何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 リスク保有
リスク保有
 口頭試験の真っ最中ですが,たまには総監の話題でも.
 多くの受験者が勘違いしていると思うんですが,“リスク保有は何もしないこと”と短絡的に決めつけないほうがよいと思います.
 参考として,(財)日本規格協会から「リスクマネジメント:JSQC選書8」が昨年10月に発行されているので,それを一部抜粋しておきます.なお,執筆者は青本を作った三菱総研の方ですから,青本も同様の見解と考えてよいと思います.

 特に“保有”の概念は正しく理解する必要がある.リスク評価の結果,“そのリスクについては,既存の管理策を維持する以外は何の対応もとらない”という意思決定が行われることもある.このように“保有”とは,単に何もしないことではなく,新たな対策は打たないということを積極的に判断することであり,常に監視の対象となっていることを理解する必要がある.

 重要なことは,リスクを保有するという判断を行うことである.そのままにしておくという状況は同じでも,意思をもって保有することと,そうでないのとでは,そのリスクが顕在化した場合の危機管理の対応への移行等において,大きな差異が発生することとなる.

 野口和彦(2009) 『リスクマネジメント』(JSQC選書8) 日本規格協会 p.88,p.121

 それにしても,筆記試験は最新情報で出題するけど,皆さんは古い情報の青本で勉強してください……という姿勢はまずいと思うのだが.毎年の更新は無理だとしても,せめて3年周期で改訂したらどうだろうか.
 昨年11月にISO 31000が発行されて,リスク移転はリスク共有(分担)という表現に変更されたらしい.リスク移転では組織の責任が無くなるような印象を与えるから……という変更理由のようだが,それより何より青本の記述は誤解を招きやすいんだから,リスクマネジメントの部分は一新してもいいんじゃないかな?

 Amazon:リスクマネジメント(JSQC選書8):野口和彦(著) 日本品質管理学会(監修)
 青本のリスクマネジメントがわかりにくいと感じている方は,せひ一読してみてください.この書籍の図では,青本の図5-3や図5-4の整合性も取れているし,リスクマネジメントの概念をつかむには適していると思います.

―受講者さんへの確認依頼―
 現時点で,建設部門は専門想定問題その8,建設一般その2まで「配信済み」です.総監部門は想定問題その7まで「配信済み」です.なお,「制覇する道標」は,建設部門12月23日付,総監部門12月29日付が最新版です.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれているかもしれないので.

総合技術監理 | 【2010-01-10(Sun) 15:02:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター