何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 資格が引出す技術力
資格が引出す技術力
 日経コンストラクション2月24日号に,「資格が示す技術力」という特集があった.相変わらず技術士に対するニーズは高いようだ……読むのが遅すぎるかも……あはは.

 毎度のことだが,こういった特集で必ず出てくる文句がある.技術士という資格に技術力が追いついていない,という趣旨である.特に,ご年配の方がこういった意見を出す.私は,こんな意見が嫌いだ.自分が入っている器の高さを上げて新たな人の侵入を防ごうとする姿勢がミエミエだから.もっとオープンな勝負を心掛けたいもんです.
 
 私は,技術士になってから技術力を磨けばよいと考えています.技術士になれば嫌でも技術力を磨かざるを得なくなるでしょうから……技術士がこんなこともわからんの?とか言われたら誰だって悔しいでしょう?
 正直な話,今でも受講者さんから教えられることもあります.同じ道路科目といってもその範囲は広いので……,誰だって神様じゃないんだからわからんことはあるわけです.それを認めることも技術士として大切だと思うのですが……ふんぞり返るだけの技術士はイラン.

 「資格が示す技術力」というよりも「資格が引出す技術力」という見方もあるのではないか,と感じた記事でした.

 それにしても,あっという間に願書申込み時期なんですね.
 受講者さんに教えてもらったんですが,いく・にげる・さる(1月,2月,3月)とはうまい!

―今日のことわざ―
河童も一度は川流れ


日々寸感 | 【2006-03-07(Tue) 19:43:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター