何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 ご都合主義
ご都合主義
 「御用学者的な方は排除したい」と前原大臣は述べたらしいが,民主党に都合のよいメンバーを集めただけというか,人気取りというか,知名度のある素人を起用しただけのような気がする.ここでも勝間氏が登場するとは……書店の平積みだけで十分だと思うのだが.
 自民党時代には中立性や公平性がバッチリ担保されていたとは言わないが,民主党はちょっと露骨な印象を受ける.産経新聞や日本経団連は仕方ないとしても,土木業界のメンバーまでバッサリ切り捨てる必要があったんだろうか?
 土木業界のなかでも,自民党寄りと民主党寄り,どちらに寄り添った考え方かなんて千差万別なんだから,それら両面の意見が聞ける場を設けることが,本来あるべき審議会の姿だと思うんだけど.

 前原誠司国土交通相は26日、国交省の主要な3審議会の委員を3月1日付で大幅に入れ替えると発表した。3審議会計87人の委員のうち、交通政策審議会長を務めていた御手洗冨士夫・日本経団連会長ら、自民党政権に近かった財界人や学者ら27人を退任させ、経済評論家の勝間和代氏ら21人を新たに任命する。政策決定における「自民党色」の一掃が狙いとみられる。

 今後、高速道路の建設区間を実質的に決める社会資本整備審議会では、張富士夫・トヨタ自動車会長や野村哲也・日本建設業団体連合会長、前政権下で高速道建設の決定に携わっていた森地茂・政策研究大学院大学教授らを外す。一方で、勝間氏や内閣府参与も務める飯尾潤・政策研究大学院大学副学長、事業仕分けの「仕分け人」を務めた川本裕子・早大大学院教授らを起用する。

 国土審議会でも、民主党系の川勝平太・静岡県知事を起用するなど「民主党色」が鮮明だ。前原国交相は26日の閣議後の記者会見で「御用学者的な方は排除したい。政権に対しても厳しく物を言ってくださる方を選んだ」と述べた。
 「asahi.com 2010年2月26日」

 年金や財政制度,人権擁護などの審議会に土木の専門家がメンバーとして選ばれることはない.その理由は明白であって,彼らは素人だからである.それに反して,国交省の主要な審議会には素人が多すぎ……あくまで個人的な意見ですが.
 社会資本整備は長期的視野に立って考えていく必要があるんだから,それを本職としている専門家を増やして素人を減らせばいいと思う.良かれ悪かれ多様な意見はあると思うが,これまで社会資本整備の方向付けをしてきた森○茂氏や屋○鉄雄氏をメンバーから外してしまったら,積み重ねてきたものが水の泡になるだけ.

 ついでに好き勝手書くと,国交省の主要な審議会は東京偏重のメンバー構成になりすぎていると思う.そのほうが会合を開くのに都合がよいのは理解できるが,いまや全国どこにいてもIT技術を使えば会議に参加できるはずである.地方の実態を知らない人達だけで物事を決めても,それが机上の空論になるのは目に見えている.

―受講者さんへの確認依頼―
 現時点で,建設部門は専門想定問題その12,建設一般その2まで「配信済み」です.総監部門は想定問題その9まで「配信済み」です.技術的体験論文(骨子)の提出に関するメールも,両部門とも2月19日に配信しました.なお,「制覇する道標」は,建設部門12月 23日付,総監部門12月29日付が最新版です.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれているかもしれないので.

日々寸感 | 【2010-02-27(Sat) 10:52:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター