何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 量的緩和政策が5年ぶりに解除
量的緩和政策が5年ぶりに解除
 皆さん景気回復らしいですよ!私の周りではそんな話ないですね……建設業界だからか……あはは.

 とうとう「量的緩和政策」が5年ぶりに解除されました.解除条件として示してきた「消費者物価上昇率が安定的に0%以上」を満たしたと判断されたようですね.
 それにしても,石油価格が下落に転じてもマイナスへの後戻りはないんでしょうか.今年は特別な寒さだったような(季節関連品目を除いた物価上昇率ってどんなもんなんでしょう).ITバブルのときみたいに,今度もデフレ脱却失敗したら日銀どうすんだろ?ここんとこ政府は責任逃れに必死なようですし.
 
 とりあえず,しばらく毎月約1.2兆円の長期国債買入れも継続するみたいですし,短期金融市場ではゼロ金利が続くんでしょうけど.マーケットに早期利上げの観測が広がったら,中長期の金利上昇や円高,株安が進みそう……こりゃ参ったな…….
 
 そろそろ技術士関連の記事として,こういうときこそ,案外無難な「効果的かつ効率的な社会資本整備」が建設一般論文になりそうな予感がしますね.「はじめに」あたりにでも「量的緩和政策が5年ぶりに解除」という記述があってもいいでしょうね,タイムリーなものが好まれるので.
 
 今週末は,通常業務の納品が迫っており手一杯なので,添削はボチボチということで了解願います…….

―今日のことわざ―
酒買って尻切られる


建設一般 | 【2006-03-09(Thu) 20:38:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター