何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 ワークスタディバランス?
ワークスタディバランス?
 岩手で震度6強の地震があったようだけど,試験直前なので情報記事に対するコメントは控えておこう.くどいようだけど,今さら新たな情報を取込む必要はない.ということで,今日はちょっと息抜き的なものを掲載しよう.
 災害復旧に携わる人は無理をしないよう,体調管理に気をつけてください.
 
 このブログを見ている人は,建設業界の勤務が大半だと思う.私も仕事柄いろんな人と付き合いがあるけど,この業界で,仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実践できている人は皆無じゃないかなぁ?.
 長時間勤務(サービス残業と言ったほうがいいかな?)による力仕事が蔓延しているとは言っても,悲しいかな,仕事が安定しないと生活は成り立たないわけです.記事では「仕事を優先したい」という回答が5.3%と少ないようだけど,この数字は単なる現実逃避のような気がする.

 内閣府は24日、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)に関する世論調査の結果を発表した。「ワークライフバランス」という言葉について「名前も内容も知らない」との回答が60.1%、「名前は聞いたことがあるが内容までは知らない」が26.6%に上った。「名前も内容も知っている」は9.8%で、政府や企業の運動が浸透していない現状が浮き彫りになった。
 調査は6月12日から22日にかけて全国の成人男女3000人を対象に面接方式で実施。有効回収率は61.3%。

 仕事、家庭生活、地域・個人生活の選択肢のうち「仕事を優先したい」との回答は5.3%。昨年8月調査の11.2%から半減した。
 「NIKKEI NET(BIZ PLUS) 2008年7月25日」

 技術士を受験する人の多くが,技術士を取らないと仕事が安定しないと考えているわけです(官民問わず,その傾向が強い).だったら,ワークライフバランスの前に,仕事と勉強の調和(ワークスタディバランス?)を確立させることが優先課題だと思う. 
 しんどいのは百も承知だけど,誰もが同じ境遇なんだから,過酷な時代になったこと(現実)から自分だけ逃避してはいけない.この業界で生き残っていくつもりなら,自分自身に渇を入れるしかない.

 今年の試験は勉強不足になってしまったなぁ?,と感じている人は,反省すべきことが多々あるとは思う.だけど,今は反省を後回しにして,とにかく残りの日数だけでも精一杯頑張ってください.

―今日のことわざ―
人跡繁ければ山も窪む


日々寸感 | 【2008-07-25(Fri) 12:40:03】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
ワークライフバランスとワークスタディバランス。
どちらも大事なことだと思います。

生活と勉強、究極の選択は、やっぱり生活なんでしょうね。
ある意味、勉強=資格=技術士あっての生活も、現実なんでしょうけど。

でも、今年度の受講生のコメントが少ないなぁーと思っているのですが、
たぶん、講座のメールのやりとりのなかで相当濃い話が進んでいるのでしょうね (^^ゞ。
2008-07-25 金 23:20:35 | URL | いなかもの #- [ 編集]

いなかものさん,こんにちは.

>生活と勉強、究極の選択は、やっぱり生活なんでしょうね。

どっちかを選択するというより,両方のバランスをどうやって取るか,を考えていかなきゃいけないんでしょうね.

>今年度の受講生のコメントが少ないなぁーと思っているのですが、

今年度に限らず,受講者さんがブログにコメントすることは少ないです……いなかものさんは別格なのかも(笑).どうしても個別の相談が多くなってしまうので,メールでのやり取りが中心になっちゃいますね.

メールでは,論文の書き方から仕事上の悩みまで,なんでも相談室と化していますが……あはは.私は,それでいいと思っています.
2008-07-26 土 13:47:12 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター