何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 添削指導の筆記試験結果
添削指導の筆記試験結果
 受講者全員から連絡が来ていないのですが,本日10月30日の更新(更新箇所は青文字表記)で,今年の添削指導結果は確定とします.受講者さんの個人情報に触れない範囲で,筆記試験の結果をお伝えしておきます.
 受講者さんの総数は47名,内訳は,建設部門(道路科目)34名,総監部門13名でした.

 まず,建設部門(道路科目)34名の結果を書きます.
 10名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,大阪,福岡,仙台です.単純な合格率を算出すると,10/34=29.4%です.この分母の中には「添削料を払ったけどまったく勉強しなかった人」や「仕事の都合で勉強できなかった人」も含まれます.なお,受験を見送った人や失格者はいないと仮定しています.当たり前ですが,そのへんを考慮すると実質的な合格率は上がります.

 つぎに,総監部門13名の結果を書きます.
 7名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,名古屋,仙台,広島,新潟です.単純な合格率を算出すると,7/13=53.8%です.建設部門と同様に,この分母の中には「添削の途中でリタイアした人」も含まれます.総監部門の場合,択一の出来も合否を左右するので,あんまり参考にならないかも.

 以下,今年の筆記試験結果を踏まえた私見です.

 建設部門(道路)については,建設一般で合否が分かれたのではないかと思っています.今年は,この人なら大丈夫だろう,という方の多くが残念な結果に……それが合格率に表れている感じ.試験官の当たりハズレがあるのは仕方ないんだけど,やはり素直に納得するのは難しい.その一方で,昨年一次試験をパスして,その勢いで二次試験の筆記をクリアした若手もおられます.
 今年の筆記合格率から考えると,口頭試験の合格率は厳しいものになる,と肝に銘じて準備しましょう.
  
 総監部門については,建設-道路科目の明暗が分かれました……皆さんの択一正解率も聞いているんだけど,受験地によって差があったような気がしないでもない.それ以外の選択科目(河川や港湾,鋼コンなど)については,概ね本人が想定された通りの結果だったようです.
 口頭試験は,例年通りの合格率だと思います.プレゼン能力も大切ですが,それより何より総監の頭になっているかどうか,これを確認しながら準備を進めましょう.

―平成22年(来年)度の添削受講について―
 すでに39名(建設部門33名,総監部門6名)の受講者さんを抱える状況になりました.
 昨年のように,筆記試験の結果発表日から2週間程度で締切るのはまずい,と思っているのですが,私の処理能力から考えると,今年も早い時期に受講を締切るかもしれません.申込みを考えている人は早めに決断?してください.

添削指導結果 | 【2009-10-28(Wed) 18:33:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター