何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 CHANGE
CHANGE
 技術的体験論文の添削で気づいたことを書いておこう.今日は建設部門(道路)について.
 やはり一番多いのは,課題と問題点が味噌糞一緒の論文だなぁ?.提出要領で,「業務を進める上での課題及び問題点」が要求されているんだから,味噌と糞は分けるべき.
 簡単に言うと,(業務を遂行した当時の)現状が抱えている悪い点を解決するために求められていることが「課題」,課題を克服するうえで障害になっていることが「問題点」だと解釈すればよい.

 つぎに多いのは,試験官とイメージを共有しようという心構えが見受けられない論文かな.
 平面図と断面図があれば理解できる業務もある.しかし,いろんな構造物が輻輳する道路の場合,それらだけではイメージできない場合も多い.特に,景観や周辺環境がどうのこうのという抽象的な表現を含む業務はなおさらだ.
 そんな状態のときには,すべてを文章や図表で表現しようとするのではなく,写真を添えてはいかがか.写真は白黒で印刷することを考えて濃淡を上手く使えばよい.

 ここで毎度のたとえ話になる.
 長澤まさみに好感を持っている芸能オタクが,その気持ちを相手に理解させるのは非常に難しい.長澤まさみを見たことがある相手には簡単に伝わることであっても,そうでなければイメージが共有できず,芸能オタクの持論展開は困難を極めることになる.
 私自身,最近の芸能人の顔と名前はまったく一致しない.いくら背伸びをしても,せいぜい松嶋菜々子や仲間由紀恵が精一杯である.そんな状況で,相武紗季や石原さとみに対する気持ちを延々と述べられても困ってしまう…….
CIMG09516
Photo: AP

 たとえ話と同じように,自分なりに特別の工夫を施した業務であっても,試験官はあなたの業務を見たわけじゃない.多くの受験者が勘違いしているんだけど,自分ではイメージできている映像が,試験官には全然見えていないのである.それを前提として論文を作らないと,いくら立派な文章を書き連ねようが単なる自己満足で終ってしまう. 

 逆に,試験官とイメージを共有できてさえいれば,あとの補足説明なんてものは口頭で簡単に済む.そのために面接時間は延長されたんだし,最初の10分間で提出論文の説明を求められるのである.ちなみに,掲載した画像のオバマみたいな熱弁は,場の空気を読んでいないことになる……ほどほどのプレゼンで十分だと思う.
 くどいようだが,試験官と共通のイメージ認識ができていない状態で,いくら必死に喋っても芸能オタクと一緒の扱いをされるだけである.

 やっとまとめに入るが,提出論文というペーパーでは,イメージの共有化を最優先させればよい.もちろん,課題や問題点,課題解決策など,論理的な整合性(最低限のレベル)を確保したうえでの話です.
 何度も推敲された文章と綿密に計算された図表,これらでチカラまかせに勝負していた時代は終った.経験論文は,イメージを共有するためのペーパーへとCHANGEしたのだ.

―平成21年(来年)度の受験に向けて―

 CHANGEと言えば,平成21年(来年)度の受講者さんが予想以上に増えています.それだけ気持ちをチェンジさせている人が多くなったのだなぁ?と痛感している.官民問わず業界の先行き不安があるから,一刻も早く技術士を取得しておきたいという気持ちの表れかも.
 毎年のことながら,年度末の納品ラッシュ時期は勉強にならないし,先日の豪雨みたいな災害復旧では不眠不休の状態になるかもしれないので,スタートは早ければ早いほうがよいと思います.

建設一般 | 【2008-09-06(Sat) 17:45:13】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
らがーさん、こんばんは。

私自身、あまり偉そうなことは言えませんが、少しだけ言わせてください。
らがーさんが仰るとおり、「課題と問題点」、これが明確になっていない体験論文が意外と多いですね。
試験委員がこの入り口で立ち止まったら「NG」です。

逆に言うと、ここがしっかり書いてあって、解決策が誰でも容易に理解できるような応用能力を発揮していれば、OKだと思います。

さらに、現場条件が問題点だと勘違いしている受験生もいる。

要は、受験生が課題と問題点を抽出し、それに対してどのような解決策を提案したのか、その成果はどうだったのか。この一連の流れが、体験論文を1回読んだだけで、試験委員に理解させる技術力と文章力が重要だと思います。
2008-09-06 土 20:30:26 | URL | いなかもの #- [ 編集]

いなかものさん,こんにちは.

道路科目の場合,筆記試験では「課題と問題点」の区別が曖昧ですから,その流れで体験論文を作っちゃう受験者が多いんだと思います.

>……この一連の流れが、体験論文を1回読んだだけで、試験委員に理解させる技術力と文章力が重要だと思います。

たしかに,試験委員が頭を抱え込んで,何回も読み返さないといけない論文はまずいですね.
あれもこれも自分が提案した,みたいに欲張って書いちゃうと論点がぼやけてしまうので,そのへんにも注意してほしいと思っています.
2008-09-07 日 14:12:16 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター