何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2011年10月
(事務連絡)論文添削について
 先ほど連絡が来た(来年度の申込みをされた)受講者さんから,今年度は災害対応に追われてブログを見る余裕が無かった,と指摘されました.そのため,あまりにも早い時期に添削受講を締切するのは避けようと思います.
 とは言え,「添削指導の筆記試験結果」の記事で書いているように,すでに49名(建設部門39名,総監部門10名)の受講者さんを抱えている状況なので,申込みを考えている人は早めに決断してください.私の処理能力から考えると60名の受入れは難しいと思います.

―平成24年(来年)度の添削受講について―
 論文添削の受講申込みは,建設部門(道路)と総監部門,どちらも11月14日の月曜日で締切します.上述した災害対応という理由で締切を延ばしていますが,この日まで受付できる可能性は低いと思います.私の処理能力から考えると,無尽蔵に受講者さんを増やせないので,ご了承願います.
 すでに受入れ枠は限界に近づいていますから,今後の申込みについてはお断りする可能性もあります(先着順です).申込みについては,建設部門(道路)の論文添削についてあるいは総合技術監理部門(建設)の論文添削についてを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

 なお,私としては,これまでの受講者さんを優先的に引き受けるつもりです.これまでの受講者さんが再チャレンジを希望される場合などは,締切後でも結構ですから,私宛に直接メールしてほしいと思います.

日々寸感 | 【2011-10-30(Sun) 15:05:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
添削指導の筆記試験結果
 受講者さん全員から連絡が来ていないのですが,現時点(10月30日:更新箇所は青文字表記)の更新(更新箇所は青文字表記)で,今年の添削指導結果は確定とします.なお,残念な結果だった受講者さんから「講座の合格率を下げてしまって申し訳ありません」というメールをいただくのですが,あくまで参考データですから気にしないでほしいと思います.
 受講者さんの総数は57名,内訳は,建設部門(道路科目)44名,総監部門13名でした.

 まず,建設部門(道路科目)44名の結果を書きます.
 17名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,大阪,福岡,名古屋,仙台,広島です.単純な合格率を算出すると,17/44=38.6%です.この分母の中には「添削料を払ったけどまったく勉強しなかった人」や「仕事の都合で勉強できなかった人」も含まれます.なお,受験を見送った人や失格者はいないと仮定しています.当たり前ですが,そのへんを考慮すると実質的な合格率は上がります.

 つぎに,総監部門13名の結果を書きます.
 7名が筆記合格されました.受験地は,東京,大阪,広島,横浜です.単純な合格率を算出すると,7/13=53.8%です.建設部門と同様に,この分母の中には「添削の途中でリタイアした人」も含まれます.総監部門の場合,択一の出来も合否を左右するので,あんまり参考にならないかも.

 以下,今年の筆記試験結果を踏まえた私見です.
 建設部門(道路)については,専門科目(必須問題)で合否が分かれたのではないかと思っています.今年の筆記合格率から考えると,口頭試験の合格率は昨年(昨年82.6%,一昨年85.5%)より厳しくなるので,入念な準備が必要だと思います.  
 総監部門については,昨年に引続き,受験者全体の合格率が低い……ほんと総監部門は年々難しくなっています.口頭試験は,例年通りの合格率(昨年80.5%,一昨年82.7%)だと思います.プレゼン能力も大切ですが,それより何より総監の頭になっているかどうか,これを確認しながら準備を進めましょう.

―平成24年(来年)度の添削受講について―
 現時点で,すでに49名(建設部門39名,総監部門10名)の受講者さんを抱える状況になりました.
 昨年のように,筆記試験の結果発表日から6日間ほどで締切るのはまずい,と思っているのですが,私の処理能力から考えると50名程度が限界だと思うので,今年も早い時期に受講を締切します.るかもしれません.申込みを考えている人は早めに決断?してください.
 添削指導の申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門(建設)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

添削指導結果 | 【2011-10-28(Fri) 18:11:59】
Trackback:(0) | Comments:(2)
道路科目の筆記合格率
 昨年に引き続き,道路科目の筆記合格率を計算しておきます.ちなみに,受験率や受験地ごとの最終番号は仮定なので,この合格率はどこまで当てになるかわかりません.昨年の受験率は76.9%だから,今年も同様の受験率(77%)と仮定して考えてみます.
 申込者数(最終番号の合計)3,385*受験率0.77=受験者数2,606,
 合格者数522/受験者数2,606=筆記合格率20.0%(併願はカウントしていません).
 昨年の道路科目の筆記合格率は17.8%だったので,若干上がった感じ.口頭試験の難易度は,昨年の合格率(82.6%)より厳しくなりそう.受験地別では大阪や福岡が上昇したようです.

 A:北海道…21.6%(270*0.77=208, 45/208=21.6%)
 B:東京……18.2%(848*0.77=653,119/653=18.2%)
 C:大阪……22.7%(538*0.77=414, 94/414=22.7%)
 D:福岡……20.4%(452*0.77=348, 71/348=20.4%)
 E:名古屋…18.5%(351*0.77=270, 50/270=18.5%)
 F:仙台……22.8%(234*0.77=180, 41/180=22.8%)
 G:沖縄……13.0%( 30*0.77= 23, 3/ 23=13.0%)⇒近年の受験者数で概算
 H:新潟……17.6%( 88*0.77= 68, 12/ 68=17.6%)
 J:金沢……19.7%( 86*0.77= 66, 13/ 66=19.7%)
 K:広島……20.9%(192*0.77=148, 31/148=20.9%)
 L:高松……19.7%(152*0.77=117, 23/117=19.7%)
 M:横浜……18.0%(144*0.77=111, 20/111=18.0%)

 総監部門は建設-道路科目だけ計算してみます.昨年の受験率は75.2%だから,今年も同様の受験率(75%)と仮定して考えてみます.
 総監部門申込者数(最終番号の合計)682*受験率0.75=受験者数512,
 合格者数83/受験者数512=筆記合格率16.2%(併願はカウントしていません).
 昨年も筆記合格率が低かったんだけど,今年はさらに下がったようだ…….口頭試験の合格率は例年並みだと思います.受験地別では福岡や名古屋,高松が極端に低いようです.

 A:北海道…13.0%( 61*0.75= 46, 6/46=13.0%)
 B:東京……26.4%(166*0.75=125,33/125=26.4%)
 C:大阪……15.2%(123*0.75= 92, 14/92=15.2%)
 D:福岡…… 7.9%( 84*0.75= 63, 5/63= 7.9%)
 E:名古屋… 9.7%( 82*0.75= 62, 6/62= 9.7%)
 F:仙台……12.0%( 33*0.75= 25, 3/25=12.0%)
 G:沖縄…… 0.0%( 2*0.75= 2, 0/2= 0.0%)⇒近年の受験者数で概算
 H:新潟……18.2%( 14*0.75= 11, 2/11=18.2%)
 J:金沢……33.3%( 8*0.75= 6, 2/6=33.3%)
 K:広島……21.9%( 42*0.75= 32, 7/32=21.9%)
 L:高松…… 8.3%( 32*0.75= 24, 2/24= 8.3%)
 M:横浜……11.5%( 35*0.75= 26, 3/26=11.5%)

 まだまだ結果の連絡は少ないのですが,私の添削指導のほうは,午前7時30分時点で建設部門6名,総監部門2名の受講者さんが合格しているようです(添削指導の筆記試験結果は,後日別の記事として報告します).
 残念な結果だった方は,気持ちを入替えて頑張っていきましょう.厳しい言い方になるかもしれませんが,いつまで引きずっても結果は変わりません.今日の不合格と同時に添削受講を申込まれている人も結構おられるので,一日も早く再スタートしたほうがよいと思います.

日々寸感 | 【2011-10-28(Fri) 07:36:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
もうすぐ筆記の結果発表
 昨日,警察庁が「良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策」を発表したんだけど,御多分に漏れず!?今月末までの災害対応に追われており,ブログの記事として書く時間が取れない状態……似たような境遇の方が多いのでは?
 これに関する記事はネット上に多数あるので,道路科目の受験者は目を通しておいたほうがよいと思う.

 明後日は筆記試験の結果発表日だ.気になる筆記合格率は,建設部門(道路科目)は昨年の17.8%と同じぐらい,総監部門(全科目平均)は昨年の18.7%から若干増加,という無難な数値で着地するんじゃないかな?
 前日の27日になって「PDF:技術士第二次試験「筆記試験」合格発表について」が日本技術士会のホームページに公表されたので,一部転載(ブログ記事を修正)しておきます.もっと早く出せばいいのに…….

2 発 表 の 方 法 :
(2)文部科学省及び日本技術士会のホームページで、筆記試験合格者の受験番号のみ公開

文部科学省(10月28日 掲載予定)
 ⇒昨年同様,今年も午前5時頃の発表か?
  文科省のページは,毎年似たような時間に掲載されていると思う.

http://www.mext.go.jp
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
 ⇒例年下段側(新着情報 最新1ヶ月分の一覧)が掲載場所になります.
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/index.htm
 ⇒技術士分科会(ページ途中の“その他”)が早いかも.

日本技術士会(10月28日 掲載予定)
 ⇒昨年は最速だったが,もしかして今年も真夜中午前1時頃の発表か?
  同会ホームページには「掲載開始は午前6時頃の予定」と書かれています.

http://www.engineer.or.jp
http://www.engineer.or.jp/sub02/
 ⇒例年下段側(試験・登録情報)が掲載場所になります.

―平成23年(今年)度の受講者さんへのお願い―
 受験番号しか掲載されないので,私のほうでは受講者さんの合否がつかめません.したがって,結果はメールで知らせていただきたいと思います.

日々寸感 | 【2011-10-26(Wed) 18:00:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
懇親会
 ひさしぶりに横浜へ.
 今年の懇親会は東日本大震災の被災者を励ます会も兼ねていんだけど,参加予定だった人たちの都合が悪くなってしまい,終わってみれば例年通りの“飲み会”に.今年出席できなかった方は,次回(東京開催)の参加を心待ちにしております.

 「中区の歴史を碑もとく絵地図」ミナト・ヨコハマコースをベースに,桜木町駅~横濱赤レンガ倉庫~日本大通りあたりを散策しました.コックンさん曰く“セレブ御用達の遊覧船”にも乗ったんだけど,揺れるのなんの…….
 皆さんパンフレットを一式受取ったと思うので,またの機会には家族を連れて遊びに来てください.幹事役のコックンさんとりえ蔵さんが案内してくれるかも……両名は懇親会の段取りありがとうございました.
CIMG09578
 その後,中華街(大珍楼新館)で夜の部に突入. 
 この頃には初めて参加された方もすっかり打ち解けた感じ(毎回こんな感じですから気兼ねは不要です).懇親会の参加者は全員技術士なんだけど,お酒が入って心地よくなれば,誰も難しいことは考えちゃぁいない状態.
 参加者それぞれ“日頃の(職場の)付合い”から一歩飛び出した懇親会だからこそ,ストレス発散になるのかもしれないなぁ~.ちなみに,懇親会で明かされた私の個人情報は非公開ですから,皆さんには“大人の対応”を頼みます.
 昨年同様,時間が過ぎるのは早かったです.その後二次会を経て三次会へ……例年のごとく2時頃まで飲んでいたのかな?

 毎度のことながら,宴会部長のいなかものさんが強引に!?来年の開催場所や幹事も決定してくれたので,どうやら次回も大船に乗っていけそうです.当初アマテラスさんが中心となって茨城で開催か?と皆を困惑させる一幕もありましたが,なんとか東京に落着きました.
 今回の懇親会で無理やり中締めをやらされた代表幹事のミレイパパさん,アマテラスさん,りえ蔵さん,次回はよろしくお願いします.

 皆さんから元気をいただいたので,また仕事と添削を頑張るつもりです.来週金曜日の筆記試験結果発表後,模擬面接の実施会場によって,皆さんに模擬面接の試験官役をお願いするかもしれないので,そのときには快く引受けてほしいと思っています.

―参加メンバーの皆さんへ―
 昨日はお疲れさまでした.写真を取られた方は,参加者全員にメールしてあげてください.次回の再会を楽しみにしております.

日々寸感 | 【2011-10-16(Sun) 08:57:14】
Trackback:(0) | Comments:(7)
事務連絡
 ここ数年同じ傾向なんだけど,正答を自己採点すれば一次試験の合否がわかるので,二次試験の添削受講申込みに関する問合せがありました.これまでの受講者さんの中には,一次試験合格の翌年二次試験に受かった方もおられます.連続して合格できるか否かは,結局のところ“やる気”の問題なので,早めの準備は正しい行動だと思います.

 添削受講の申込みについては,こちらのページを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.くれぐれも,正答が公表される10月17日以降,以下の合否決定基準に達していることを確認してから,お申込みください.

平成23年度技術士試験の合否決定基準は、次のとおりとする。
Ⅰ 第一次試験
 合格適格者は、適性科目、共通科目、基礎科目及び専門科目(免除される試験科目を除く。)について、次に掲げる全ての要件を満たす者とする。
1.適性科目の得点が50%以上であること。
2.共通科目として選択する2科目の各々について、得点がその科目の平均点以上であること。
3.基礎科目及び専門科目の各々の得点が40%以上、かつ基礎科目及び専門科目の合計得点が50%以上であること。
  基礎科目を免除される者については、専門科目の得点が50%以上であること。

PDF:平成23年度技術士試験合否決定基準(文部科学省)
参考ホームページ:技術士第一次試験 択一式問題の正答(10月17日発表予定)

―受講者の皆さんへ―
 今週末の15日(土曜日)と16日(日曜日)は,添削講座を通じて知り合った合格者さんたちとの飲み会なので添削できないと思います.10月14日に送られたメールは,基本的に10月17日以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.
 現在受講されている方も,ぜひ合格していただいて,次回の飲み会への参加をお待ちしております.
―平成24年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は想定問題3問(専門その3まで),総監部門は想定問題3問を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

日々寸感 | 【2011-10-12(Wed) 12:21:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
秋らしい気候
 秋らしい気候になってきたので,たまには読書案内でも……すべてリンクはAmazonに張っています(敬称略)が,皆さんの税金で運営されている図書館も有効に利用しましょう.
 技術士を目指す受験者の場合,土木学会誌や雑誌道路,日経コンストラクション,国交省の資料など,とかく業界に偏った読書に陥る場合が多いので,たまには息抜きも兼ねて幅広い書籍に目を通したほうがよいと思う.

 道路科目で受験するのなら,宮川公男の「高速道路 なぜ料金を払うのか―高速道路問題を正しく理解する」には目を通しておきたい.根本祐二の「朽ちるインフラ―忍び寄るもうひとつの危機」は知識の再確認だから飛ばし読みで十分です.
 新書としては,畑村洋太郎の「未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ:講談社現代新書」が必読かな?
 文庫としては,王道ともいえる塩野七生の「ローマ人の物語27 すべての道はローマに通ず(上)ローマ人の物語28 すべての道はローマに通ず(下):新潮文庫」が一押しです.総監部門の受験者なら,「マキアヴェッリ語録:新潮文庫」がお勧めかな?
 ちょっと重たい気持ちになりますが,吉村昭の「三陸海岸大津波:文春文庫」や「関東大震災:文春文庫」,「高熱隧道:新潮文庫」も外せないところ.
CIMG09577
 徐々に息抜き的な要素が増えていくが,町おこし・村おこし小説の「柔軟な発想」も取入れたい.どれもこれも似たような論調の専門書籍より,得るものは案外多いんじゃないか.
 篠田節子の「ロズウェルなんか知らない:講談社文庫」や荻原浩の「メリーゴーランド:新潮文庫」,有川浩の「県庁おもてなし課」あたりは観光的な感じ……これらの中だと「ロズウェル」が一番ユーモアに富んでいた印象.それにしても,豊富な観光資源を抱えるギリシャが火の車なのに,日本が観光にチカラを入れて,本当に産業の柱に育てられるんだろうか?

 楡周平の「プラチナタウン:祥伝社文庫」は,町おこしと老人介護の問題を同時に解決させる,という内容.ビジネスのアイデアとしては面白いと思うんだけど,「再生巨流:新潮文庫」のほうが現実味があって読みやすいかも.
 東北を舞台にした井上ひさしの「吉里吉里人(上)吉里吉里人(中)吉里吉里人(下):新潮文庫」は,かつてのベストセラーだが,あのダジャレにはついていけなかった……理解に苦しむものを延々と読まされる「修行」の度合いが高い一冊だと思います.

 完全に息抜きの領域になってしまうが,個人的な今年の一押しは,高野和明の「ジェノサイド」です.残念ながら直木賞は落選したんだけど,そのとき受賞された池井戸潤の「下町ロケット」も面白い.とは言え,以前の記事「リコール隠し」で紹介した「空飛ぶタイヤ(上)空飛ぶタイヤ(下):講談社文庫」で直木賞を取ってほしかった……これが本音かな.

日々寸感 | 【2011-10-01(Sat) 11:41:14】
Trackback:(0) | Comments:(5)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター