何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 交通安全に資するITS
交通安全に資するITS
 環境対策だけに目を奪われていると,ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターのように投資不適格となってしまうかも?

交通事故死者は123人 GW中、過去最少を更新
 今年のゴールデンウイーク(4月29日?5月5日)の全国の交通事故死者数は123人で、昨年の同期間と比べ18人減ったことが6日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた1970年以降、過去最少を更新した。
 まとめによると、期間中の事故発生件数は1万2602件(前年同期比0・2%減)、負傷者数は1万6167人(同1%減)。行楽中の死亡事故は20件(同41・2%減)で、死者は21人(同46・2%減)と大幅に減った。
…後略…
「KYODO NEWS ON THE WEB 2005年5月6日」


 過去最小なのでしょうが,尊い人命が奪われていることに変わりはありません.ITSのなかでも安全を向上させる効果が高い,AHS(走行支援道路システム)やASV(先進安全車)を早期に展開してほしいものです.ETCやVICSの普及も大切でしょうが.
 自動車メーカーは,LEV(低公害車)やFCEV(燃料電池車)などの環境対策だけでなく,さらに安全を追求してほしいと思います.研究開発費は莫大なものになるでしょうが…….
 遠赤外線カメラによって歩行者を察知するインテリジェント・ナイトビジョンなど,安全に資する技術は,早く小型車市場に展開してほしいですね.
 
―今日のことわざ―
座して食らえば山も空し


道路科目 | 【2005-05-06(Fri) 21:16:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター