何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 公共事業のあり方が問われる長野県
公共事業のあり方が問われる長野県
 豪雨被害が続く長野県ですが,8月には一騎打ちによる知事選があります.両陣営の支持基盤など細かなことは知りませんが,公共事業のあり方が争点になりそうだ…….

◇村井仁さん(前自民党衆院議員)
 岡谷市で土砂災害のあった場所は全国に30万カ所あるといわれる危険個所。他県では、未然に被害を防ぐ作業をしているが、県内ではこの6年間、理念を優先させ、手だてが講じられなかった。それが知事選直前に明らかになった。まさに天の戒めだ。……
 
◇田中康夫さん(現職長野県知事)
 私たちの県財政を救ったのは、無駄な大型公共事業との決別をする「脱ダム宣言」だった。地元に利潤をもたらすと言われていた公共事業は、県外の一部の建設業者への利益還元だった。……
 「asahi.com 2006年7月21日」

 
 先日公開された骨太の方針でも「公共事業の削減」は明記されています.費用対効果を考えると,都市型水害対策は予算がつくが,過疎地域の水害対策なんてだめだ,ということです.
 費用対効果分析で厄介なのは,「災害が起こったときにかかる復旧費用」と「災害が起こる前の整備費用」,これらの比較が厳密にできないことにあります.災害発生確率が絡む問題ですけど,「災害が起こる前の整備費用」のほうが安価でしょう.
 
 長野県岡谷市の土砂災害についても,事前に対策したからといって完全に防止できたかどうかはわかりませんが,被害の低減はできたんじゃないかな.この点よーく考えないと,今後も過疎地域は災害(人災)が増えるでしょう.

 それにしても,マスコミ報道は日頃から「公共事業は削減すべき」としているため,いざ災害が起こったときでも「過疎地域にも公共事業が必要なのでは?」と言えないんだろうな…….
 地球温暖化の影響では?なんてコメントする前に,過疎地域の現実を直視すべきではないかな.

―今日のことわざ―
二度あることは三度ある


建設一般 | 【2006-07-22(Sat) 10:30:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター