何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 地震動予測地図
地震動予測地図
 願書を提出したから,そろそろ本腰を入れて勉強しようか,と考えている受験者が多いと思う.その気持ちを持続させることが大切だ.

 そろそろ発売される白書の内容は分からないが,洞爺湖サミットがあるから,地球温暖化対策や低炭素社会がメインになるんだろう.でも,防災に関する情報も仕入れておいたほうがよい.寺田寅彦ではないが,防災の出題は忘れた頃にやってくる.
 建設部門の場合,地震発生確率の細かな数値を覚える必要はないと思うが,大まかな分布ぐらいは知っておいても損はしない.

 国の地震調査研究推進本部は24日、地震で強い揺れに見舞われる確率を地図上に示した全国の「確率論的地震動予測地図」の08年版を公表した。今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は、関東南部から四国地方にかけての太平洋沿岸で上昇した。一方、山形や北海道などで低下した。

 08年版では、南海トラフの地震発生確率が高まったことで、高知市役所で30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は54・3%(前年比2・0ポイント増)となった。
 地図は推進本部のホームページ(http://www.jishin.go.jp/)で公開されている。
「毎日jp 2008年4月25日」

 今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が高い地域(えらく長ったらしいなぁ),こうした地域に居住している受験者なら,自分が住んでいる地域という視点から,危機感が滲み出るような防災対策を記述してもよいのではないか.身近な視点から自分が考えた出した方策,これがオリジナリティだと思う.

 参考ホームページ:「全国を概観した地震動予測地図」 2008年版

 話は変わるが,電気・ガスの検針票や料金明細書にCO2排出量が記されるようになるらしい.いくらマスコミを通じて旗を振ろうが,日々の生活が安定しないと,高次の環境になんて目が向かないのではないか.環境対策よりも生活の安定を,というのが多くの国民が持っている感覚じゃないかな.

 明日からゴールデンウィークが始まるようだが,余暇に何をしよーか?なんて冷た?いダジャレを言ってる場合ではない.ここぞとばかりに,熱?く気合を入れて勉強してほしい.出遅れている人は挽回するチャンスだし,進んでいる人は引離すチャンスだ.

―今日のことわざ―
最後に笑う者の笑いが最上


建設一般 | 【2008-04-25(Fri) 18:52:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター