何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 平成20年度出題予想(建設一般)
平成20年度出題予想(建設一般)
 毎年恒例になってきた出題予想ですが,設問の文章まで公開するのではなく,キーワード的なものに留めておきます. 最近は多様な書籍が予想問題を掲げているから,キーワード程度の公開なら受講者さんも納得してくれると思う.
 これらは,あくまで私の予想なので,最終的な判断は自己責任でお願いします.

 ―凡例―
★★★・・・本命
★★☆・・・微妙
★☆☆・・・大穴


1.「地球温暖化」★★★
 どうのこうの言っても,今年の「大本命」です.受験者の多くが用意してくるテーマなので,白書で書かれている内容を羅列しただけではA評価はしんどいと思う.くれぐれも単なる説明文にならないように……説明文はあなたの意見ではない.あと,7月7日から開催される洞爺湖サミットの動向にも注意しておきましょう.

2.「防災・減災」★★★
 これも今年の「大本命」です.ミャンマーサイクロン災害や中国四川大地震があったから外せないテーマかなと.過去に出題された直球的な防災というより,気候変動リスク(適応)のほうが可能性は高いかも.

3.「地方再生・都市再生」★★☆
 2年連続して似たような出題されないだろう,と高を括ってはいけない.これは当分続く重要な課題ですから,いつ出題されてもおかしくないテーマです.
 
4.「リニューアル」★☆☆
 無理矢理ひとつだけ大穴を書いた.正直なところ,観光・景観や技術者倫理も捨てがたいのだが…….米ミネソタ州ミネアポリス市の落橋事故は昨年の8月に発生したから,昨年の試験では間に合わず,リニューアル(更新・維持管理)が今年あるかもしれんなぁ?と.
  
 観光・景観は,観光庁が2008年10月1日に設置される予定だから,今年は見送りで来年本命になるのではないか.技術者倫理は,昨年の技術継承という設問傾向から考えると案外ありそうな気がする.ほんと言い出したら切がないなぁ……最終的には自己責任で取捨選択するしかないと思う.

―今日のことわざ―
備えあれば憂いなし
(これも毎年恒例だが……)

出題予想 | 【2008-06-05(Thu) 19:56:19】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

防災減災については、毎年可能性があると言えますね。
公表資料によると、問題作成は5月中旬までですから、中国の地震を見てこの問題にするかどうかは微妙と思いますが。
2008-06-12 木 15:23:36 | URL | 北川 #- [ 編集]

北川さん,こんにちは.

毎年可能性がある防災・減災は,どうしても地震対策がメインになってしまいます.でも,今年は気候変動リスクに対する減災対策(適応)が問われるのではないか,と考えています.

四川大地震は5月12日の出来事ですから,確かに微妙なとこですよね……もし問題作成前なら何らかの影響はあったかもしれないし.

私としては,上述したように「適応」のほうを重視しているので,問題作成委員も同じ気持ちであることを願うのみです…….
2008-06-12 木 22:14:20 | URL | らがー #- [ 編集]
ところで。。。
専門問題でも適応策が問われた場合、同じことを書くのはよくないでしょうか。

印象はよくないですよね??
2008-06-13 金 16:22:55 | URL | 北川 #- [ 編集]

基本的に,建設一般で「適応」を求めるような内容が出題されたら,道路科目では出題されない.要するに,解答内容が重複しないよう,問題作成委員が調整するということです.

万が一,設問が重複した場合,同じ内容を書いたらB評価(下手こくとC評価)になる可能性が高いと思います……印象が悪くなるのは当然です…….

ですから,片方の記述内容を変えるか,選択する問題(必須は重複しないはず)そのものを変えるか,どちらかの手段を取るべきでしょうね.
2008-06-13 金 18:20:45 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター