何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 経済財政諮問会議,公共投資はどうなるの?
経済財政諮問会議,公共投資はどうなるの?
  建設部門を受験される方は,経済財政諮問会議(平成17年第12回)の会議レポート,北側国交相が提出した「社会資本整備のあり方について」,麻生総務相が提出した「麻生ビジョン??」については,目を通しておきましょう(説明資料だけで十分です).

 政府の経済財政諮問会議は24日の会合で、中期的な公共投資のあり方についても議論した。民間議員が「重点強化期間」である2005、06年度の後も、投資を抑えるよう主張したのに対し、臨時議員として会合に出席した北側一雄国土交通相は防災対策などの観点からの社会資本整備は必要と述べ、意見の隔たりが表面化した。
 諮問会議は06年度の公共投資について、予算削減の継続で基本合意。07年度以降についても民間議員は重点投資する分野に限って予算を使うべきだと強調。公共投資の規模を中長期的に管理したり、予算の使い方も今までより厳しく評価したりするよう求めた。
 国交相は防災に対するリスクなどを示したうえで「今後は公共事業予算の削減を行う状況ではない」と主張。政府内で継続削減への見方が分かれた。麻生太郎総務相は社会の安心・安全を高めるため、災害情報網などの整備が重要と指摘した。「NIKKEI.NET 2005年5月24日」


 民間議員が提出した「基本方針2005」については,
 1.小さくて効率的な政府をつくる.
 2.グローバル化と少子高齢化を乗り切る.
 3.民需主導の経済成長を確実なものにする.
 となっていますが,1.は毎度のこととしても,2.や3.が首都圏や大企業のことしか考えられていないような気がします.これでは,ますます地域格差が拡がる気がしますね.地方の建設業界でグローバル化できる企業がどれだけあるのでしょうか?もう少し足元を見つめてほしいものです.土木事業で民需主導は期待できないでしょうし.
 
 小泉総理は「景気を良くするために公共事業が必要,といった声はさすがになくなった.あとは,やはり中身の問題である.」と発言されたようです.建設業界にとっては耳が痛い話ですが,小泉氏には地方の悲鳴が届かないようですね.

 今後の災害・防災対策をまとめた,いわゆる「麻生ビジョン」に示されている救急救助体制やブロードバンドも道路空間などのインフラが整備できなければ絵に描いた餅ですから,麻生総務相と北側国交相が強力なパートナーになるよう期待しています…….


参考ホームページ:経済財政諮問会議
参考ホームページ:経済財政諮問会議(平成17年第12回)

―今日のことわざ―
砂上の楼閣


建設一般 | 【2005-05-25(Wed) 16:12:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター