何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 大丈夫か,ソニー.
大丈夫か,ソニー.
 今年8月にデルのノートパソコンで問題が発覚してからというもの,どう見てもソニーの対応は後手後手というか,嘘ばっかりでした.
 当初は「デル製品だけで他にはない」って説明し,その後アップルコンピュータのときには「これ以上の回収はない」と断言してたのに……その後も着実にリコールが増加しております……あはは. 

 東芝はノートパソコンに搭載したソニー製リチウムイオン電池の自主回収・交換問題で、電池を供給したソニーに損害賠償を請求する方向で検討に入った。回収による製品イメージ悪化や販売機会の損失について補償を求める方針だ。富士通も賠償請求の検討を始める見通し。大手企業間のトラブルは損害額や補償額を明らかにしないであいまいに解決することが多かったが、株主の監視の目が厳しくなる中で、賠償請求などの手段が広がる可能性がある。

 東芝は83万個のソニー製電池の回収を進めている。電池本体や物流経費など交換にかかわる直接的費用はソニーが負担する方向で交渉が進んでいる。しかし「販売機会損失やブランド価値の低下などについても補償を求めざるを得ない」(東芝首脳)としている。
 「NIKKEI NET 2006年10月16日」


 回収費用だけでも数百億かかるんでしょうし,これでプレステ3がコケたら目も当てられんような下方修正になるんだろうな……株主にとっては危機的状況です.ソニーの経営陣は考えが甘いというか,問題軽視というか,困ったもんです. 
 国内だったら松下やシャープもありなんでしょうけど,世界市場で考えると,ソニーのブランド力は群を抜いています.こうしたブランド力に対する過信,殿様商売ぶりが,問題への対応を遅らせたんでしょう.

 ソニーは個人主義の会社というイメージが強いんですが,コンプライアンス云々という組織体の力量が求められる今日,時代にマッチしていないのかもしれませんね.
 個性が際立った組織体の脆さが露呈しちゃったのかな……うちの事務所なんかと規模が違いすぎるので,あまり偉そうなことは言えんが.
 
 総監の口頭対策をされている方は,この問題をどう収拾し,どう改善していくべきか,自分の考えを明確にしておきましょう.技術の管理面はもちろんですが,経営的な視点もあればなお良しです.受験者の力量を確かめるには,一番のトピックスだと思います.
 
―今日のことわざ―
無い袖は振れない


総合技術監理 | 【2006-10-16(Mon) 18:05:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター