何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 「エンゼルプラン」は役立たず
「エンゼルプラン」は役立たず
 建設一般論文の準備を始める時期になりました.大本命は「安全・安心」ですが,少子化などの人口構造問題も抑えておくべき課題です.
 少子化に歯止めがかからないのは,結局「安全・安心な社会」が構築されていないからなんでしょうね.もちろん,年金制度や学費など,社会資本整備以外の側面が大きいとは思いますが. 

 「こどもの日」にちなんで総務省が4日付で発表した4月1日現在の子供(15歳未満)の推計人口は、昨年より18万人少ない1747万人と、25年連続で過去最低を更新した。総人口に占める割合も、13.7%で昨年より0.1ポイント下がり、32年連続で低下している。

 子供の割合は1955年には総人口の3分の1を超えていたが、第2次ベビーブーム期(71?74年)を除いて年々減少。97年に高齢者(65歳以上)の割合と逆転した。今年も高齢者の割合は20・4%となっている。

 各国との比較でも、日本の子供の割合は最低水準で、中国は21.5%、米国は20.7%、韓国は19.1%、フランスは18.6%となっている。
「MSN毎日インタラクティブ 2006年5月5日」


 どうしても準備に余力がない人は,人口減少や少子高齢化などの人口構造の問題が出題されたら,強引に「安全・安心」というテーマに論点を摩替えることもできるでしょうね.
 少子化が解消されないのは,安全・安心な社会が構築できていないからだ.だから,安全・安心な社会を構築するための社会資本整備こそ,建設部門に課せられた喫緊の課題といえる.よって,○○という方策が重要だと私は考える.……こんな感じかな.

 ゴールデンウィーク中ですが,添削すべき論文がドンドン送られてきております……この時期は毎度のことなんですが.年度末は勉強できず,この時期になって急激に勉強を始める人が多いというのが実感です.まー,この時期に気合を入れなければいつ入れるんだ,ということになるので頑張ってほしいと思います.
 私も明日ぐらいは休もうと考えているんですが,どうなることやら……あはは.
 
―今日のことわざ―
苛政は虎よりも猛し


建設一般 | 【2006-05-06(Sat) 13:12:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター