何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 人間活動は温暖化の『一因』ですよ.
人間活動は温暖化の『一因』ですよ.
 相変わらず地球温暖化に関する話題が飛交っているようです.それにしてもマスコミのつけるタイトルが問題だと思うんだよな……「人為的と確信」って,人間活動が温暖化の『一因』と確信したってことなのに,これじゃ,すべてが人間活動の責任なんだ!!!に近いんじゃないの? 

地球温暖化:「人為的と確信」IPCC報告書
 地球温暖化に関する最新の分析や予測を集約する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第1作業部会は1日、21世紀末に地球の平均気温が最大で6.4度、海面は最大59センチ上昇すると予測する第4次報告書をまとめた。当初案より0.1度及び1センチ上方修正された。人間活動が温暖化を起こした可能性については「かなり高い」と従来より表現を強め、確率は90%以上とした。
 ……中略……
 報告書は、大気や海の平均気温の上昇や雪氷の融解などの現象を根拠に「地球温暖化は疑う余地がない」と指摘。18世紀半ばの産業革命を境に、温暖化を起こす二酸化炭素(CO2)とメタンがそれぞれ1.4倍、2.5倍に急増したことを挙げ、「1750年以降の人間活動が温暖化の一因だと強く確信した」と分析した。
 ……中略……
 第1作業部会報告書の骨子は次の通り。
・大気、海洋、雪氷などの観測から、地球温暖化は明白だ
・1906?2005年の地球の平均気温は0.74度上昇した
・1961?2003年に年1.8ミリの割合で海水面が上昇した
・20世紀半ば以降の気温上昇は、人間活動による確率が90%以上
・20世紀末に比べ21世紀末の平均気温の上昇幅は1.1?6.4度
・21世紀末の海水面上昇幅は18?59センチ
・猛暑や熱波、豪雨の頻度が増える可能性がかなり高い
「MSN毎日インタラクティブ 2007年2月2日」

 地球が温暖化しているという客観的事実と,その原因がなにかという主観的意見,これらがごちゃまぜになっているような気がします.報告書の骨子にも書かれていますが,地球温暖化が明白ということに異論を唱える人は少ないと思います.ただ,その原因を「人間活動」に求めすぎるからおかしくなる.地球の気候変動メカニズムが解明されていないのに,どうやって90%以上という定量的な数値が算出できたんだろうか.
 
 くれぐれも,私は温室効果ガスをドンドン出せばいいなんて考えていません.誰だってクリーンな世界を望んでいるはず.でも,中国,インド,ブラジルという開発途上国に対して,京都議定書では排出量の削減を求めていません.原因は人間活動だ云々の前に,進めるべき外交があるんじゃないのかな.BRICsやNEXT11のような開発途上国(大排出国)が野放しなら,キョウトという名所に泥を塗られたままの状態だと思います.

 毎度のくだらん話になってしまいましたが,どうのこうの言っても地球温暖化は今年注目されているテーマということです.ですから,建設一般論文で「地球温暖化」を準備される方は,公開されている最新データを使うようにしましょう.

―今日のことわざ―
鹿を指して馬と為す


建設一般 | 【2007-02-02(Fri) 17:52:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター