何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 相互依存関係
相互依存関係
 「i-Japan戦略2015」が発表されたようだが,相変わらずアチャラ語が目に付く.イノベーションは百歩譲っても,インクルージョンなんてアチャラ語はどうでもよい.そうは言っても,総監部門の択一で出題されそうなクラウドコンピューティング(cloud computing)には要注意かもしれない.これだけ巷に出回ったクラウドコンピューティングという語句の意味だけでも押さえておきたいところ.

 IT技術は便利だが,メールひとつを取っても,人と向かって話をする機会が劇的に減ってしまった.こうしたコミュニケーションの希薄化によって,昔懐かしのコミュニティは廃れてしまう.コミュニティを失うことは安心を失うことになるわけで,これらは相互依存の関係にある.
 国交省の施策では,コミュニティありきの安心や住民参加を掲げているんだから,IT技術の使い過ぎは考えものかもしれない.

 政府のIT(情報技術)戦略本部が中長期の情報化政策「i―Japan戦略2015」をまとめた。電子政府・自治体、医療・健康、教育分野などの電子化が柱だ。日本は通信基盤では世界一となったが、公的部門のITの活用は遅れている。すべての国民の生活が本当に便利になる政策を実現してほしい。

 新戦略の「i」は情報技術を空気や水のように取り込み(インクルージョン)、革新を促す(イノベーション)意味だという。従来の「e―Japan戦略」や「IT新改革戦略」に次ぐ政策として、15年までのIT戦略の道筋を示した。……中略……

 日本の中長期の経済成長には新産業の育成が不可欠だ。新戦略は15年には様々な情報やサービスがネットで提供される「クラウドコンピューティング時代」が到来するとし、その受け皿となる環境技術(グリーンIT)や高度道路交通システム(ITS)などの技術開発を急ぐ。……以下,省略……
 「NIKKEI NET 2009年7月5日 社説抜粋」

CIMG09543
 今朝のニュースで知ったんだけど,静岡県知事に川勝平太氏が当選したようだ(いつの間に出馬していたんだろう).なぜ川勝氏が民主党からの出馬なのか,保守系思想の川勝氏を社民党が推薦していたのもよくわからん.思想的な左右は関係無しで,当座の勝ち馬に乗るということか…….
 自民党の候補が人権擁護や男女共同参画(社民党のオハコ)ではなぁ……普通の候補者だったら自民党が勝てた選挙じゃないのか?  

 川勝氏といえば,富国有徳やガーデンアイランド構想,海洋連邦論など,桃源郷のような話ばかりの記憶しかない……個人的には好きなのだが実現性に乏しいんだよなぁ?.いつ大風呂敷を畳むのか謎だったが,まさか知事選に出馬していたとは……静岡県で理想を追い求めれば立派だが,そうは問屋がおろさないだろう.

 それにしても,現実味を帯びてきた民主党政権になったときの混乱が恐ろしい.地方は保守系の知事が多いのに,国政が民主党ではどうなることやら……相互依存も糞もない.

―今日のことわざ―
海の物とも山の物ともつかぬ


日々寸感 | 【2009-07-06(Mon) 18:38:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター