何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 バッターは変化球待ち
バッターは変化球待ち
 建設一般の論文対策では,誰もが「地域の活力向上」を用意していることだろう.こうした状況下で,問題を作成する委員は,試験官が容易にABC評価できるような出題を考えなければならない.

 たとえば,「地域の活力向上に資する社会資本整備のあり方」では,まっすぐを待っているイチローにストレート勝負するようなもんだ.ワンバウンドするような糞ボールもヒットにするイチローである.問題を作成する委員は,変化球を投げたいはずだし,そうしないと,似たような回答内容の中でABC評価させられる試験官から恨まれてしまう.

 バッター(受験者)としたら,変化球待ちでいいんじゃなかろうか.直球が来て振り遅れても,今年度の試験時間はたっぷりあるんだから,十分対応できるだろう.いろんな変化球を自分なりにイメージしておくことが,A評価という高打率を残すコツだと思う.

 経済産業省は28日、環境に配慮した次世代の自動車と燃料の導入に向けた戦略を発表した。
 産学官が連携して技術革新を進め、2015年までに国産バイオ燃料の価格を、現在の3分の1以下の1リットル40円に引き下げるほか、30年までに電気自動車を本格普及させることを目標に掲げた。……中略……
 植物から作るバイオ燃料は二酸化炭素(CO2)排出の抑制につながるが、現在のサトウキビやトウモロコシなどを原料にした場合の原価は1リットルで150円前後とガソリンに比べ割高となっている。
 経産省では、年内にも産官学共同でバイオ燃料技術革新協議会を設け、日本で大量に調達可能な稲わらなどを原料に割安なバイオ燃料を製造する技術の開発に取り組む。「揮発油等の品質の確保等に関する法律」を改正し、バイオ燃料の品質保持義務を課す方針も示した。
「2007年5月28日 YOMIURI ONLINE」

CIMG0835

 さすがに試験当日までとは言わないが,地球温暖化対策については,なるべく最新情報をキャッチしたほうがよい.これからも各方面から随時ニュースが流れてくるはずだ.

 この発表では,たった8年で国産バイオ燃料の価格を1リットル40円にするらしい……あはは.そんなことより,この記事を見て気づいてほしいことは,まったく自動車を削減するつもりはない,という点である.いくら国土交通省が公共交通や自転車への転換を促しても,経済産業省としては自動車産業を保護するのである.それだけ経済効果が大きいことは認めるが,これでは日本という国が自動車依存から抜け出すことはできないだろう.

 ほんの少しお金をかければ自転車だって走りやすくなるはずだが,ペンキすらはげている状態ではレースにならんだろう.この自転車マークはオリジナルっぽいが……ドロップハンドルは最近見かけないし,今にも壊れそうなフレームだな.
 
―今日のことわざ―
茶腹も一時


建設一般 | 【2007-05-28(Mon) 20:30:51】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
ラガーさん、こんばんわ。

そうですね、地域活性化と地球温暖化は、まず、はずせないと思います。

私が住む地域のローカル新聞でも、ほぼ毎日温暖化関連記事が出ている状況です。まぁサミットも近いという事情もあるでしょうが…。

約束期間が来年という、ほんとに目の前まで来ているのに、何ら対策も打たない。というより打てない。
が、その一方で、2050年にはCO2半減という大それた目標は、ちゃっかり立ててるという矛盾。目の前の対策もできないのに何故40数年後の対策ができるのか不思議な国です。
どこの国も呆れて日本の呼びかけについてこないでしょう。

まぁ、これはこれです。試験問題としては、らがーさんが仰るとおり、これも最有力でしょう。
当日は、直球で来てほしいな、変化球には対応が…… (^^ゞ。

手作りの自転車マーク、良いですね。

P.S
復活 m(_ _)m。
意味はあとで調べます。
分かる人には分かる暗号でーす (^^ゞ。
2007-05-28 月 21:54:25 | URL | いなかもの #- [ 編集]

いなかものさん,こんにちは.

地球温暖化関連はしっかり準備しておいてください.おっしゃるように,この国の対策は大風呂敷を広げまくっています.各国の賛同が得られるかどうかは微妙なところでしょうが,ポスト議定書の動向には要注意です.

おそらく直球が来ることは無いでしょう.そうした心構えで望んだほうがよいと思います.

なんとか復活させました.ころわざネタは尽きかけているんですが…….
2007-05-29 火 16:56:23 | URL | らがー #- [ 編集]
らがーさん、こんばんは。Noahです。

日経BP社が温暖化問題のみにしぼったポータルサイト「エコマネジメント」を発足しましたので、ご紹介いたします。

http://premium.nikkeibp.co.jp/em/index.shtml

先日、気候変更に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書が発表されましたが、温暖化に対してどのような政策決定をすべきかの最大の指針が、その内容は断片的にしか報道されませんでした。「エコマネジメント」では、その報告書の原文や日本語訳のあるサイトにもアクセスできるようになっています。

温暖化対策について勉強するには有益なサイトと思われますので、建設部門、総監部門の受験者さんには参考になるかと思いコメントさせて頂きました。
2007-05-30 水 00:57:12 | URL | Noah #hnp7Lnbs [ 編集]

Noahさん,こんにちは.

有用な情報ありがとうございます.
コメント欄に目を通さない方もおられるので,このまま記事扱いさせていただきます.
2007-05-30 水 19:53:40 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター