何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 お疲れさまでした.
お疲れさまでした.
 お疲れさまです.試験どうでしたか?
 
 ―総監―
 私の判断ミスでした.BCPそのものが出題されるとは思っていませんでした.青本に書かれていない内容を記述式のメインにすることはないだろう,その代わりに,危機管理マニュアルを出題するのではないか,という考えが裏目に出たようです.
 サプライズ的な出題はいいんだけど,メイン部分は青本から出題するのがルールじゃないかな……来年からは青本以外からも準備する必要性を痛感しました……どこまで手を広げるかという難題もありますが.

 言い訳になってしまうけど,BCPは,金融機関や医療機関,電力会社など,事業がストップしたらまずい業種が策定するものです.極端に言うと,建設会社やコンサルタントは【大規模事故や大規模自然災害時に,業務を継続する必要性がない】という考え方もあるわけです.常識的に考えて,こんな状況下で工事を続行(業務継続)するなんておかしいでしょ.逆に,銀行や病院はストップできないわけで……そうした解釈もあるBCPを出題するとは予想外でした……負惜しみだが.

 総監の問題文を提供していただいたバルさん,あれだけ大量な問題文のワープロ打ち,本当にありがとうございました.

 ―建設一般―
 地域活性化と技術継承が出題されたようです.技術継承は完全に予想外でした.地域活性化といっても,人口減少を踏まえた出題だったようですね.この内容なら,受講者さんは書けたと思います.何度も繰返し指摘した「独自性のあるもの」を書いてくれたはず.
 
 ―専門―
 共通がはずれ.というか【今年も】設問が大雑把なもの(真に必要な道路)だったようですね.このような大雑把な出題なら,流用すれば受講者さんは書けたはず.
 この問題は悩んでいる人が多いようなので,別記事にコメントします.

 選択では,維持管理を書いた受講者さんが多いのかな?この設問はほぼ想定問題どおりだったので,問題ないでしょう.切った貼ったは必要ですが,土工と景観も選択できたと思います.
 舗装は基本的な設問でしたね,受講者さんで選択するとすればSさんだけだろうな.
 渋滞メカニズムはお手上げだったと思う.無理してこれを選択する必要もないし.もし,私が受験していたら,これを選択したかな.

 建設部門の問題文を提供していただいたSさん,迅速な対応,本当にありがとうございました.Sさんでわかってくれるはず.

 とりあえずビールでも飲んで,筆記試験の疲れを癒してください.

―今日のことわざ―
寝る間が極楽
(去年と同じだが……)

出題予想 | 【2007-08-06(Mon) 18:45:28】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
いつも、試験の参考に拝見させていただいております。
BCPについて、極論で書かれているようですが、「建設会社やコンサルタントは業務を継続する必要性がない。」と書かれており、もう少し詳しくご意見を伺いたいと思い、コメントをいたします。

3年前の中越地震でも、今回の中越沖地震でも、道路を含めたインフラの早期復旧に向けて、北陸地方整備局とコンサル、建設業者は、震災後すぐに災害復旧として業務を開始しております。この初動の動きが遅いと、中越地域の復旧が遅れます。
災害復旧を行う、我々も被災者となる場合もありますが、その中で、いち早く業務体制を回復することは、インフラに関わる業者として必要な姿勢ではないでしょうか。

また、各地方整備局が、現在、BCPの策定に向けて業務を発注している動向を考えると、
総監の試験で、出題されるのも、うなずける気が致します。
2007-08-07 火 11:35:02 | URL | SP #3QZbIgVw [ 編集]

SPさん,こんにちは.
ブログの拝見,ありがとうございます.

ご指摘の件ですが,BCPの解釈の違いだと思います.私自身は,BCPは『通常』業務の継続だと考えております.

つまり,災害復旧は『特別』な業務という判断です.日々行っている工事などの『通常』業務なら継続する必要性がない,という意味合いで書きました.言葉足らずだったようです…….

建設会社やコンサルタントと違って,金融機関や医療機関は『通常』の業務を止めることは許されないでしょうし,迅速な回復が望まれます.

たとえば,金融機関ならバックアップデータの地理的集中を回避したり,医療機関なら手術室などの予備電源は必須ですよね.

なお,SPさんがおっしゃるように,各地方整備局(行政機関)は,インフラを維持管理することが『通常』の業務ですから,BCPという考え方は必要だと思います.長々となりましたが,「行政機関」と「建設会社やコンサルタント」では,通常業務が異なると考えております.
2007-08-07 火 13:35:38 | URL | らがー #- [ 編集]
らがー様

各地方整備局の通常業務が、インフラの維持管理であるならば、サプライチェーンを考慮すると、我々の通常業務に「インフラの早期復旧」が入ってくると考えます。

なにせ、行政職員は、指示はできても実作業はできません。

2007-08-08 水 10:51:41 | URL | SP #- [ 編集]

SPさん,こんにちは.

>サプライチェーンを考慮すると、我々の通常業務に「インフラの早期復旧」が入ってくると考えます。
>なにせ、行政職員は、指示はできても実作業はできません。

SPさんの考え方も,当然「あり」だと思います.その反面,インフラの早期復旧は,特定の建設会社が行うわけではなく,代わりがいくらでもいることも確かです.

つまり,災害によってA建設会社が事業をストップしても,被災地から離れたB建設会社がいれば,インフラは早期復旧できる,という考え方もあるんじゃないでしょうか.

このへんは解釈の違いですから,唯一の解は無いと考えております.
2007-08-08 水 22:51:29 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター