何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 低価格落札緊急対策ってどんな対策?
低価格落札緊急対策ってどんな対策?
 口頭試験の準備をされている方は,談合に対して自分がどういった考え方をしているのか,明確に主張できるよう準備しておきましょう.それにしても自民党は選挙対策に必死ですね……,低価格での落札防止対策って綺麗ごと言っても,談合しかないんやないの? 
 

自民党は2日、公共事業の無理な低価格落札による手抜き工事を防止するため、党内に「公共工事低価格落札緊急対策委員会」(仮称)を設置する方針を固めた。
 公共事業の安全性確保を目的に、政府に不当な低価格での落札防止対策を講じるよう求めるものだ。
 しかし、入札の低価格競争にあえぐ建設業界を救済し、来年夏の参院選での支援を期待した業界向けのアピールという側面もあり、今後、論議を呼びそうだ。

 小泉前首相の構造改革路線の中、公共事業の総額が年々縮小しているうえ、談合事件の摘発により、限られた事業を建設業者が奪い合い、低価格競争が激化している。入札価格を抑えようとするあまり、手抜き工事の横行や、施工能力のない業者の受注も指摘されている。建設費の削減圧力が引き金となった耐震強度偽装問題の表面化も、こうした懸念に拍車をかけている。……以下略……
 「YOMIURI ONLINE 2006年10月3日」

 

 昨晩は,村上龍がメインインタビュアーを務める「カンブリア宮殿」を見た人もいるんじゃないかな.「公共事業入札改革の行方」というタイトルだったので.
 ゲストとして,第一測量設計コンサルタントの近藤社長,バリバリ建設族の脇参議院議員,CM方式による施工を推進している希望社の桑原社長,3名が出演されていました.
 近藤社長は天下りの廃止,脇参議院議員は土木事業の特異性,桑原社長は自由競争の拡大を訴えておられました.村上龍は長崎県出身ということもあって,地方の実情を踏まえたコメントをしていました……ちょっと意外でしたが,彼が一番まともな感性を持っていたような気がします.

 談合を無くして自由競争(低価格競争)すれば,当然つぶれる会社(敗者)が出てくるわけですが,地方には敗者が転職する産業がないと思うんです.炭鉱を閉山した当時の例を挙げる方もおられますが,あきらかに時代が違います.
 それに,建設業に携わっている人が異様に多いんですよ……地方は.こうした人へのフォローなしに自由競争したら,地方経済はガタガタになっちゃうと思うんです.
 
 談合は必要悪なんじゃないかな,というのが私個人の意見ですね.モラル的に考えて過度のものは論外ですが,末端作業をする人の人夫賃を考えると「談合イコール悪」とは言い切れないんじゃないかと.
 
―今日のことわざ―
人の痛みは三年耐える


建設一般 | 【2006-10-03(Tue) 14:03:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター