何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2011年01月
建設部門のグラフ
 毎度のことながら,多くを語らなくても,グラフを見れば言いたいことがわかってもらえると思う.ここ数年の傾向として「想定問題を75%以上こなせば50%以上の合格率」は変わらない.これを70%程度には引上げたいと思っているんだが……平成22年度はかなり近づいた感じ.
 毎回書いているけど,やはり想定問題を75%以上こなすぐらいは勉強しないと,技術士試験の勉強をしたことにはならないのかもしれない.資料を集めるだけで受かる試験ではないということなんでしょう.

 道路科目の場合,選択問題の範囲が広いので,想定問題を全部(100%)こなすのは正直しんどい.だけど,想定問題を75%以上こなせばグッと合格率は上がります.つまり,自分が不得手とする選択問題は捨ててもいいけど,それ以外の問題は確実にこなしたほうがよいということ.
 まったく手つかずの人もおられますが,とりあえず一歩踏み出してみましょう.踏み出さないと何も始まりません.
CIMG09572

―受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は,想定問題10問(専門その9・建設一般その1まで)と「制覇する道標10月28日版」を配布済みです.
 総監部門は,想定問題その7までと「制覇する道標10月28日付」を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.特に,ヤフーのメールアドレスを使われている受講者さんは,ときどきエラーが出るようなので,注意して確認してみてください.

道路科目 | 【2011-01-22(Sat) 10:20:06】
Trackback:(0) | Comments:(2)
理念倒れ
 本業がとてつもなく忙しいんだけど,どうやら内閣改造は大畠経産相を国交相に横滑りさせたようだ.経財相で入閣した与謝野氏は消費税増税論者だが,子ども手当や農業者戸別所得補償を出しながら財政再建を目指すつもりか?
 馬渕前大臣が年初に発言した7つの施策(社会資本整備重点計画の見直し,交通基本法案,海上警察権のあり方,建設産業戦略会議,不動産投資市場戦略会議,八ッ場ダムの検証,高速道路の原則無料化)はどうなるんだろうか?

 このうち技術士試験(道路科目)に関係しそうな施策だけ取上げてみる.
 「社会資本整備重点計画の見直し」は“コンクリートから人へ”という民主党の理念をどこまで追求するかによって変わってくるんだろうなぁ?.
 国土・生活・産業の3つの国家の背骨を支える社会資本整備,この必要性を国民に提示していく(抽象的なアウトカム指標をわかりやすい指標にしていく)らしいが,たとえ改善されたとしても,これらの指標をどれだけの国民が目にしているんだろうか?結局,マスコミ報道を鵜呑みにしてしまうんじゃ意味が無いと思うのだが.
  
 「交通基本法案」で掲げられている“国民が移動する権利の保障(移動権の保障)”は,運転免許の取得や自家用車の所有が困難な人,過疎地や離島などの住民に対しても“公共交通機関による移動の権利を保障するもの”だ.この理念は立派だが,どうも民主党の場合,理念ばかりが先行しているような気がしてならない.
 現実問題として,“選択と集中”や“費用便益分析”など市場経済の論理とつじつまが合わない話だし,大きな政府(福祉国家)を目指すには国民の総意が得られていないと思う.おまけに,高速道路の原則無料化(自家用車の利用推進)も公共交通機関の活用とは相反する施策だし…….

 「高速道路の原則無料化」の社会実験では,高速道路の交通量は2倍に増え,並行する一般道の交通量は2割減少したらしい.使えるデータからメリットやデメリットを導き出すのは正しいことなんだけど,そもそも論として,社会実験している路線の妥当性にクエスチョンマークが付くと思う.
 とりあえず3つの施策を挙げたが,どれもこれも前途多難という感じは否めない.

―今日のことわざ―
兎の糞


道路科目 | 【2011-01-14(Fri) 12:44:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
データの同期
 あけましておめでとうございます.
 
 年末年始は(Microsoftのおかげで!?)データ整理に明け暮れました.
 これまでデータの同期は“Windows Live Sync”を使っていたんだけど,2011年3月31日でサービス停止のお知らせが……後継の“Windows Live Mesh”はXPがサポートされないんだよなぁ?.
 現在3台のPCを並行して使っており,それぞれWindows7,Vista,XPのOSが入っているから,正直XPだけ切捨てられるのはつらい.困っている人も多いんじゃないかな?

 そんなこんなで年末年始に乗換えを決行……DropboxやSafe Sync,OCNマイポケットも検討したが,結局“Windows Live Mesh”と“SugarSync”を併用することにした.自分の利用状況から考えるとベターな選択かなと.
 Microsoft Wordのバージョンも,2003,2007,2010が入り混じっているんだけど,2003で機能的には十分じゃないかと思っている.ワードに限った話じゃないが,何を目的としてバージョンアップされているのか,よくわからない状態のソフトが多い.
 
 最近の大きな変化のひとつに“クラウドコンピューティング”サービスの充実が挙げられる.どこからでもアクセスできる点はもちろん,複数の端末でデータの同一性を保てる点や,同じデータを複数の異なるインターフェースで利用できる点もクラウドの大きな利点だ.
 ノートPCやスマートフォンなどデジタルツールには,それぞれ作業内容によって得意不得意があるから,(データが同期されている状況なら)ケースバイケースで最も適したツールを選べばよいわけだ.

 ツールから離れてサービスに目を向けると,“Gmail”や“Evernote”などのクラウドサービスは実用性が高くなったと思う.その反面,何ヶ月もかかる納期や雑誌は不可という利用条件を考えると,BOOKSCANのような書籍の電子化サービスは使いにくいんだよなぁ(料金的には文句無いんだが).書籍を裁断してスキャン,デジタルデータ化する行為を「自炊」と呼ぶんだけど,しばらくは自炊生活が続きそう.
 まとまりのない話になったけど,さすがに年明け早々は頭が働かないということで…….

―受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は,想定問題9問(専門その9まで)と「制覇する道標10月28日版」を配布済みです.
 総監部門は,想定問題その6までと「制覇する道標10月28日付」を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.特に,ヤフーのメールアドレスを使われている受講者さんは,ときどきエラーが出るようなので,注意して確認してみてください.

日々寸感 | 【2011-01-04(Tue) 16:25:34】
Trackback:(0) | Comments:(4)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター