何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 GWだから勉強法も見直してみては?
GWだから勉強法も見直してみては?
 それにしても,ずいぶん更新していないな.正直なところ,添削のラッシュなんですけど,ゴールデンウィークを迎えて勉強を始める人も多いようです.今年は仕方ないとしても,来年からはもう少し計画を立てて進めていきましょう.
 
 毎年,この時期,勉強法の問合せが増える.どうすれば暗記できるか,想定外の設問に対処できるか,みたいにその問合せは多種多様なんだけど,要約すると「暗記と訓練」に尽きる.結局はこれが勉強の基本なんだろうな……安河内氏の書籍「できる人の勉強法」にも書いてあったっけ.
 
 まず,「暗記」についてだけど,これは「繰返し」しかないし,はっきり言って楽な方法はない.スキマ時間,速読,マインドマップなど,勉強する時間や手法は人それぞれだから,自分に合うものを見つければよい.ちなみに,キーワードだけを覚えるよりも,ある程度まとまった文章として覚えたほうがよいと思います.
 もちろん,「他人がよいという方法が,自分にとってもよい方法とは限らない」ということを忘れずに……どんな手法であれ,基本は「繰返し」です……宇都出氏の書籍「速読勉強術」に書かれている高速大量回転法(すごいネーミングだが)も,要するに繰返しなんです.
 
 技術士試験の場合,暗記は低レベルというか,見下される傾向もあるようだけど,暗記しなきゃどうしようもない.きれいごとで試験は通らない.
 理想論から言えば,試験当日,設問を見てから課題や方策を考え,メモ書きして,それを原稿用紙にまとめていくことなのでしょう.
 でも,こんな夢話を追いかけるよりも,自分に負荷をかけて暗記するほうが技術士試験をパスするには近道じゃないかな.夢話を語るのは,技術士になってからでよい.

 つぎに「訓練」だけど,これは暗記した「課題や方策」を「自分の手玉」として自由自在に使えるかどうか,これに尽きると思います.
 試験当日は,自分が予想したものがそのまま出題されることはないから,「自分の手玉」のなかから,設問にあうものを抽出して書くわけです.
 「自分の手玉」を増やすために,暗記するのであって,意味のないマニアックな数字なんかを覚えるために暗記するわけではない.つまり,目的(自分の手玉を増やす)意識を持って手段(暗記する)を選ばないと時間の無駄になるわけです.

 いろいろ書いたけど,「やる気」があるかないか,これも大事な要素です.ちょっと疲れたときには,勉強法を書いた自己啓発本なんかも役に立つんじゃないかな.これらで「やる気」を回復できるのなら安い買物です.一応,上述した2冊を紹介しておきます.息抜きに読んでみれば面白いことが発見できるかも?

できる人の勉強法 安河内 哲也 
速読勉強術―限られた時間で差をつける! 宇都出 雅巳

―受講者の皆さんへ事務連絡―
今日(5/5)と明日(5/6)はリフレッシュ?休暇させてください.
ですから,メールの返信は月曜日(5/7)以降になると思います.
無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2007-05-05(Sat) 09:42:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター