何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 バイオ燃料
バイオ燃料
 どうしても国交省の施策ばかりに目が行きますが,たまには他省庁のものも吟味してみたらよいのではないでしょうか. 

 植物からハイオクガソリン 経産省が新手法検討へ
 原料が植物のバイオ燃料を自動車向けに普及させ、地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)を減らすことを目指し、経済産業省は9日までに、ガソリンに植物由来の添加剤を混ぜてハイオクガソリンとして流通させる新手法の技術評価を始めることを決めた。
 バイオ燃料は燃やしても植物が吸収したCO2が出るだけなので、化石燃料消費の削減につながる。
・・・以下略・・・
「Sankei Web 2005年5月9日」http://www.sankei.co.jp/news/050509/sha017.htm


 今年建設一般で出題される可能性が高い地球温暖化防止.建設部門が推進すべき方策については,あえてここで取上げる必要はないでしょう.
 ただ,忘れたくないことは,京都議定書の目標期間が2008年から2010年ということです.
 たとえば,交通需要マネジメントやマルチモーダルなど,一般国民の意識変化を求めるものは,実現までに時間を要するという観点が大切です.また,環状道路の整備や,燃料電池自動車に必要な水素ステーションの充足にも時間がかかるでしょう.
 取組むべき施策が長期的なものばかりでなく,即効性のある施策も記述できるよう心掛けたいものです.

―今日のことわざ―
仏作って魂入れず


建設一般 | 【2005-05-09(Mon) 20:01:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター