何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 雇用調整に対する「自分の考え」
雇用調整に対する「自分の考え」
 総合技術監理の面接は年明けだけど,官民問わず,雇用調整に対する「自分の考え」は持っておくべきだと思う.どんなに優秀な試験官であっても,絶対的な正解を導けない難問だけど……もちろん私にも解は見えない.
 ちなみに,資本主義を前提とした総監技術では,非正規雇用者のリストラは単なる雇用調整だから間違いとは言えない.余剰的なリソースの人員を合法的に削減しただけ……合法にした政府の失敗ではあるが.
 営利を追求せざるを得ない企業は,倫理観だけで雇用を守ることはできない.
 
 資本主義は拡大志向のもとに成り立っているから,いつかは膨らんだバルーンが破裂する運命にある.ちょうどいい湯加減というか,ある程度利益が確保できる段階で,企業としての拡大をストップさせるべきなんだろうが,それでは残念ながら負け組になってしまう.
 こうした資本主義社会の仕組みは,トヨタやソニーなど代表的なモノづくり企業に限らず,建設会社やコンサルでも同じことだから,誰しも実感していると思う.
CIMG09527
 昨日,日本経団連の御手洗会長が「社会通念上妥当と認められる理由がない限り,内定取消しや派遣契約の中途解約を行うべきでない」,「政府とも協力して新しい雇用促進策を打ち出したい」との考えを述べらしい.おいおい……どの口が言っているんだ……キヤノンが偽装請負をしていた実態もうやむやだが,リストラの先陣を切っているのはどこだ?

 ブログでは好き勝手なこと?を書いているが,総合技術監理部門という資格の枠内では,青本が正しいものとして試験に臨む必要がある.もちろん,添削指導でもその方針を貫いている.もし,それを真っ向から否定するのであれば,無理して資格を取る必要はない.
 これは,地球温暖化の懐疑派など,建設部門についても同じことが言える.つまり,枠内で決められたルールを守ってプレイしなきゃいけない.ルールの範囲内で華麗なプレイができる準備をすればよいし,それが嫌なら受験をやめればよい.

―今日のことわざ―
座を見て皿をねぶれ


総合技術監理 | 【2008-12-23(Tue) 13:01:04】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
このライトアップの色、欄干、今回こそは「永代橋」ですね。

前回は残念でした。
よく見ると、先方に「跳ね橋」を操作する建物部分が見えますね。
ライトアップの加減も違いますね。
「清洲橋」は得意なのですが。ハハハ(^^ゞ

さて、「総合技術監理部門」について興味を持っています。
ただ、位置づけがわかりづらいですね。
少しずつ調べ始めています。
2008-12-23 火 22:51:29 | URL | ごんぎつね #sCdCES4I [ 編集]

ごんぎつねさん,こんにちは.

今回こそ「永代橋」です!清洲橋は主塔ゲートがきれいですね.

総合技術監理部門の位置付けは難しいですね.もともと突貫工事みたいな感じで設立された部門ですから…….設立前の平成12年当時は,特別技術士や上級技術士という名称も飛び交っていた記憶があります……(笑.
2008-12-24 水 12:38:31 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター