何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 「二層の広域圏」とは?
「二層の広域圏」とは?
 『新しい国のかたち「二層の広域圏」を支える総合的な交通体系』の最終報告が公表されました.建設部門を受験する方は,とりあえず読んでおきましょう.

 ざっと報告書を読みましたが,都道府県の合併や道州制を推進したいのか,あるいはスマートグロースのようなイメージで考えているのか,方向性がよくわかりません.ただ,今までの国土計画みたいに,床の間に飾るだけの「お飾り」になってはいけません.
 
 「地域ブロック」と簡単にいっても,たとえば関東圏(東京,神奈川,千葉,埼玉など)で連携できるとは考えられないでしょうし,北陸地域のブロック割についても,これが妥当なんでしょうか……
 「生活圏域」や「自然共生地域」についても,法改正によって市街化調整区域にどんどん住宅が建っている都市計画法など,他法令との整合性が取れていないような気がしますね.
 
 はたして,どれだけの地方公共団体が「二層の広域圏」の考え方に賛同しているのでしょうか?
 それにしても,こんなにカタカナ文字ばかりを使っているとは…….一番大切な国民への啓蒙という観点が,ごっそり抜落ちているような気がしますね.

参考ホームページ:http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/15/150519_.html 

―今日のことわざ―
船頭多くして船山に上る


建設一般 | 【2005-05-23(Mon) 17:32:56】
Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
はじめて書き込みます。
らがーさんのブログとても参考にさせていただいています。

わたしも「道路」で3度目の挑戦です。
今年で最後の受験と決めてがんばっています。
添削はお金がないのでお願いできませんが、何とかやっていきたいと思っています。

毎日役に立つ記事を拝見できて、たいへんありがたいです。
今後もよろしくお願いします。
2005-05-25 水 05:19:54 | URL | 九州人 #- [ 編集]
九州人さん,はじめまして.

「道路」で3度目の挑戦とのことですが,初年度は経験論文が1題詳述から2題詳述に変わった年でしょう.ですから,初年度は運が悪かったとしてカウントしなくてもよいのではないですか?

今年で最後という気持ちは大切ですが,本当に最後にしたら今までの時間がもったいないでしょう.何事も元手は回収しましょう!
たとえ何回かかっても合格した者勝ちです.

添削については,申し訳ありませんがボランティアではできません.ボランティアで添削していたときと比べて,あきらかに申込者の意気込みが違います.人間誰でもお金がかかると気持ちの入れようが変わってきます.私も申込者もその気持ちは同じですから.

記事については,私の主観が入っていますので,こういう考え方もあるのか,という参考にしていただければ幸いです.

これからもよろしくお願いします.
2005-05-25 水 13:17:57 | URL | らがー #- [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-05-26 木 00:42:54 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター