何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 必須問題の簡単なまとめ
必須問題の簡単なまとめ
 今年も必須問題で戸惑った人が多いようですね.昨年に続いて,問題文の解釈がきわどいなぁ?.
 『コスト抑制が強く求められる一方,社会資本として本来備えるべき品質も確保される必要がある.道路分野における品質確保を取り巻く現状と課題を述べるとともに,品質を確保する上で重要と考える方策を2つ挙げ,それぞれについてその具体的内容と今後のあり方について,あなたの考えを述べよ.』

 まず,問題文を読んで最初に感じたことは,社会資本として本来備えるべき品質とは何か?この品質の捉え方によって,解答が大きく変わるということです.この品質を,新たに造る道路の品質と解釈するのか,いやいや,既存ストックの品質と考えるのか,どっちにも取れる設問ですね.
 ちなみに,躯体となるコンクリートや鋼材製品の良し悪しはもちろん,道路としての耐久性や安全性も「社会資本として本来備えるべき品質」に含まれると解釈してよいと思う.このへんは感覚的なものになるけど,快適性や円滑性なんかは微妙なところだし,景観や環境的な側面を品質と解釈するのはアウトだと思う.
 つまり,品質の定義というか,自分は何を品質と考えて記述するのか,この点を採点者に対して明確に示す必要がある.そうしないと,この受験者は何の品質のことを書いてるんだ?と採点者は感じてしまいます.
 
 つぎに,(自分が定義した)品質を確保する上で,なぜその方策を重要と考えたのか,その理由が論理(現状や課題との整合性)立てて記述されているかどうか,が最大のヤマ場になります.ちなみに,ひとつ目の方策を新たに造る道路の品質,ふたつ目の方策を既存ストックの品質,こういった書き方は好ましくないと思う.
 あと,ここで注意しなきゃいけないのは,問題文中の『コスト抑制が強く求められる』という文言を無視しないことです.簡単に言うと,お金をかけずに品質確保できる方策,それが重要な方策です.

 ざっと書いてみたけど,社会資本として本来備えるべき品質の捉え方によって,こんなふうに重要と考える方策(キーワードだけ羅列)は変わってきます.
 ●新たに造る道路の品質と考えた場合⇒品確法,入札制度改革(総合評価やCM・VEなど),性能設計,企業倫理,検査体制(評価や試験方法など),審査制度(クロスチェックや法整備など),こんな感じの方策になると思います.
 ●既存ストックの品質と考えた場合⇒点検技術の高度化,予防保全的な維持管理,アセットマネジメント……,このへんは当たり前として,プライオリティの明確化(選択と集中),リダンダンシーの確保(局所的な防災対策),施設のスリム化(地域住民との合意形成),民間委託なんかもいけるかな.
 ここで挙げたものだけじゃなく,もっと多様なものがあります.ただし,建設一般の出題文から考えると,アセットマネジメントをここで書くのはマイナス評価でしょうね.

 いろんな人の出来を聞いた状況から判断すると,午前中にアセットマネジメントで手玉を使い切ったせいか,専門必須ではかなり苦しい記述になったようです…….もしかしたら,昨年同様,勝負の分かれ目は選択問題になるかもしれないですね.

道路科目 | 【2008-08-04(Mon) 18:49:36】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
らがーさん

 お疲れ様です。
流石鋭い視点ですね。
自分は品質の定義について書けてないなぁって感じです。

 勝負の分かれ目は選択ですね~
2008-08-04 月 21:07:24 | URL | SATO #- [ 編集]

SATOさん,こんにちは.

品質の定義と言っても,わざわざ項目立てて書く必要はないんですよ.採点者が一読して「何の品質のことを書いてるのか」これが理解できればいいんですから.「一読して」というところがポイントで,何回も読み返しを要求するようじゃダメということです.
2008-08-05 火 21:46:14 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター