何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 利益誘導の個所付け
利益誘導の個所付け
 ぶれないという意味では,自民党は腐っても政党だったのかもしれない.政権交代しても,地方の要望が強い道路事業に予算配分のメリハリをつけることは難しいということか.
 夏の参院選を控え,地方の要望に配慮した結果だと思うが,参院選が終わったら,またコンクリートから人へ……「無駄な道路はあれこれ」とパフォーマンス合戦を再開するつもり?

 費用便益分析は,走行時間短縮便益ですべてが決まってしまう傾向にある.かと言って,数字では捉え切れない「命」や「災害からの救助」という反論し難い価値を無限に加えれば,それこそ「すべての道路が必要」という結論になる.訳のわからんパフォーマンスを垂流す時間があるのなら,こうした数値基準に対する議論をテレビ放送したほうがよほど国益にかなうのでは?

 とにかくアクションを起こす順番が間違っているから,こんな不細工な事態になる.代替の産業が育っていない状態で公共事業を止めてしまったら失業者が大幅に増加して収拾がつかなくなる,のは少し考えれば誰でもわかる.環境や福祉,観光という響きがよい砂上の成長戦略では雇用を生み出せないのが実情ではないか.

 国土交通省は26日、2010年度予算の公共事業別の予算配分を公表した。直轄の国道整備では、昨年秋の段階では約150路線を凍結候補としていたが、与党議員らの反発で実際の凍結は4路線にとどまった。前原誠司国交相が30道府県に再検証を求めた補助ダム58カ所については5ダムの継続を認めた。

 直轄の国道整備で凍結されたのは、国道7号浪岡バイパス(青森県)▽国道4号郡山バイパス(福島県)▽国道56号五十崎内子拡幅(愛媛県)▽国道57号阿蘇大津道路(熊本県)の4路線。

 前原国交相は昨年10月、道路整備の新規着工の原則凍結を表明。さらに3年以内の完成が見込めない道路を中心に約150路線を凍結候補とし、11月に都道府県などに通知した。だが、自治体の陳情を受けた民主党幹事長室などが予算の復活を要望。要望を反映し、ほとんどの路線に少額ずつ予算を配分した。 ……以下,省略……
 「asahi.com 2010年3月26日」

 実際に概略設計や詳細設計していると痛感することだが,高規格道路の一般国道は立派でも,生活道路(いわゆる末端県道や市町村道)があまりにも貧弱すぎる.救急車や消防車など緊急車両が通行できない隘路も多いし,歩道が無い道路なんてざらだ.こうした毎日利用する生活道路の貧弱さが,「心の豊かさ」を感じられない大きな要因になっているのかもしれない.

 26日の閣僚懇談会では,ゆうちょ銀行の資金で「国家ファンド」を立上げ,高速鉄道や原子力発電所などインフラ輸出を後押しする,という前原大臣独自の構想も披露されたようだが,ここ最近「ちょっと思いついたから発言」が多すぎるような…….ゆうちょ銀行の預入限度額を上げて国債の引受けに使うのは愚の骨頂だ,と指摘した点は同感だけど.
 打上げ花火のごとく構想を次々とぶちまけるのは大臣の特権かもしれないが,着地点を見据えていないとそれは単なる無責任にしか見えない.

―受講者さんへの確認依頼―
 現時点で,建設部門は専門想定問題その12,建設一般その4まで「配信済み」です.総監部門は想定問題その10(最終問題)まで「配信済み」です.技術的体験論文(骨子)の提出に関するメールも,両部門とも2月19日に配信しました.なお,「制覇する道標」は,建設部門12月 23日付,総監部門12月29日付が最新版です.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれているかもしれないので.

道路科目 | 【2010-03-28(Sun) 09:41:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター