何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 新型インフルも不測の事態
新型インフルも不測の事態
 筆記試験の記述式問題で問われた「不測の事態が発生して多大な影響を与えたもの」となりうる新型インフルエンザが流行期入りしたようだ.筆記試験の再現も大切ですが,そこで問われた事項を最新時事に置換えてみることも大事です.
 要するに,不測の事態が生じたきっかけ(トリガー)を新型インフルエンザの爆発的流行と仮定して,その対応を考えておいたほうがよい.もちろん,口頭でのやりとりだから,事細かな文章にする必要はない.自分が所属する組織における「大まかな対応」を,自分の言葉で説明できれば十分です.
 口頭試験の実施時期を考えると,これが話題になる可能性は高いかもしれませんよ.

 厚生労働省は21日、新型インフルエンザについて「流行シーズンに入った」と正式に発表した。
 全国約5000医療機関を対象にした国立感染症研究所の定点調査で、最新の1週間(8月10?16日)の1医療機関あたりの患者数が1・69人となり、流行開始の目安となる1人を超えたため。
 この1週間の推計患者数は全国で11万人前後に上るという。
 ……中略……
 インフルエンザウイルスは高温多湿の夏は活動が低下するため、これまで夏に流行することはあまりなかった。しかし、新型の場合、免疫を持っていない人がほとんどのため夏でも流行しているとみられ、同省では、秋から冬にかけて一層の警戒が必要とみている。
 季節性の場合、流行のピークは例年11?1月で、流行入りから5?10週間でピークを迎えるが、同省は「新型の今後の展開は予測できない」としている。
 「YOMIURI ONLINE 2009年8月22日」

 新型インフルエンザに対する事業継続計画(BCP)の書籍はたくさん出版されていますが,次の2冊が読みやすいと思います(新型インフルエンザの企業対策のほうだけでも十分).
 Amazon:新型インフルエンザの企業対策
 Amazon:決定版!新型インフルエンザ「事業継続計画」入門
 これらの書籍に限った話ではありませんが,書籍に書いてあることをバカ正直に真似るのではなく,自分が所属している組織の規模,自分の立場(権限と責任)に応じて,柔軟に読み解く必要があります.

 あと,総監の「5つの管理」という枠組みも柔軟に考えましょう.たとえば,従業員の健康管理(安全管理)は,従業員の家族や交友関係者への感染予防,ひいては社会環境に与えるインパクトを軽減させること(社会環境管理)にもなるわけです.
 5つの管理項目は単純化されたフレームであって,これらを事細かに分類することが目的ではないわけです.分類することに躍起になっている自分がいたら要注意ですよ.

―今日のことわざ―
燈明で尻を炙る


総合技術監理 | 【2009-08-23(Sun) 10:04:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター