何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 「使う力」を磨け!
「使う力」を磨け!
戦略コンサルであるボストンコンサルティンググループ日本代表の御立氏が新書で出版されている「使う力」を読んだ.結構,技術士試験でも同じことがいえるなと共感する箇所がありました.

この時期,専門問題を準備していると,あれもこれも出題されそうな気がする受験者が多いようです.それらすべてを準備することも不可能じゃないでしょうが,択一の準備とかを考えると非効率的でしょう.

なにが言いたいかというと,「流用する力」すなわち「使う力」が大事ということです.

「用意した論文」×「使う力」=「対応能力」と考えればよいと思うんです.
たとえば,10本の論文を用意した人の使う力が10段階中5とすれば,対応能力は50です.逆に5本の論文を用意した人の使う力が10とすれば,これまた対応能力は50です.

つまり,人間の記憶できる量には限りがあるんだから,ある程度の論文を用意したら,あとは「使う力」を磨けということです.
なお,ロジックが成立していないと,「使う力」としては認められません.ですから,論理的に考えて矛盾なく用意した論文にどうやってつなげるか,これが技術士試験における「使う力」と考えてよいと思います.

受講者の皆さんもそろそろ「使う力」を磨いていきましょう.作成講座第2回で示した「流用」を自分だけで考えていくのは効率が悪いと思うので,受講者の皆さんからの予想問題を募集します.もちろん想定問題以外のものです.受講者の皆さんから寄せられた予想問題に対し,想定問題で用意した回答にどうやってつなげるか,この指導を進めていきたいと思います.
なお,基本的に予想問題を提出された方のメリットとして,その人が作成した想定問題論文をもとに回答例を提示したいと考えております.
暗記や択一対策などの時間も考えると,予想問題の提出期限は,今月いっぱいが限界かな.

アマゾンで注文する場合,送料を取られるのはもったいないので,あわせて1500円以上になるよう,読んでおいて損がない新書を紹介しておきます.
使う力 PHPビジネス新書 御立 尚資 (著)
公共事業の正しい考え方―財政赤字の病理 中公新書 井堀 利宏 (著)

―今日のことわざ―
先んずれば人を制す


道路科目 | 【2006-05-14(Sun) 13:14:32】
Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント
私は鋼構造及びコンクリートで受験するものですが、いつも参考にブログを見させていただいています。私は専門がB判定で不合格となっています。ブログに記載ありましたように、試験ではまさに自分の暗記した論文を写す作業で精一杯です。『流用する力』は、鋼構造及びコンクリートで受験する私にとっても参考になると思います。受講していませんが、詳細を教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。
2006-05-24 水 12:32:37 | URL | 専門問題対策 #- [ 編集]

うーん、他人事ながら、受講していなければ難しいのでは・・・。
ヒントとしては、論文を覚えたら、その中のキーワードを整理しておき、キーワードを書いたら、芋づる式に論文を思い出せるようにすることでしょうか?
2006-05-25 木 00:04:40 | URL | 魔法使い #- [ 編集]

専門問題対策さん,魔法使いさん,こんにちは.

魔法使いさんが指摘されているように,受講者に教えるのも難しい状況なので,ここで詳細を公開してもチンプンカンプンだと思います.また,すべてを公開したのでは受講するメリットがないですし……あはは.

ヒントとしたら,専門問題対策さんがおっしゃっている自分の暗記した論文を一部改変することによって解答するということです.論理的かつ柔軟な発想で.

私の指導方針は,魔法使いさんの「キーワード芋づる式」とは違いますが,この方式も有益だと思いますよ.

なお,『流用する力』は応急措置だと考えてください.理想は試験当日問題を見てから論文構成できることです……ちょっと建前論ですが.
2006-05-25 木 08:31:22 | URL | らがー #- [ 編集]

正直いって技術士論文なんてものはしれた物です。自分の経験を書けばいいだけす。所詮そんなもんです。努力など不要。くだらん試験です。正直。仕事ができてなんぼのものでしょう。レベルの高い人にとっては。資格より実力。これは正直なところ。
2006-05-29 月 23:42:19 | URL | しょうじきもの #- [ 編集]

しょうじきものさん,こんばんは.

レベルの高い人という定義が曖昧ですが,レベルの判断にはいろんな見方があると思います.つまり,ある特定の分野に秀でている人,あるいは幅広い分野に長けている人,どっちもレベルは高いと思います.
この点,私が添削している人達は,皆レベルが高く,仕事もできると想像しております(お世辞じゃなく).他の受験者も似たようなもんじゃないかな.得意とするものは人それぞれでしょうが.

資格より実力,これは誰しも理解しているはず.でも,実力があっても資格が無かったら食えない時代なんだから,受験者のモチベーションを下げるような発言は勘弁してください.

くだらん試験かどうかは,これから受験する者が決めることであって,正直も何も,他人がとやかく言う筋合いは無いと思います.正直.
2006-05-30 火 20:36:58 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター