何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 飲酒事故と高齢者事故
飲酒事故と高齢者事故
 改正道交法の施行後3ヶ月間に発生した飲酒事故件数は,昨年の同時期に比べ約28%減少したらしい.やはり罰則強化は威力があるなぁ,と感じる.明け方に検問して微量のアルコール分でもキップを切るなど,飲酒検問のやり方には不満な点もあるが…….
 この好結果に便乗して,自転車のマナーが悪いんだったら,これも罰則強化すればよい.何かと若者を悪者に仕立て上げるマスコミだが,はっきり言って高齢者の交通マナーが一番悪い.

 ヨボヨボとハンドルを握っている姿を目にすると,このクルマからはなんとしても離れなければ,という危機意識が働くのは私だけではないはずだ.信号無視や急ブレーキ,方向器を点滅させずに右左折なんかは朝飯前だし,高速道路の逆走やブレーキとアクセルの踏み違えといった荒技もお茶の子さいさいだ.

 極端に言うと,65歳以上の高齢者の免許は強制的に取上げてもいいんじゃないか,と感じる.自主返納される良識的な高齢者があまりにも少ないからだ.わしらから免許をいきなり取上げるなんて,今の若年層だけがいい思いをするんじゃないか,という反論もあるだろう.でも,年金受給では,損得,逆の関係にあるんだし,誰でもいずれ高齢になる. 
CIMG09488
 身分証明として使うために免許を持ち続ける高齢者が多いけど,「運転経歴証明書」があれば代用できるはずだ.この証明書の存在を知らない高齢者が多いんだろうなぁ.
 もちろん,免許の強制返納は移動制約を伴うから,公共交通への依存度は高まるだろう.つまり,免許制度と交通網の両面から,高齢者が日常生活に不自由しない基盤づくりを進めることが重要なのである.
 縦割り行政だから仕方ないんだけど,国交省の施策は交通網の整備だけを取上げているから,民意が得られないんだと思う.免許制度とセットで白書に記述してはいかがか.
 
 綺麗ごとをタラタラ述べているだけでは,コンパクトシティやTDMなどの施策は,いつまでたっても進まないことは火を見るより明らかである.
 免許の強制的な返納に対して経済界は猛反発するだろうが,自動車の販売を重視するのなら,そもそも公共交通への転換なんてできないのである.そこんとこの整合性が取れていない綺麗ごとの論議が多すぎる.免許の強制的な返納という法整備をすれば,マイカー依存社会からの脱却ができるだろう.
 
―受講者さんへの事務連絡―
 先日も想定問題の配布時に案内しましたが,12月31日から1月4日までは休みを取る予定です.ですから,年内は12月28日までにメールを送っていただけると,年内の返信が可能かと思います.年明けは1月5日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

道路科目 | 【2007-12-27(Thu) 18:12:55】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
確かに高齢者の交通マナーというか運転技術には危ういものがありますよね。

東京あたりだったら公共交通機関が整備されているので65歳以上の強制返納も「あり」かなと思いますね。

でも一方農村部では、後継者がなかなかいないので、65歳以上でもまだまだ現役労働者(=軽トラなんかのドライバー)にならざるを得ない人も多いでしょう。

そこらあたりを「柔軟」に考えていく必要があるんでしょうね。

農業と言えば今年度の補正予算案の農業振興費約800億円はちょっとやりすぎかなと思います。

選挙対策見え見えの予算編成というのはどうにかならないんでしょうかね。
(族議員の復権といったところでしょうか。)
2007-12-28 金 13:00:43 | URL | Noah #hnp7Lnbs [ 編集]

Noahさん,こんにちは.

都市部と農村部,それぞれに見合った将来像を描く必要があるんでしょう.どこもかしこもコンパクトシティになるわけがないのに,やたら全国画一的な方策が多い状況が問題ですね.

農業振興費約800億円,これが選挙対策なのは明らかでしょう.今の政治家は,小手先でその場をしのぐことばっかり考えているから,将来への不安が払拭されないんでしょうね.
2007-12-29 土 16:17:00 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター