何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 「超(チョー)」で事故防止?
「超(チョー)」で事故防止?
 いくらなんでも路面標示に「超」急カーブって……そのうち「超止まれ」なんか出てくるのかな.これを経験論文のネタにしてもA評価は期待できん……. 
 

若者言葉「超(チョー)」で事故防止――。東京都西部の街道に白文字で書かれた「超急カーブ」の路面表示が17日、お目見えした。この場所で起きた高校生のオートバイ事故をきっかけに、警察が若者に訴える言葉の路面表示を提案、実現した。道路に浮かぶ全国初の「超」表示、その効果のほどは・・・・・・。「NIKKEI NET 2006年4月17日」


 どうのこうの言っても,交通安全対策というものが手詰まりになってきているんでしょうね…….
 今以上に交通事故を削減しようとすれば,車に乗る人を減らすという根源に戻らない限り,どうにもならんでしょう.
 
 今の道路整備は堂々巡りになっているような感じですから.
 渋滞緩和策として「車道」を整備すると,車が増える.車が増えることによって交通事故も増える.
 そこで,交通事故削減策として「車道」をいじめて「歩道」を整備する(「車から人重視の整備」ですね).すると,「車道」の交通容量が不足,渋滞が発生する(元の木阿弥).
 
 もちろん,こんなイランことは試験で記述する必要はありません.ただ,「超(チョー)」で事故防止はあまりにも情けないだろ,と.
 
―今日のことわざ―
後の祭り


道路科目 | 【2006-04-17(Mon) 17:20:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター