何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 いつか後悔する公共事業費3%削減
いつか後悔する公共事業費3%削減
 筆記試験前だったので,縁起を担いでコメントは避けていたのだが,米ミネソタ州ミネアポリス市の橋(I-35W Mississippi River bridge)崩落事故には衝撃を受けた.
 事故原因としては,ガセットプレートに設計上の欠陥があったらしい.築造して何年も経っているんだから,その間のメンテナンスにも欠陥があったのだろう……【お金をケチった】ってことに尽きるんじゃないかな.同一構造の橋が約700もあるらしいから,【お金をかけて】補強や改修を進めるべきだろう. 
CIMG09461

 何事も無いかのごとく,公共事業費の3%削減を盛り込んだ概算要求基準(シーリング)が閣議で了解された……アベではなくアホかと…….I-35Wが落橋した一因は,【お金をケチった】ことにある.3%削減という数字ありきで予算を決めているようでは,遅かれ早かれ,アメリカと似たような事態が起こるだろう.
 今回の参院選で大敗した「地方部」は,今後も税収は減る一方だろうし,外需頼みの景気回復では,地方経済だけでなくインフラまでもが疲弊する.
 地方部への配慮として,地域活性化,生活の安全・安心などの重点施策について,6,000億円の特別要望枠を設けたようだが,訳のわからんところにバラ撒くぐらいなら,すべて公共事業費に回したほうがよい.

 話は変わるが,ここ最近(特に昨日は酷かった)不穏な動きを見せていた日経平均株価が崩壊した.日本銀行,欧州中央銀行(ECB),連邦準備制度理事会(FRB),これら中央銀行が揃って資金供給したことが,逆に不安心理を煽っているようだ.
 要するに,過剰流動性への対応が遅すぎたのだろうが,数字合わせの公共事業費3%削減も,間違いなく後悔するときが来るだろう.

―事務連絡―
8/11から8/16まではメールへの返事ができないと思います.
ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

建設一般 | 【2007-08-10(Fri) 22:54:01】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

ひどい事故ですねえ。公共事業費国がー3%地方=5%で2030年には新規投資どころか維持管理費も出ない、そんな予想データを国交省資料で見た記憶があります。
 高度成長期に地方で建設された橋梁は点検すらされていないと聞いています。
 落橋したら、マスコミがまた批判するんでしょうねえ。「おまえらプロだろお!!、俺らはおまえらに一任してきたぞ!許せん!」
「だから云ったじゃないの」なんて声はきっとかき消されてしまうでしょうねえ」
2007-08-14 火 11:42:47 | URL | 魔法使い #- [ 編集]

魔法使いさん,こんにちは.

ほんと後手後手の対応には閉口しますね…….公共事業費を削減しつづけたおかげ?でどれだけ地方が衰退しているか,参院選の一人区でわかったはずなのに.

観光で地域活性化なんて夢物語はいい加減にして,現実味のある産業育成,すなわち働く場所を増やすような政策を進めてほしい……美しいだけでは飯が食えない.

話が大幅に逸れたけど,インフラの崩壊も地方部から始まるでしょうね……お金が無いんだから.
2007-08-18 土 11:11:52 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター