何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 成田空港問題
成田空港問題
 韓国と何回やるつもり?と思っていたWBCは,日本が優勝したようだ.イチローが決勝打を打ったらしい……やはり決めるべき男が決めたようだ.凡打が多かったとか年齢的に衰えたとか,いろいろ言われたが,結局おいしいところは持って行きました…….
 技術士試験を受験される方も,なんか調子が出ないとか会社の存続が……とか,いろいろあると思うけど「終わりよければ(合格すれば)すべてよし!」なんだから,イチローのように最後で何とか帳尻を取れるよう,今一度気持ちを引締めてください.

 毎朝会社に行く前には自然とNHKニュースを見るんだけど,昨日は,いきなり飛行機が横転炎上するシーンが流された(犠牲者のご冥福をお祈りいたします).
 着陸直前にウインドシア(というよりダウンバースト?)に巻込まれ,いきなり機体が沈んでハードランディング,その煽りでバウンド(制御不能のポーポイズ状態),主翼が地面に接触して横転,炎上したようだ.
 MD11型機は海外でも横転事故を起こしているから,詳しいことは事故調の見解を待つしかないんだろうが,成田空港は滑走路そのものにも問題を抱えている.CIMG09537
 そろそろ「成田空港問題」も言及されてくると思うが,北東・南西方向の強風時に着陸する「横風用のC滑走路」は計画段階で頓挫,工事は凍結されている.C滑走路用地内に「一坪共有地」があるから,どうにもならない(一坪共有地には所有権者が約1,100人もいる).
 他方,基本的に国際線を飛ばす成田には,4,000m級の滑走路が(横風用を含めて)4本ぐらい必要なのではないか?基本的に国内線を飛ばす羽田の拡張,それはそれでいいんだが,一坪共有地や都心からのアクセスも含めて「成田をどうするのか」を本気で考えないと,毎度白書に書かれるハブ空港は夢話にしかならない.

 建設一般の出題内容によるが,多くの受験者は,社会資本整備のひとつの具体策として「ハブ空港の整備」を書いて満足している.しかし,「一坪共有地」のような現実があるのに,それは本当に具体策と言えるのか?ハブ空港を整備するためには「何を」しなきゃいけないのか,「何を」の部分まで考察できていれば自然と評価は上がるはず.

 建設部門の内容に偏ったので,それとなく総監部門のことも書いておこう.
 リスク関連の書籍には,必ずと言っていいほど「航空機は最も安全な交通手段」と書かれている.リスクは「発生確率」と「被害の大きさ」を掛算して評価するわけだが,たとえ掛算した値が同じであっても,一般庶民の感覚では「被害の大きさ」に目を奪われてしまう.だからこそ,リスクを数値としてきちんと評価できる(!?)総監部門の技術士と一般庶民とのリスクコミュニケーションが重要になる.
 えらそうなことを言っているが,一般庶民の代表格である私自身,頭では定量的なリスク評価の意味がわかっていても,庶民の感覚(いわゆるバイアス)から抜け切れていないし,おそらく抜け切ることはできないと思う.

―今日のことわざ―
蟻の思いも天に昇る


日々寸感 | 【2009-03-24(Tue) 19:08:54】
Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

らがーさん,こんにちは.
当社ではWBCの中継を携帯電話のテレビで観戦している社員がいました.
私の論文提出率もイチローの打率と同様に低空飛行が続いています……今月中には3問目を提出できそうです.

懸命に努力し,希望が叶えられるようかんばりたいと思います.
今日のことわざに勇気をもらいました.
2009-03-24 火 22:55:17 | URL | CPD #- [ 編集]

CPDさん,こんにちは.

私はワンセグ対応の携帯じゃないので,さすがに仕事中の観戦はしませんでした(できませんでした……).

年度末の今は低空飛行でも,試験当日に高度が上がっていればいいわけです.イチローのように,最後においしいところを持っていけばいい.

イチローのように「僕は(強運を)持ってますね.神が降りてきました……」と言えるようになるためには,とことん努力しておく必要があるわけですよね.その意味で「ことわざ」は自戒も込めています…….
2009-03-25 水 19:33:57 | URL | らがー #- [ 編集]
らがーさん、
おはようございます。

建設一般において、例えば、ハブ空港を整備するためには「何を」しなきゃいけないのか,「何を」の部分まで考察が必要、、、
全くそのとおりだと思います。

私の場合、建設一般を2回受験したことがあるのですが(^^ゞ、
「一坪共有地」のようなことを念頭に、2回とも課題を解決してくうえでの問題点として触れたように思います。
手をつけづらい問題なのでしょう。
解決策として、私権とのバランスについての自分の考えを書いた記憶があります。
ぶっつけ本番気味に挑んだので、どう書いたかは覚えていないのですが、すこし踏み込んだ書き方をしたように思います。

その際、ここまで書いてしまうと、試験官によっては、逆効果にならないかとも、ほんの一瞬、躊躇しました。
時間的な制約があること、また、どう評価されるか興味があったので、考えていることを書きました。
自分の意見を書いて、あとは、なるようになれ、といった感じでした。
結果として、それは杞憂でした。

話は変わりますが、
最近、生意気にも、技術士の知名度向上・普及・発展を総合技術監理部門の事例で考えてみたのですが、やはり、手をつけづらい問題があるように感じました。
スルーしてしまうのはどうかと思ったこと、また、元来の不器用さもあって、自分の思いをブログに書いてしまったのですが、文字として書く場合、この辺りの、踏み込み具合は、やはり難しいですね。

らがーさんのブログは、踏み込み具合が絶妙だと思います。

変なことを書いてしまい、すいません。
2009-03-26 木 06:16:00 | URL | ごんぎつね #sCdCES4I [ 編集]

ごんぎつねさん,こんにちは.

>「一坪共有地」のようなことを念頭に、2回とも課題を解決してくうえでの問題点として触れたように思います。
>自分の意見を書いて、あとは、なるようになれ、といった感じでした。結果として、それは杞憂でした。

「一坪共有地」のような問題に切込むとは,着眼点がすばらしいですね.
普通の感覚を持った試験官なら,正当に評価してくれるはずです.あくまで自分の意見ですから,結果的に解決策が実現できなくてもいいと思います.常識的に考えて実現の可能性がない策は,試験官も評価できないのでOUT!!でしょうが…….

>総合技術監理部門の事例で考えてみたのですが、やはり、手をつけづらい問題があるように感じました。
>自分の思いをブログに書いてしまったのですが、文字として書く場合、この辺りの、踏み込み具合は、やはり難しいですね。

ごんぎつねさんのブログを拝見しました.たしかに最終的に人数調整されているような印象は受けますね…….「試験官の合格レベルの目線合わせが不十分」な点は,筆記試験では顕著に現れていると思います(建設部門も同じ).ごんぎつねさんが感じているように,総監部門の選択科目を細分化する必要性も見当たらないんですけどね.

断片的なアチャラ語の詰込みや戦略コンサルのモノマネなど,何を目指しているのかよくわからない総監部門は突っ込みどころが満載だと思います.そのへんをオブラートで包むような感じ?でブログに書けばよいのではないでしょうか.オブラートの中身が何か,わかる人にはわかると思うので.
2009-03-26 木 12:42:48 | URL | らがー #- [ 編集]
らがーさん、
こんにちは。

年度末のご多用のなか、
貴重なご示唆をいただき、ありがとうございます。

また、私のブログにもアドバイスをいただき、本当に参考になりました。
2009-03-27 金 06:58:28 | URL | ごんぎつね #sCdCES4I [ 編集]

ごんぎつねさん,こんにちは.

腹に据えかねたことをグッと堪える「大人の対応」が必要なのかもしれませんね……そういう意味では私もまだまだ子供です……(笑.

これからも気軽にブログへコメントさせていただきます.
2009-03-27 金 21:09:11 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター