何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2013年05月
オープンデータやビッグデータの利活用
 短期筋の大口注文をきっかけに連鎖的な下落や上昇が加速し,マーケットは混乱しているようだ.アルゴリズム取引も問題視されているようだが,何事も利益(自動的な売買執行)と不利益(止まらない乱高下)が併存するのは当たり前じゃないかな?利益だけをもたらす技術なんて,永久機関の発明と同じで夢話もいいところ.

 株式市場の暴落で片隅に追いやられた感がしないでもないが,IT総合戦略本部が公表した「世界最先端IT国家創造」宣言では,公共データの民間開放(オープンデータ)やビッグデータの利活用が強調されている.ビッグデータは単に大量のデータというわけではなく,膨大ながらも多様なデータ群に関連性を持たせ,多角的に解析し,従来隠れていた視点を顕在化させるものである.これもアルゴリズム取引同様,メリット(新たな予測や対応策の創出)がある反面,デメリット(個人情報の国家管理!?)も内含している.

 政府は24日、IT(情報技術)総合戦略本部(本部長・安倍首相)の会合を開き、今後5年間の新たなIT戦略を正式に発表した。
 ビッグデータとよばれる多種多様な電子データをビジネスで活用しやすい制度を整えたり、公共データを一般に公開して企業の利用を促したりすることなどで、新しい産業の創出を目指す。政府がIT戦略をまとめるのは2010年5月以来3年ぶりで、6月にまとめる成長戦略に盛り込まれる。
 戦略のタイトルは「世界最先端IT国家創造」宣言で、〈1〉新産業・新サービスの創出〈2〉健康・安心・快適な生活と災害に強い社会〈3〉ワンストップの公共サービス提供――の3項目を柱に据えた。
 主な取り組みとしては、13年度中に府省が持つ公共データを横断的に検索できるサイトを作り、15年度末に他の先進国と同水準の公開内容を実現する。
 YOMIURI ONLINE 2013年5月24日:政府がIT戦略発表…ビッグデータ整備

 社会保障・税の共通番号(マイナンバー)法も24日に成立したようだが,普及率が約5%の住基カードと同じく数奇な運命をたどるんじゃないか.まー,新幹線や高速道路などの大型公共事業に似て,ITベンダーの仕事を作るために法案を提出した感は否めない.
 安倍政権で「人からコンクリートへ」と軌道修正されたから,“おらが村にも”の精神で「コンクリートとITへ」という花火を打上げたのかな?

 「世界最先端IT国家創造」宣言とマイナンバー法をセットで見ると,いずれマイナンバーのカード媒体に免許証番号(交通違反歴)も組込むんじゃないか.たとえば,違反頻度の高いドライバーに対しては,次世代GPSで自動車を補足して(ETCにマイナンバーのカードを挿入させて)走行速度を常時監視する仕組みも考えられる.
 Amazonのレコメンデーション・システム(この商品を買った人はこんな商品も買っています)のように,カーナビも「このルートを通った人はこんな寄り道をしています」みたいな機能が搭載されるんだろう.ここまで来ると,本来使う側の人間と使われる側のITの立場は完全に逆転しているわけで……こうした便利さの勘違いが続くと,人間の多様性や主体性を劣化させるだけじゃなく,ITによる想定行動以外は許容できない社会になるんじゃないか.

 あれやこれやと無駄話が長くなったけど,「どのようなITの活用が見込まれているのか」という観点から,概要p.3・本体p.12の「(2)世界一安全で災害に強い社会の実現」と,概要p.4・本体p.14の「(4)世界で最も安全で環境にやさしく経済的な道路交通社会の実現」ぐらいには目を通しておきましょう.
 総監部門を受験される方も,「世界最先端IT国家創造」宣言(案)やマイナンバー法の趣旨を,情報管理の観点から把握しておく価値はあると思います.

PDF:IT総合戦略本部:「世界最先端IT国家創造」宣言(案)(概要)
PDF:IT総合戦略本部:「世界最先端IT国家創造」宣言(案)(本体)

―受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は想定問題17問(従来の選択科目その11・新設分野その6:最終問題)を配布済みです.総監部門は想定問題その10(最終問題)までを配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

建設一般 | 【2013-05-25(Sat) 14:38:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
PFIは本命か?
 掲載した記事は「空中権」に関する話題だが,最近やたらとPFI関連のニュースが多い.昨年までの建設一般論文が今年も継続されていたら,本命はPFI/PPPなんだろうなぁ.
 PFIを本命と予想されている方も多いと思うが,PFI推進の課題は,採算性や運営ノウハウなどの経済学・経営学,あるいは法体制や契約などの法律学が中心となる.つまり,理工学を主とする技術士(国によって科学技術に関する高度な知識と応用能力が認められた技術者)に問うべき内容なのか?という天邪鬼の見方もできる.
 とはいえ,課題解決能力論文(制度改正で新設される分野)は,「選択科目」に係わる社会的な変化に関係する最新の状況も対象とされるから,「選択科目」がPFIに関連する道路・港湾及び空港・都市及び地方計画で受験される方は準備しておいたほうがよいと思う.

 政府が7日に開いた経済財政諮問会議(議長・安倍首相)で、民間議員から、首都高速道路の老朽化に伴う巨額の改修費用の一部を捻出するため、道路上の空間を利用できる「空中権」を民間事業者に売却する提案があった。
 政府は、公共施設の運営権などを民間に売却した資金を社会資本整備に充てる政策を推進する方針で、今後、東京都などと本格導入に向けた協議を進める考えだ。
 会議で、安倍首相は「高速道路の大規模改修は、都市と高速道路の一体再生に向けた起爆剤。具体的な検討を続けてほしい」と太田国土交通相に指示した。
 政府が空中権の売却対象として想定しているのは、都心環状線の東京都中央区銀座周辺の約1キロの区間。現在は半地下となっている道路に天井を設け、地上面を造成する。この土地の上空に空中権を設定して売却するなど周辺地域の都市開発計画と一体で進める考えだ。
 YOMIURI ONLINE 2013年5月8日:首都高の「空」売ります…改修費用捻出で検討へ

 経済財政諮問会議の提出資料(PDF:21世紀型の社会資本整備に向けて)では,将来の国民にとって真に必要なサービスはどのようなものか,という観点が強調されている.これも「科学技術に関する高度な知識と応用能力」との関連性は低いように思える.
 真に必要なサービスはどのようなものか,を突詰めると,人は社会資本に何を求めるか,という公共哲学的な話になってくるんじゃないか.社会資本は人が快適に生きるための基盤であって,より高次なものを望むと,楽しさや良質さを求めるようになる.こうしたニーズの何が真なのかを決めるのは困難だし,「将来の国民にとって」の「将来」ほど不確実性は高いわけで……結局どこに科学技術の出番があるんだろうか.

 PFI/PPPで公的負担を減らそうとする意図は理解できるんだけど,それよりも高齢者3経費(基礎年金・老人医療・介護)の削減というか,世代間格差の是正が先のような気がする.高齢シルバー世代を中心に回る社会システムの見直しこそ,真に必要な成長戦略なのかもしれない.

PDF:経済財政諮問会議説明資料:21世紀型の社会資本整備に向けて(参考資料)
PDF:経済財政諮問会議説明資料:社会資本整備について

―受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は想定問題16問(専門(従来の選択科目)その11・専門(新設される分野)その5)を配布済みです.総監部門は想定問題その10(最終問題)までを配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

建設一般 | 【2013-05-09(Thu) 18:41:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター