何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 ジャワ島津波……また甚大な被害
ジャワ島津波……また甚大な被害
 今年も建設一般論文の出題予想として「国際化(国際協力)」を大穴扱いしています.この時期になって大穴扱いの論文を作る必要はないと思いますが,出題されても対応できるよう,頭の中では方策ぐらい考えておきましょう.建設部門の技術者ができることは,たくさんあるような気がします.

 インドネシア・ジャワ島南西沖で発生した地震と津波による死者は18日夜までに341人に上った。
 今回の地震では、住民や観光客が津波到来を察知出来たか否かが生死を分けた可能性が高い。被災地では、自治体による津波警報などは一切発令されず、地震大国インドネシアの備えが依然不十分なことを浮き彫りにした。
「YOMIURI ONLINE 2006年7月19日」


 それにしても豪雨ですね…….受講者の皆さんは,専門の予想問題で準備しておいて正解だったような気がします.もう試験問題は作成されているでしょうから,出題されるかどうかは別としても,心理的に安心できるかなと.
 
 もう論文を暗記する時期に入っていると思います.択一もそろそろ仕上げの時期かな?泣いても笑っても,あと3週間弱です……寝食忘れるぐらいやってみましょうよ.

―今日のことわざ―
子に臥し寅に起きる


建設一般 | 【2006-07-19(Wed) 11:51:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター