何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2011年12月
2011年10大ニュース
 共同通信の2011年10大ニュースを転載してみた.国内ニュースの1位は無投票で決めたらしいが,東日本大震災と福島原発事故は分けてもよかったんじゃないか.国際ニュースは市民の復権というか,民主化への動きが活発だったような気がする.国際的な民主化への動きと我が国の民主党の動き,両者では雲泥の差だが…….
 今年度は総監部門だけじゃなく,建設部門(道路科目)の口頭試験も年明けの方が多いので,建設部門は東日本大震災,総監部門は福島原発事故について,自分なりの考えを整理しておきましょう.

国内ニュース
【1位】東日本大震災と東電福島第1原発事故
【2位】菅首相が居座りの末退陣、ドジョウ野田内閣誕生
【3位】サッカー女子W杯、なでしこジャパン世界一
【4位】円が戦後最高値を更新、円売り介入、輸出産業苦境に
【5位】野田首相がTPP交渉参加を表明
【6位】東電が初の計画停電、夏は15%節電
【7位】政府要請で浜岡原発停止、九電ではやらせメール問題
【8位】大阪ダブル選で橋下氏、愛知トリプル選で河村氏側完勝
【9位】小沢民主党元代表を強制起訴、元秘書3人は有罪
【10位】八百長問題で大相撲春場所中止、25人が角界追放

国際ニュース
【1位】北朝鮮の金正日総書記が急死、世界に波紋
【2位】欧州の財政危機拡大、政権交代相次ぐ
【3位】中東に民主化の波、カダフィ大佐死亡
【4位】米特殊部隊がビンラディン容疑者を殺害
【5位】タイで大洪水、日本企業が操業停止
【6位】東電福島第1原発事故で欧州に脱原発の動き
【7位】米国で反格差デモ、世界へ拡大
【8位】ニュージーランド地震で日本人28人死亡
【9位】米アップル創業者ジョブズ氏が死去
【10位】中国高速鉄道で追突事故、40人死亡
共同通信社ホームページ:2011年10大ニュース

 東日本大震災は,「防災+減災」という耐災思想を実現するために何をすべきか,を復習しておきましょう.あえて天邪鬼的なコメントをすると,人間は防災や減災だけで生きているわけじゃなく,仕事や家族,コミュニティ,自然との共生など多面的な価値観を持って暮らしているわけで……仕事場やコミュニティから遠く離れた高台移転は“防災や減災しか考えていない”軽率な行為のようにも思える.
 予算計上の必要性は理解できるが,どこをどの程度ハード整備するのか,どこを居住地域にするのか,という利害がシビアな問題は,被災者自らが考えるチカラ(精神的なゆとり)を持ち,落着いて議論する場ができたとき,初めてテーブルに載せるべきじゃないか.津波のトラウマから抜け出せない状態では高台移転が賛成多数となるように,精神的なゆとりが無い状況では過剰な安全対策(不要不急のハード整備)になる可能性が高い.
 また,過剰な安全対策による急速な復興は,生態系保全の観点から考えると必ずしも望ましいとは言えない.「リアス式海岸だから適地が無い」という理由で,水産資源を育む効果が大きい森林を伐採したのでは,巡り巡って地場産業である水産業が衰退してしまう.こんなときだからこそ,自然環境や生態系の保全にも着目したいところ.

 福島原発事故は,つい先日事故調査・検証委員会が中間報告を公表した.畑村氏ばかりが注目されているが,他の委員もテレビの雛段芸人のような「単なるにぎやかし」ではないと思いたい.この会に限った話じゃないが,居なくてもいいんじゃないの?と突っ込まれそうな人が紛れている委員会や審査会がチラホラ…….
 中間報告は大部なので全部を読破する時間はないし,その必要もないと思う.とは言え,総監部門の口頭試験では,シビアアクシデント対策や指揮命令系統上の問題点ぐらいは聞かれるかもしれない.
 ちなみに,何でもかんでも公益確保で答えればいいってもんじゃない.それは当然として,具体的にどのような対策を打つべきだったのか,自分の組織に置き換えたとき何を改善すべきか,いかなる手段で「想定外」を無くしていくか……などなど,このへん総監の視点から回答できるように準備しておきましょう.

 年間通して好き勝手に書いてきたけど,今日の記事が本年最後となります.
 皆様,よいお年を.


―受講者さんへの事務連絡―
 先日も想定問題の配布時に案内しましたが,12月30日から1月2日までは休みを取る予定です.年明けは1月3日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2011-12-28(Wed) 14:47:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
排出権取引価格の暴落
 国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)が閉幕した.毎度のことだが,この会議は閉幕直前まで話がまとまらないんだから,各国の対立構造を緩和する“根回し”を事前にしておきべきではないか?もはや温暖化防止に向けた国際協調の将来像が見えなくなっているし,そもそも削減目標の値が非現実的なんじゃないか?
 何か文句ばかり言っているようだが,これから口頭試験を受けられる方は,以下の3点ぐらいを覚えておけばよいと思う.

1.京都議定書における温室効果ガス削減義務期間の延長
 議定書の延長期間(第2約束期間)は,2013年から5年間もしくは8年間延長される.参加するのはEUやノルウェーが中心だから,参加国の排出量は世界全体の15%程度しかない……これで意味があるのか?
2.日本は議定書の延長期間に不参加(新枠組みまで自主的な対策の実施)
 カナダも達成困難になったことが理由で脱退した.法的削減目標が無くなったとはいえ,鳩山前首相がぶちかました国際公約(25%削減義務)を日本は抱えたままです…….
3.2020年の新枠組み発効に向けた工程表(ダーバン・プラットホーム)の採択
 すべての国が協調参加する(法的拘束力のある)新枠組みを2015年のCOP21で採択,2020年の発効を目指すらしい.先進国と新興国の利害が対立する米国・中国・インドを話合いのテーブルに載せることができるのか?
CIMG09581
 細かな点は抜きにしても,「排出権取引」の現状も理解しておいたほうがよい.最近の暴落を知らずに,市場メカニズムを活用した温暖化対策を推進すべき,と口頭試験で胸張って回答するのはまずい.
 世界の取引量の9割近くを担っているECX(欧州気候取引所)では,排出量取引価格の国際指標である「ICE ECX Futures」の下落が止まらない.図の0.00%(2008年10月リーマン・ショック後)時点では,排出枠1トン当たり17.00ユーロ(約1,700円:0.00%)だったが,直近の2011年12月では4.42ユーロ(約440円:-74.00%)になっている.

 3年程度で74%も下落するような市場メカニズムが,果たして適切だと言えるだろうか?排出権取引だと実感しにくいかもしれないが,たとえば100万円の価値だったものが3年程度で26万円の価値になったらどう思うだろう.日本企業がせっせと買い続けた結果がこれである……欧州のマネーゲームに翻弄されすぎ.
 COP17で京都議定書の期限が切れて「法的空白期間」ができると,排出量取引価格が大暴落するリスクがあったから,EUは延長に必死だったんだろうな……とは言え,債務危機に伴う景気低迷で企業の生産活動が後退すると,温暖化ガスの排出量が減り,排出枠の需要が小さくなるから,結局下落は止められないと思うんだけど.

 話は思いっきり変わりますが,先週末は東京模擬面接でした.受講された皆さんは宿題!?を貰ったと思うので,年末年始を有意義に過ごしてください(ここが勝負の分かれ目です).試験官役として参加されたココアさん,コックンさん,りえ蔵さん,無償で協力していただいた皆さんには本当に感謝しております.
 受講者さんの中には,クリスマスが面接本番の方もおられます.寒暖の差が激しいので体調管理には十分気をつけて,今の自分ができることを精一杯ぶつけてきてほしいと思います.皆さんからの結果報告をお待ちしております(吉報が届きますように).

―受講者さんへの事務連絡―
 2回目の大阪模擬面接があるので12月23日(金)から24日(土)は添削をお休みさせてください.12月22日(木)に送られたメールは,基本的に12月25日(日)以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

―平成24年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は想定問題7問(専門その7まで)を配布済みです.総監部門は想定問題その5までを配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

建設一般 | 【2011-12-14(Wed) 17:48:05】
Trackback:(0) | Comments:(2)
口頭試験情報
 本業が忙しくて更新が遅くなりましたが,とりあえず大阪と福岡の模擬面接の話でも.
 毎年のことながら,自分の中で体験論文のストーリー(裏付けやバックデータなど)が曖昧になっており,そこを突っ込まれるとオロオロになってしまうパターンも見受けられました.再度体験論文の内容(なぜそう考えたのかという論拠)を整理して,何を聞かれても受け答えができる,いわゆる「鉄板」の状況に持っていってほしい.
 模擬試験官役からの厳しいツッコミのおかげ!?で,受講者さんは解消すべき弱点が見えたと思います.

 試験官役として【大阪】で参加されたオールAさん,とんぼさん,りえ蔵さん,FURUさん,ハンドルネームが無い!?大阪のMさんとKさん,【福岡】で参加されたよっしー1号さん,とんぼさん,NABEさん,【北海道】で参加された(会場提供者の)Hさん,こうへいのちちさん,たにぶーさん,りんりんさん,じゅまめさん,J10さん,ギャロさん,無償で協力していただいた皆さんには本当に感謝しております.
 ハンドルネームは講座申込当時のものなので,誰が誰だかわからないかもしれませんが,次回会うときのネタにでもしてください…….都合のつかなかった“いなかものさん”を筆頭とした受講者OBの皆さんは,隠し玉ということで来年度よろしくお願いします.
CIMG09580
 受講者さんの中でも話題になっていた「口頭試験情報を公開するか否か」についてですが,私の考え方は昔から一貫していて,同一年度の受講者さんが互いに不公平を感じないような対応を取る,これに尽きます.つまり,先に面接を受けた受講者さん(先発組)から得た情報を,後から面接を受ける受講者さん(後発組)へ垂れ流さない,ということ.
 毎年,面接を終えた先発組から多様な情報が入ってくるんだけど,後発組が有利になりそうな情報は一切口外しない.今までもそうしてきたし,これからもその考えに変わりはない.

 たぶん,先発組の合否は面接直後,その日のうちに確定している.普通に考えると,その日面接した受験者全員の中で合否を決めているんじゃないかな?12月3日の面接受験者が10人であれば,そのうち8人が合格みたいな感じ……そうしないと適正な評価はできない.たとえば,12月24日のAさんと12月3日のBさん,どちらか1名だけを合格にしよう,という神業は(時間が空いて記憶が飛ぶので)不可能だ.長くても1クール(土日の2日間)で決めているんじゃないかな?
 そうやって考えると,後発組に情報を垂れ流しても先発組の有利・不利は関係ない……とは言え,先発組の受講者さんが不公平に感じる行為は慎むべきだと思う.これは受講者さんに限った話ではなく,すべての面接受験者に対しても同じことが言えます.

 明日からフォーラムエイトで面接が開始されます.受講者さんの中でも明日,明後日と面接の方がおられるので,今の自分ができることを精一杯ぶつけてきてほしいと思います.皆さんからの結果報告をお待ちしております(吉報が届きますように).

―受講者さんへの事務連絡―
 東京模擬面接があるので12月10日(土)から11日(日)は添削をお休みさせてください.12月9日(金)に送られたメールは,基本的に12月12日(月)以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.
 事前にお伝えしておきますが,2回目の大阪模擬面接があるので12月23日(金)から24日(土)は添削をお休みさせてください.12月22日(木)に送られたメールは,基本的に12月25日(日)以降の返信になります.

―平成24年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は想定問題7問(専門その7まで)を配布済みです.総監部門は想定問題その4までを配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.特に,ヤフーのメールアドレスを使われている受講者さんは,ときどきエラーが出るようなので,注意して確認してみてください.

日々寸感 | 【2011-12-02(Fri) 18:05:20】
Trackback:(0) | Comments:(3)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター