何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 取るべきリスク
取るべきリスク
 建設部門(道路)の口頭試験を終えた受講者さんから,続々と報告が届きました.来年度の試験を見越してか,経験論文に対する質問が多かったようです.専門や建設一般に関する質問は無かったようですね.皆,倫理に関する質問まで辿り着いている(口論なんか無かったようです)ので,多分大丈夫だろうと感じております.不安に感じているぐらいがちょうど良いというか,自信満々の報告を受けるほうが怖い…….
 
 さて,話は変わりますが,来年度の受験を迷っている方が多いようです.誰だって,来年の出題を見てから,再来年受けたほうがリスクは低いと考えるでしょう.でも,それってリターン(合格の可能性)も低いということなんですよ.再来年には,どんな受験者でも傾向をつかんでくるんですから,相対的な評価基準は引き上げられるでしょう.

 リスクには,あえて取るべきリスクと,取らなくてよいリスクがあります.自分の生命を脅かすようなリスクを取る必要はありませんが,来年度の出題内容はわからない,というリスクは取るべきリスクだと思います.どんな受験者も出題内容が読めないんだから,そのぶんリターンは大きくなる.こんなチャンスは試験改正の初年度しかないんですよ.もし,出題が予想したものとまるっきり違ってもいいじゃないですか,敵前逃亡よりよっぽどましだと思います.
 
 やっと口頭試験が終わった人には鞭を打つような内容になりましたが,道路以外の科目や総監にチャレンジするとか,とにかく2月9日の最終発表日まで有意義に過ごすよう心掛けてください.
 
―今日のことわざ―
宝の山へ入りながら手を空しくする 


日々寸感 | 【2006-12-04(Mon) 12:13:34】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
昨日、口頭試験(鋼コン)を受講してきました。経験論文の質問は3,4問程度で、後は専門科目、建設一般に関するものまで非常に範囲が広い(まあ、オーソドックスなのかもしれませんが・)質問内容でした。
緊張していましたので、なかにはトンチンカンな回答をしてしまったものもあったかもしれません。
なお倫理と法律は、最初に聞かれました。
科目によって傾向は違うのかもしれません。

なんとか頑張ったつもりですが・・(噂によく聞く若年齢者に対する意地悪質問は全くありませんでした。)

ともかくあとは、結果をおとなしく待つしかありませんね。

ではまた。
2006-12-04 月 22:09:11 | URL | やす #- [ 編集]

やすさんの報告を読むと,科目によって,傾向が違いますね.道路では,倫理や法律は後回しだったようですし,専門や建設一般に関する質問は少なかったようです.

トンチンカンな回答をしたとのことですが,ノーミスという完璧な返答ができる受験者なんて誰一人いません(あの緊張状態では無理です).

不安な気持ちを持っているのは皆同じですから,そう気にする必要はないと思います.

吉報をお待ちしております.
2006-12-05 火 11:51:50 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター