで,マイケル・サンデル教授の「ハーバード白熱教室」がNHKで放送されていたんだけど,筆記試験前の切羽詰まったときに正義や道徳……さすがに無謀だと思い,当時ブログでは取上げなかった.
 ほんの少しだけ朝晩が過ごしやすくなったので,目先の業務やデジタルコンテンツに振回されている日常を離れ,じっくり自分の考えを整理する時間も確保したいところ.

 「トロッコ問題」や「フォード・ピント事件」など,技術士試験に直結する話じゃないが,示唆に富む内容が多い.公益確保が必要な理由やそれに反した事例への私見など,お決まりパターンの質疑応答を考える前に,正義や共通善という大局から俯瞰するのもよいかなと.
 リバタリアニズム(自由至上主義),リベラリズム(自由主義),コンサバティズム(保守主義),コミュニタリアニズム(共同体主義)など,自らが支持する思想によって抜粋した問題の答えは変わってくる.こうした何々主義を覚える必要はないが,自分はどの考え方『思想』に近いのか,は知っておくべきだと思う.

第1回 「殺人に正義はあるか」
Lecture1 犠牲になる命を選べるか

 あなたは時速100kmのスピードで走っている車を運転しているが、ブレーキが壊れていることに気付きました。前方には5人の人がいて、このまま直進すれば間違いなく5人とも亡くなります。横道にそれれば1人の労働者を巻き添えにするだけですむ。あなたならどうしますか?
 サンデル教授は、架空のシナリオをもとにしたこの質問で授業を始める。大半の学生は5人を救うために1人を殺すことを選ぶ。しかし、サンデル教授はさらに同様の難問を繰り出し、学生が自らの解答を弁護していくうちに、私たちの道徳的な根拠は、多くの場合矛盾しており、そして、何が正しくて、何が間違っているのかという問題は必ずしもはっきりと白黒つけられるものではないことを明らかにしていく。

第2回 「命に値段をつけられるのか」
Lecture3 ある企業のあやまち
 ベンサムの功利主義の中心となる考え方である「効用の最大化」、つまり最大の喜びをもたらすものこそ最善である、という論理をさらに具体的に考える。「すべての便益の合計から、代償を差し引いたとき、幸福が苦痛を上回るだろうか」というこの論理は、「費用便益分析」という名で、昔から企業や政府でよく使われてきた。
 サンデル教授は、事例をいくつか挙げる。政府がたばこの消費税率を上げようとした時、あるたばこ会社は費用便益分析を行い、「政府は、国民の喫煙によって得をする」という結論を出した。1970年代には、アメリカの自動車メーカーが、人の命に値段をつけて、リコール問題における費用便益分析を行った。多数派が残酷で、卑劣であっても、私たちは常に多数派の幸福をより重視すべきなのだろうか?すべての価値をお金のような共通の基準を用いて足し合わせ、比較することは可能なのだろうか?
 ―NHK「ハーバード白熱教室」全12回の講義一覧から抜粋―

 『思想』に関連付けて話をすると,技術的体験論文や質疑応答を考えるとき,試験官それぞれの思想(設計や計画に対する考え方)の違いも認識しておく必要がある.
 たとえば,A試験官とB試験官では常識としている思想が異なるかもしれないし,A・B両氏と受験者自身が常識としている思想の不一致も考えられる.こうした思想の違いが,面接会場で試験官と話が噛合わない原因になってしまう.
 前置きが長くなったが,自画自賛じゃなく,多面的に自分の体験論文を洗い直し,批判的な質疑応答を準備する必要があるということ.人間誰しも,知らず知らずのうちに,自分の思想が絶対的なものと過信してしまうんですよね……いろんな見方(思想)があることをサンデルから学べばよいと思う.

NHK「ハーバード白熱教室」番組公式サイト
 トップページ右側に講義一覧があり,それぞれ講義詳細(全12回のアウトライン)が書かれている.講義詳細の右側にディスカッションガイドもあるが,答えは簡単に出ないと思う. 
パンドラTV:ハーバード白熱教室 第1回「殺人に正義はあるか」
パンドラTV:ハーバード白熱教室 第2回「命に値段をつけられるのか」
 すでに「ハーバード白熱教室」の放送は終了しているので,パンドラTVの動画のリンクを張っておきます.こんな講義だったら真面目に受けていたんだろうなぁ?.
Amazon:これからの「正義」の話をしよう マイケル・サンデル (著), 鬼澤 忍 (翻訳)
Amazon:正義論(改訂版) ジョン・ロールズ (著), 川本隆史;福間聡;神島裕子 (翻訳)
 どうしても書籍だと堅苦しくなるので,まずはサンデルの講義を動画で観るのが無難かな.サンデルは,リベラリズムの大御所であるロールズを批判して有名になったので,絶版だった「正義論」の改訂版も挙げておきます.

―今日のことわざ―
得手に鼻つく


日々寸感 | 【2010-09-10(Fri) 20:41:44】
Trackback:(0) | Comments:(2)
首都圏水没
 昨日,東海・東南海・南海の3地震が同時に発生する「3連動地震」を想定した訓練が実施されたらしい.民主党の「トロイカ体制」じゃないが,日経新聞の記事によると,トロイちから?で終わった感じ.こうも残暑が厳しいと,普段の業務でさえアップアップなのに,防災訓練どころじゃないよなぁ?.
 今年度の建設一般では防災・減災対策が出題されたが,11年度の概算要求は防災関連が重視されているので,来年度も要注意か.もちろん,口頭試験に向けた準備を進めている方も,防災・減災に対する自分なりの考え方を,再度整理しておいたほうがよい.

  政府は1日の防災訓練で東海、東南海、南海3地震の同時発生という未知の超広域災害に対峙(たいじ)した。3連動地震の発生リスクが高まる中、十分な研究や活動計画がないまま訓練を先行させるのは異例で、1日は救援体制の概要を「暫定的なもの」として公表しないなど備えの遅れは明白。国は来年度に本格的な被害想定の策定作業に入るとしており、今回の訓練で得た課題もふまえた早急な対応指針作りが求められる。……中略……
 3地震の連動については未解明な部分が多いのが実情。国は2008年度から5年計画で発生メカニズムの研究を始めたばかりで、訓練の前提とした被害想定も03年、東南海、南海地震の研究過程で出した参考値。
 かたや専門家の間では「3連動」発生リスクの高まりが指摘されており、中井洽防災担当相が訓練実施を決めた経緯がある。
 このため、訓練では対応の遅れが浮き彫りとなる場面も。被災地の応急対応や復興にあたる救援体制の規模について、内閣府は「十分な検討を尽くしていないため」公表を拒否した。訓練終了後、同担当者は「広範囲に及ぶ被災地から届く情報の集約や、迅速な国民への情報提供の体制を構築する必要がある」と課題を挙げた。
 一方、国は3連動地震の発生に備え、被害想定や防災対応をまとめた「対策大綱」の策定を決定。11年度予算の概算要求に関連予算として1億5千万円を盛り込み、12年度以降に大綱作りを進める方針だ。
 「日本経済新聞 2010年9月1日」

 昨晩のNHKスペシャル「首都水没」は,内閣府の大規模水害対策に関する専門調査会報告(PDF:首都圏水没?被害軽減のために取るべき対策とは?)に基づいた内容だった.避難率0%で死者数や孤立者数を伝えていたが,避難率0%は極端な話(誰一人非難しない0%はありえない状況)であって,報告書に書かれている避難率40%で放送すればいいんじゃないかと感じた.へたに最悪の被害を強調して視聴者を煽りすぎると,かえって信憑性がなくなると思うんだけど.
 地下鉄駅に設置されている転落防止用の可動式ホーム柵も問題視されていたが,その階まで浸水すると,柵があってもなくても同じような気が……それよりも,誰でも容易に操作できる防潮板(止水板)を地下への出入口に設置しておけば,地下空間から逃げ出す時間を多少は稼げるんじゃないだろうか.
 地方自治体に任せっきりの広域避難は,災害時要援護者の搬送や受入体制など,前途多難な感じ.

 お堅い報告書を読むのは面倒だと思っているなら,高嶋哲夫の「東京大洪水」を読んでみるのが手かもしれない.荒川・隅田川の決壊によるゼロメートル地帯の水没が描かれている.スーパー堤防に守られた超高層マンションが小説の舞台だが,破堤を防ぐ目的で鉄橋を爆破するあたりは……災害パニック小説ならではの内容です.

参考ホームページ:内閣府防災情報のページ
参考ホームページ:大規模水害対策に関する専門調査会
Amazon:東京大洪水(集英社文庫) 高嶋哲夫(著)

―今日のことわざ―
戦見て矢を矧ぐ


建設一般 | 【2010-09-02(Thu) 17:56:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター